ブログトップページはコチラ

歩道橋シネマ

2019年12月11日

今日ご紹介する本は、恩田陸さんの新作です。

『歩道橋シネマ/恩田陸(新潮社)』


恩田陸さんと言いますと、
『蜜蜂と遠雷』が直木賞と本屋大賞を受賞し話題となり、
この秋には映画化されました。

ラジオでも小説をご紹介しました。

◎私の感想は コチラ

新作の『歩道橋シネマ』は、恩田さんにとって約7年ぶりの短編集です。

今回はミステリーやホラーが多めなのですが、
恩田さん自身、10代前半はそういったジャンルの短編集をよく読んでいたそうです。

全部で18作品が収録され、
最後に恩田さん自身の「あとがき」もあるので、
それぞれの作品が生まれた背景などもわかります。

短編集は紹介が難しいのですが、
この作品もどのお話も世界観が独特すぎて
紹介が大変難しい…。(笑)

その中から私の好きなタイプの作品を2つ、
かる〜くご紹介します。

***

『楽譜を売る男』

4日間おこなわれた弦楽器のイベント会場で
楽譜を売っている白人男性の物語です。

彼を目にした主人公は、彼が何を考え、どんな人なのかを想像します。

彼は、置き物のように静かに座っていたそうです。
スマホも触らず、接客をするわけでもなく、ただじっと座っているだけ。

いったい彼は何者なのか。
楽譜は売れているのか。

主人公の妄想はどんどん膨らんでいきます。

果たして彼は…。

という物語です。

私もよく人を観察したり、勝手に想像したりするので、
この主人公の感覚はよくわかるなーと。

彼が何者なのか気になる方は、ぜひ本を読んでくださいね。

***

『歩道橋シネマ』

表題作です。
ある歩道橋では、様々な建物の偶然な組み合わせにより、
巨大な長方形の囲み枠に見えるのだそうです。

その大きな額縁が見える歩道橋に様々な人がやってきては、
じっと見つめているだのとか。

いったい何を見ているのか。

どうやらこの歩道橋にはあるうわさがあるようで…。

ああ、もうこれ以上は言えない!

短編はお話が短い分、すぐにネタバレになってしまうのです。

何かとあわただしい年末です。
でも、本を読みたいという方に短編集はオススメです。
毎晩寝る前に一話読むだけでも満たされると思います。
でも、ホラーもあるので、なかなか寝付けないという日もあるかも!?(笑)

yukikotajima 11:13 am

地図帳の深読み

2019年12月4日

今日のキノコレで紀伊国屋書店富山店の奥野さんから
ご紹介いただく本は、『地図帳の深読み』です。

奥野さんの紹介文は コチラ

この本は、100年以上にわたって地図帳を出版し続けてきた帝国書院と
地図研究家の今尾恵介さんがタッグを組み、
「地図帳」ならではの楽しみ方を紹介している一冊です。

スマホ地図ならよく見ている、という方もいらっしゃると思います。
私もそんな一人ですが、この本では、スマホの地図アプリではできない
「深読み」について詳しく紹介しています。

本の中で私が気になったのは、北海道の大きさ。
例えば、本州と比較するとどれくらいの広さなのかわかりますか?

この本によると、「北海道一周旅行」を本州でやろうと思ったら、
東京見物の翌日に仙台から三陸海岸を回り、最上川下りを楽しんだ後は
日光東照宮へ…といった移動だらけの旅になってしまうのだとか。

また、他の国と比べると島国である「日本」は小さい印象がありますが、
実は、197ヵ国のうち61位なので、かなり広いほうなんですって。
とくにヨーロッパに行けば日本はだいぶ大きい国になるそうです。

この本を読んだ後は、地図アプリではなく、地図帳を開きたくなります。

私の中で「地図帳」というと、授業中、気づくと先生の話から離れて
地図を見ながら妄想トリップをしていた記憶があります。
今思えば、そういう時間って結構幸せだったなあと。

あの頃より、だいぶ知識が増えた今、
あらためて地図帳を眺めると、より楽しめるかもしれません。

あなたも次の休日、地図帳をぼうっと眺めてみては?
その際、『地図帳の深読み』もセットでお楽しみください。

yukikotajima 11:15 am

『愛という名の支配』『エトセトラ』

2019年11月27日

今日のユキコレ(grace内コーナー13:45頃〜オンエアー)には、
ラジオでもおなじみの富山出身の作家、山内マリコさんが登場します。

ユキコレは、私、田島悠紀子オススメの本を紹介するコーナーですが、
今回は、田嶋陽子さん関連の本を2冊ご紹介します。

田嶋陽子さんいったら日本でいちばん有名なフェミニストです。

そんな田嶋さんのことを心から尊敬している山内さんは、
このほど田嶋さんの『愛という名の支配』という本の解説を担当されました。
本の帯にも山内さんのコメントが載っています。

さらに、田嶋さんへのリスペクトに満ちた雑誌の責任編集もなさっています。

雑誌『エトセトラ』の特集タイトルは、「We ❤Love 田嶋陽子!」

私もこの雑誌を読みましたが、田嶋さんへのラブレターといっても言いほどの一冊でした。
山内さんをはじめ、柚木麻子さんや男女問わず様々な皆さんが
田嶋さんへの愛を綴っていらっしゃいます。

田嶋さんというと、私も「田島」のため(漢字は違いますが)
「タジマ」という名前だけでよくいじられました。

私は、法政大学の出身なのですが、
当時、田嶋先生は法政大学の教授をされていたことから
入学してすぐのある授業で教授から「田嶋陽子の親戚か?」と言われ、
笑いが起きたのを覚えています。
あきらかにその笑いは、ちょっとバカにした笑いでした。

だから、田嶋さんのお姿をテレビで拝見し、
他の男性たちからいじられているのを見る度、
ああ、私もまたいじられる…と思うようになってしまいました。

でも、先日、山内マリコさんからすすめられた
『愛という名の支配』を読んで、田嶋さんの印象が変わりました。
田嶋さんは、とても素敵な方でした!

『愛という名の支配』は、1992年、今から27年前に書かれた本です。
でも、まったく古さを感じませんでした。

その時代の小説を読むと、男尊女卑が激しすぎて
読んでいるうちに嫌な気持ちになることがあるのですが、
田嶋さんは、そんな時代に、女性の生きづらさについてお書きになっていたのです。

すごい!すごすぎる!

例えば、

・女が強くなったのではなく、やっともとの状態に復元しだした
・まわりが味方してくれなくても自分を味方につけたらいい
・女の人は、もっと自分にやさしい服装をすべき

などがおっしゃっているのです。27年も前に!

私は、夢中で本のページをめくってしまいました。

確かに27年前に比べたら女性は生きやすい世の中になったと思います。
それでも、いまだ変わらないことも多々あります。

本の帯には「すべての女性に勇気を与える」と書かれています。
確かに読んだ後は「私も頑張ろう」と思えました。
今、この本に出合えて本当に良かった!

また、この本を読んだ後は、雑誌『エトセトラ』をお読みください。

それから、今日の「ユキコレ」もお聞きください♪
放送から1週間以内でしたらラジコのタイムフリーで聞くことができます。

今日の放送は事前に収録したものなのですが、
山内さんがかなり熱く田嶋陽子さんについてお話になっています。

***

さらに!山内さんと言えば、
新潟県長岡市の酒蔵、お福酒造とのコラボで小説を書かれています。

なんと日本酒を買うと、この小説がついてくるのだとか。

お酒にまつわる物語を男性、女性それぞれの目線で描いています。
2冊合わせて、1つの物語です。
私も読みましたが、男性の物語を先に読むと、より楽しめると思います。

日々生活をしている中で、ちょっとときめく瞬間ってありませんか?
そんな心の動きが描かれていて、キュンとなりました。
短いけれど、とても良いお話でした。

気になる方は、お酒とセットでお楽しみください。

yukikotajima 11:17 am

『虹 靴紐をきつく結んで』

2019年11月21日

新聞を読んでいると、富山には様々な人がいることを実感します。

中でも、北日本新聞の「虹」というシリーズを読むと、
富山には素敵な方が多いなあと思います。

『虹』は、「朝、新聞を広げたときに温かな気持ちになれる紙面があったらいい」
という提案から始まったシリーズで、毎月一日に掲載されています。
しかも、贅沢に丸々1ページ使われており、
他の記事よりも文字が大きいので読みやすいのも特徴です。

2009年5月から続いている人気シリーズで、これまで5冊の本になっているのだとか。

このほど、2017年9月から今年4月までの全20話が、
シリーズの6巻目『虹 靴紐をきつく結んで』として
一冊の本として発売されました。

今回は、サクラマス研究をしている高校の先生、
ピアノの先生でもあり僧侶でもある女性、
ジビエ専門の食肉処理施設を運営する男性などが紹介されています。
また、元富山グラウジーズの選手で今は指導者の呉屋さんもいらっしゃいました。

私が印象に残ったのは、80代の画家、藤森兼明さん。

思い通りにいかないことも多く、
画家になることをあきらめ、就職した藤森さんでしたが、
なんとアラフォーになって画家に復帰します。

でも、回り道したからこそ今の自分の作品があると
藤森さんはおっしゃっています。

本を読みながら藤森さんの作品を見に行きたくなりました。

『虹』には様々な方が登場するため、
人選はどのようにしているのか、実際に取材をされた方にお聞きしたところ
県内の「一生懸命な人」を取り上げている、とのことでした。

どこか遠くの「特別な誰か」ではなく、
地元で一生懸命頑張っている人を丁寧に紹介しているのが、
この『虹』です。

身近な人のお話だから、より心に響くのでしょうね。

『虹 靴紐をきつく結んで』は、すでに発売されています。
北日本新聞社の他、紀伊国屋書店富山店でも買うことができるそうですので
是非お読みになってみては?

◎本の詳細は コチラ

yukikotajima 12:19 pm

どこにでもあるどこかになる前に。

2019年11月20日

今日のキノコレは、紀伊國屋書店富山店の奥野さんから
富山出身の藤井聡子さんのエッセイ
『どこにでもあるどこかになる前に。(里山社)』
をご紹介いただきます。

◎奥野さんの推薦文は コチラ

まず、『どこにでもある どこかになる前に。』
というタイトルにグッときました。

確かに、街がキレイに新しくなるに連れて、どこに行っても
「なんか知ってるような…」「どこかで見たことがある気がする」
という感想を持つことは増えてきます。

著者の藤井さんは、富山出身です。
東京で仕事をしていたものの再び富山に戻ってきて
現在は、富山ならではの個性の強い場所や人を探るライター活動をしています。
コンクリートの狭間から顔を出す「ど根性大根」のような富山を見つけたいと思って。

この本では、藤井さんが富山で感じたことや
藤井さんの心を揺さぶったディープな富山が紹介されています。

と同時に、藤井さん自身の物語でもあります。
藤井さんが富山でライターとして活躍するまでが正直な言葉で綴られています。

「富山」の見え方、とらえ方、愛し方は、人によって違っていいと思いますが、
藤井さんの視点もきっと勉強になると思います。
富山にこんなお店があったんだ!という発見もあれば、
藤井さんの言葉に気付かされることもあるかもしれません。

富山が好きな方はもちろん、
富山は退屈…という方も是非読んでみてください。

***

私は、この本に書かれていた「人が場所を作る」という言葉が印象に残りました。

久しぶりに富山に帰ってきて最初は退屈だと思っていた藤井さんも
様々な人に会うことで富山の魅力に気付いていきます。

私自身も同じです。
富山弁で「旅の人」である県外出身の私は、
富山に来たばかりの頃は疎外感を感じていましたが、
様々な人と関わる中でアウェイ感は薄まり
居心地のいい場所になっていきました。

結局は「人」なんですよね。

例えば、どんなに料理が美味しいお店でも
スタッフやお客さんの態度から居心地の悪さを感じれば、
その後、行きたいとは思えませんもの。

でも、居心地のいい場所は、人によって違っていいと思います。
それぞれに居心地のいい場所があれば、それでいいんじゃないかなあと。

この本を読んだ後、ふとそんなことを思ってしまいました。

yukikotajima 11:41 am

たそがれダンサーズ

2019年11月13日

ラジオをお聞きのあなたは何か習い事はしていますか?

今日は、趣味に夢中になるおじさまたちの物語をご紹介します。

『たそがれダンサーズ/桂望実(中央公論新社)』


桂さんと言うと、映画化された『県庁の星』が有名かもしれません。

今回の登場人物は、おじさまたちです。
いや、中にはおじいさんもいます。

彼らの共通点は、社交ダンスを習っていること。

メンバーを簡単にご紹介しましょう。

まず、定年後に趣味として始めた田中さん。
退職後、運動不足を実感し、ウォーキングをしたり
卓球教室に通ったりしたものの楽しめず、
病院ですすめられたのが「社交ダンス」でした。

社交ダンスは、激しすぎず、でも簡単すぎるわけではないので飽きない。
そのうえ、男性が圧倒的に少ないから女性たちから引っ張りだこになるのだとか。

田中さんは、男性が少ないなら人助けにもなるし、
ついでに運動もできるなら、という理由で始めることにします。

また、商社マンの川端さんは、女性にモテたいという理由で。

工場経営者の大塚さんは、家族には秘密のままこっそり始めます。

もちろん、全員社交ダンスは初めての素人たちです。

実際、社交ダンスをする男性たちは少ないようで、
ダンスパーティーに参加すれば、実際女性たちから
「私と踊ってください」と次々に誘われます。
おじさんになってから、こんなに女性たちからモテるのは初めてで
戸惑うおじさんもいれば、喜ぶおじさんもいます。

また、女性の先生方はみんな優しくて、
失敗しても全く怒られません。

そんな日々が続き、おじさまたちは幸せいっぱい♪

かと思いきや、いや、これは何か違うと気付き始めます。

おじさまたちが若いころ、スポーツと言えば厳しい指導が当たり前でした。
猫なで声で優しく指導されるより、クールにダメ出しされるほうがいいかも、
と思い始めます。

また、最初は女性から必要とされることに喜びを感じていたものの、
段々それに疲れを感じ始めます。

女性の目など気にせず、男性だけで踊りたいと思った彼らが始めたのは、
社交ダンスの「フォーメーション」という種目でした。

社交ダンスというと、私は男女ペアになって踊るイメージで、
団体で行うダンスがあるなんて知りませんでした。

そして、おじさまたちは、男性だけのダンスを始めることにします…。

果たしておじさまたちのダンスは、どこに向かってくのでしょうか。

ぜひこの続きは、本のページをめくってみてください。

***

大変面白かったです!
若者たちが何かに向かって頑張る物語はよくあるし、
私も好きでよく読みますが、
この小説は頑張るおじさまたちの物語です。

最初は、このおじさん偉そうだなとか、
なんでこんなに自己評価が高いんだろう?とか
そんなに自分のプライドが大事なの?
と正直、出てくるおじさまたちに対して、いい印象はありませんでした。

でも、読み進めるうちに、おじさまたちに私が慣れてきたのもあると思いますが、
悪い印象ではなくなっていきました。

そして、後半は涙、涙でした。

若者の物語は、それまでどんなにつまずいていたとしても
未来に期待を感じさせるものが多いですが、
おじさまたちの場合、もう人生の半分以上が過ぎてしまっています。

登場人物のおじさまのひとり、62才の田中さんは、
「皆、したくない体験をしてきた。
望み通りの人生だと胸を張って言える人は一人もいない」
とおっしゃっています。

そうなんです。
長く生きていれば、みんな、それぞれ何かしら辛い経験があるのですよね。

今年も残り1ヶ月半です。
今年を振り返ると特に印象的なことはなかったなあ、
というおじさま、おばさまたちはいませんか?

この本を読んだ後は、きっと何か新しいことをはじめたくなると思います!

中には「社交ダンス」を始める人もいるかも!?

また、この本は中高年だけのものではありません。
若者の皆さんにもおすすめです。

プライドが高くて偉そうなおじさまたちから教わることもあると思いますよー。
ぜひおじさまたちの心の中をのぞいてみてください。

yukikotajima 11:32 am

人間

2019年11月6日

私が小説を読むのが好きな理由の一つに、
「人の心の中がのぞけること」があります。

小説はお喋りです。
自分の心の内をペラペラ喋ってくれます。
絶対に人に言えないような恥ずかしいことや醜いことも
小説は包み隠さず喋り続けます。

今日のキノコレ(grace内コーナー13時45分頃〜オンエアー)
で紀伊國屋書店富山店の奥野さんからご紹介いただく本も
かなりお喋りな本でした。

『人間/又吉直樹(毎日新聞出版)』

◎奥野さんの紹介本は コチラ

芸人でもある又吉さんの新作です。
又吉さんといえば、作家としても活躍しており、
芥川賞を受賞したデビュー作『火花』は注目を浴びました。

今回は、初の長編小説です。

この作品には、芸人であり、作家としても活躍する、
まるで又吉さんのような男性が登場します。

彼が世間に対して思っていることは、
登場人物の彼が思っていることであると同時に
又吉さん自身の思いでもあるのかも、と思わずにはいられませんでした。

きっと『火花』を出した後は、
賞賛ももちろんあったと思うけれど、
嫉妬もかなりあったんだろうな。

「いちいちうるさーい!」という本音を小説という形にして表したのかしら?
と熱い文章を読みながら想像してしまいました。

まあ、これはあくまでも私の想像であって、
又吉さん自身は、そんなことは全く思っていないかもしれませんが。

『人間』というタイトル通り、人間の様々な部分が詰まっていました。

そして、この本を読みながら恥ずかしい気持ちになってきました。
小説は、人の心をのぞけるから面白いと思っていた私ですが、
この本に関しては、逆に私自身の心の中をのぞかれている気分にもなりました。

この本の前では心がどこまでも正直になっていって、
客観的に読んでいたはずの本が、自分のもののような気がしてくるのでした。

ひねくれているようで、どこまでもピュアで、一言で言うならめんどくさい!(笑)
でも、それこそ人間なのかも。

例えば、「見たものと見えたものは違う」というお話。
私、これには大いに共感。
同じものを見ていても人によって、見えているものは違うのですよね。
だからこそ、違いがあって面白いのだけれど、
「なぜ、そんな見方をするの?」と言われることもあります。

この本には「いちいちめんどくさいこと言うなよー」
と言われてしまいそうな細かい違和感がつまっていました。

そして、私はその違和感こそが楽しくて仕方ありませんでした。

そういっためんどくささを楽しめる人なら、きっとこの本を楽しめると思います。

うん。面白かった!

yukikotajima 11:40 am

誰の味方でもありません

2019年11月2日

今日の『ネッツカフェドライヴィン』のテーマは、「読書の秋」でした。
ちょうど今が読書週間ということもあり、このテーマにしてみました。

私がラジオでご紹介した本は、

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』

『誰の味方でもありません』

の3冊です。

上の2冊は、本のタイトルをクリックしていただければ、私の感想が読めます。

『誰の味方でもありません』は、社会学者、古市憲寿さんが書かれたものです。

実は、先日、富山大学で学生対象の古市さんのトークショーがあり、
私はお相手をしました。

トークショーをするにあたり、
最近、古市さんの本を色々読んでいました。

芥川賞にノミネートされた
『平成くん、さようなら』『百の夜は跳ねて』の小説のほか、
『誰の味方でもありません』
『絶望の国の幸福な若者たち』
『だから日本はズレている』
などを読んでみました。

今日のラジオでご紹介したのは、これらの中から
今年発売された新潮新書の『誰の味方でもありません』です。

古市さんは、歯に衣着せぬ発言で注目されていますが、
テキトーなことを言っているわけではありません。
まあ、いい方がストレートすぎることはありますが。笑

この本を読むと、古市さんが今どういうことを考えているのかがよくわかります。

本の帯には「正義の暴走に投じる一石」とあります。
古市さんは、この本の中で

最近の日本は何だか怒りっぽい。
正論は切れ味があまりにも鋭すぎる。
正しさを追求するのではなく、
一歩引いて社会を見るくらいがちょうどいい。

とおっしゃっています。

実際、古市さんは一歩引いています。
例えば、様々な仕事をされている古市さんは、
「観光客」として日々を過ごしているのだとか。

この感覚、私もわかる!

富山弁で県外出身者のことを「旅の人」と言いますよね。
私は群馬出身の旅の人です。
富山に来たばかりの頃は「差別だー!」と思いましたが、
今では自ら気に入って「旅の人」を使っています。
もう長いこと富山で生活をしているけれど、
私は「ずっと富山で旅をしている」気分でいます。
だってそのほうがなんか楽しいんですもの!笑

また、古市さんは、嫌な人と付き合うコツを
「嫌な人をサンプルだと思えばいい」とおっしゃっています。
こちらも一歩引いた見方をされていますよね。

私は、この本を楽しく読めました。
そして、読んだ後は心が軽くなり、
人に対しても優しくなれたような気がします。笑
一歩引いてみる、っていいですね!

気になる方はぜひ読んでみてください♪

yukikotajima 12:00 pm

生命式

2019年10月30日

こんにちは。
今年も富山マラソンに出場し、
なんとか完走しました!
応援ありがとうございました。

富山マラソンに関しては、
私のもう一つのブログ 続・ゆきれぽ
に書いていますので、よかったらお読みください。

***

さて、今日ご紹介する本は、
『コンビニ人間』で芥川賞を受賞した
村田沙耶香さんの新作です。

『生命式(河出書房新社)』


先日発売されたばかりです。

この本を読むには色々な注意があります。

まず、食事後に読むのはやめたほうがいいです。
もしかしたら気持ち悪くなってしまうかもしれません。

また、あまりにも常識を超えたお話なので、
その世界に耐えられない人もいるかもしれません。

でも。
常識や想像を超えた世界を覗いてみたいという方にはオススメです。
どうぞ読んでください。

村田さんの新作『生命式』は、12の作品が収録された短編集です。
芥川賞受賞作『コンビニ人間』でも独特の世界観を描いていましたが、
今回はさらに独特です。
本の帯には「脳そのものを揺さぶる」とか
「文学史上、最も危険な短編集!」などと書かれています。

正直私は、本を手に取ったとき「そんな、大げさな!」と思ったのですが、
まったく大げさではありませんでした。

心揺さぶる作品は数多くあれど、
脳そのものをゆさぶる作品はそこまで多くありません。

どんな作品が収録されているのか、少しご紹介しましょう。

まず表題作の「生命式」とは、
亡くなった人間を食べる新たなお葬式のことです。

今から30年後。
人が亡くなると「生命式」を行うのがスタンダードになっています。

もう、この描写を読んだだけで「うっ」となりました。

でも、この時代では当たり前のことになっていて、
人間の食べ方についてその調理法が細かく紹介されています。

そして、このお話のあとも常識をはるかに超えた世界の物語が続いていきます。

例えば、亡くなった人の骨や歯、髪の毛を
装飾品や家具、セーターに再利用する物語もあります。
「冬は人毛100%が最高だよね」なんて会話が普通に繰り広げられています。
でも、どうしてもそれを受け入れられない人もいます。
「気持ち悪い」と。
ところが、亡くなった人間を素材として活用することが当たり前の時代では、
「気持ち悪い」と言うことが変だと思われてしまいます。

ここまでの私の紹介で、それこそ「気持ち悪い」と思う方もいるかもしれません。

でも、『生命式』は、気持ち悪い世界をただ描いているだけではありません。

常識とは?普通とは?世間とは?
について嫌でも考えさせられます。

今後、もしかしたら今までタブーとされていたものが
当たり前になる時代がやってくるかもしれません。
そんな時、あなたはすぐに受け入れることができそうですか。
それとも嫌悪感を感じるでしょうか。

すでに今の時代にもなんかおかしいなと感じることはありませんか?

なんでも受け入れるのではなく、
おかしいことに対しては?「なぜ?」と疑うことが大事なのかも。

『生命式』は確かに、脳が揺さぶられました。

そうそう!もう少し読みやすい作品もあります。

例えば、自分には「性格がない」と思っている女性の物語。
この女性は、周りの人が自分のことをどう思っているかで、
自分のキャラが決まり、あだ名も変わります。

地元ではしっかり者の印象のため「委員長」
大学時代は愛されキャラの「姫」、
他にも天然キャラ、ミステリアス、男勝りなど
コミュニティーによってキャラも喋り方も服装も変わります。

でも、彼女が結婚をすることになり、
どのキャラで結婚式をすればいいのか悩みます。
果たして、彼女が選んだキャラは?

彼女ほどでなくても、きっと誰もが場所によってキャラや印象は異なると思います。

という感じで、『生命式』は、ただ読むだけではなく、
自分だったらどう思う?どうする?
と常に自分に問いかけながら読んでいった本でした。

気になる方は、ぜひお読みください。
でも、最初にお伝えした注意事項は守ってね。(笑)

yukikotajima 11:44 am

やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。

2019年10月23日

今日のキノコレ(grace内13:45頃オンエアー)で
紀伊國屋書店富山店の奥野さんにご紹介いただく本は

『やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。
/梅田悟司(サンマーク出版)』です。

◎奥野さんの本の紹介は コチラ

私もこの本を読みましたので軽く感想を。

コピーライターのとして仕事をしている梅田さんが
育児休暇を取ったときに家事の大変さに気づき、
無限にある名もなき家事に名前をつけてまとめたのが、この一冊です。

名もなき家事は、一日の流れに沿って、朝から夜にかけて紹介されています。
また、ただ、この家事は大変だよね!というだけでなく、
家事経験者からの「ワンポイントアドバイス」がついているのもポイントです。

私が共感した家事をいくつかピックアップします。

・洗剤を詰め替えたときに、容器や床に勢いよくこぼれた
ベタネタの液体をしかたなくふき取る家事(命名:詰め替え爆発)

・ソースがないと思って買ったら
冷蔵庫にまるで減っていないソースを発見する家事(命名:魔の二重買い)

・どのレジに並ぶと早いか吟味する家事(命名:レジ・セレクト)

私は共感できる家事に付箋を貼っていったら付箋だらけになってしまいました。
普段家事をしている方はきっと共感できると思います!

でも、この本は普段家事をしない方にこそ読んでいただきたいかな。
「家事なんて誰でもできる。仕事のほうが大変だ!」
なんて思っている方、いませんか?そんなあなたに読んでいただきたいです。

著者の梅田さんはコピーライターとして活躍し
もちろんお仕事も忙しかったはずです。

その梅田さんが育休中にツイッターに
「仕事の方が楽」とつぶやいています。
しかも一度のツイートで3回も連続で。

私は子育てはしていませんが、
でも、甥っ子&姪っ子の面倒を見たことは何度もあります。
最初は「かわいい〜」と思っていても、一日一緒にいると疲れ果てます。
これなら一日中仕事をしている方が楽だと心から思いましたもん。
あ、でも甥っ子&姪っ子のことは大好きですよ♪

仕事をしながら家事も育児もしている方たちを心から尊敬します。
本当にすごいです!

yukikotajima 11:15 am

帝国ホテル建築物語

2019年10月16日

今日は綺麗な青空がひろがっていますが、
先日の台風19号は各地に甚大な被害をもたらしました。

被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。

富山でも台風の影響を受けたという方いらっしゃいますよね。
何かが壊れたり、仕事や予定が変更になったり。
また、北陸新幹線も利用できなくなってしまいました。

困難が続く日本ですが、決して投げやりにならず
前を向いていかなければいけません。

だからと言って、なんでも一人でやるのではなく、
できる人に任せたり、人に頼ったりすることが
いかに大事かということをこの本を読んで気づかされました。

『帝国ホテル建築物語/植松三十里(うえまつ・みどり)【PHP研究所】』

先日、紀伊国屋書店富山店に行ったときに
書店員の皆さんにおすすめされた一冊です。

東京にある帝国ホテルに、あなたは泊まったことはありますか?
私はありませんが、これまでチャールズ・チャップリン、ヘレン・ケラー、
ベーブ・ルースら米大リーグ選抜野球チームなどが泊まったことがあるそうです。
まさに歴史上の有名人ばかりですね。

この作品は、帝国ホテル本館建設に関わった男たちの物語で
史実がベースになっています。

なお、この本館と言うのは、現在の建物ではなく、
1923年(大正12年)に完成した帝国ホテル2代目本館、
通称「ライト館」のことです。

今、このライト館は愛知県の明治村にあります。

物語は、古くなったライト館を取り壊して
明治村に移築することになるかもしれず、
これは大変だ!というところからスタートします。

なぜ大変なのか?
それは作りが立派過ぎるからです。
無事移築できるのか?
そもそもライト館は明治ではなく大正の建物です。
さて、無事ライト館は移築できるのか?

物語は、大正時代にさかのぼります。
ニューヨークで古美術商をしていた林愛作(はやし・あいさく)は、
帝国ホテルの支配人として招かれます。
新館を建てるにあたり、古美術商としての感性をいかしてもらいたい、
と言われた愛作は、悩んだものの結局は支配人を引き受け、
世界的建築家のフランク・ロイド・ライトに新館の設計を依頼します。

親日家のライトならきっと日本人が気づかない日本的な魅力を
形にしてもらえそうな気がする!と期待して。

実は、愛作とライトは友人同士なのでした。

だからと言って、このプロジェクトがスムーズにいったかと言えば、
まったくそんなことはなく、困難の連続でした。

ライトは、完璧主義だったのです。
絶対に手を抜かない。
また、感覚を大切にする人なのです。
でも、それをうまく伝えることができない。
だから、日本人の職人たちと衝突してばかりです。

ライトを支えるフランス人のスタッフがこんなことを言っています。
「フランスではもっといいアイディアが浮かんだら、ためらいなくやり直す」と。
ライトはアメリカ人ですが、感覚はフランス的だったようです。

せっかくここまで作ったのに…とか
昨日と言っていることが違うじゃないか!
などと思ってしまう日本人に対し、
ライトは、妥協はしない!という思いだけで突き進んでいきます。

また、地震や火災も次々に襲い掛かります。

そして、ライト館の建築に関わる人たちも変化していきます。

本を読みながら「もう無理なのでは?」と
私自身、何度もあきらめそうになりました。

男たちがいかにしてライト館を作り、そして守ったのか。

この本を読んだ後は、きっと前を向く力をもらえると思います。

また、愛作の仕事から学ぶことも多々ありました。
支配人になった愛作は、思い切った改革を色々しました。
ホテル内にランドリーや郵便局を作ったのです。
その方が便利だからという理由で。
不便なことに対して不満を言うのではなく、
どうしたらスムーズに仕事ができるのかを常に考えているのですね。

それから、この愛作の出身地が今の群馬県太田市でした。
私、田島と同じなのです。知らなかったー。
こんな素晴らしい方と同郷だったなんて。
私も愛作さんのように柔軟な発想で仕事をしていきたい!

最近、何かに対してあきらめそうになっている方がいたら、
ぜひ『帝国ホテル建築物語』を読んでみてください。
きっと、本を読み終えたとき、よし!やるかっ!と思えるはずです。

と同時に私は、帝国ホテル中央玄関のある明治村にも行きたくなりました。
いつか行ってみようっと。

yukikotajima 12:10 pm

落日

2019年10月9日

今日のキノコレ(grace13時45分ごろ〜)は、
紀伊國屋書店富山店の奥野さんから
今話題の本、湊かなえさんの『落日』をご紹介いただきます。

◎奥野さんの推薦文は コチラ

本の帯には、「湊さんの新たなる代表作で、今年最高の衝撃&感動作」とあります。

湊かなえさんというと「イヤミスの女王」としておなじみです。

イヤミスとは、読んだ後に後味の悪さを感じる、
嫌な気分になるミステリーのことです。
それなら読まなきゃいいのに!と思いますが、
それでも読みたくなってしまう魅力があるのですよね。

私もこれまで湊さんのイヤミスは色々読みました。

でも、今回の作品は読んでいる最中は「イヤミス」っぽさを感じつつも、
読後感の後味は決して悪くありませんでした。
ですので、イヤミスが苦手な方にもオススメです。

***

『落日』は、ある事件をベースに映画を撮りたい、という新進気鋭の映画監督から
新作の相談を受けた新人脚本家が、事件の真相に迫っていくという物語です。

監督が撮りたいのは、『笹塚町一家殺害事件』。
この事件は、引きこもりの男性が高校生の妹を自宅で刺殺後、
放火して両親も殺してしまったというもので、
15年前に起き、判決も確定しています。

実は、事件の起きた笹塚町は、脚本家の生まれ故郷でした。
そして、監督も事件と全く無関係ではありませんでした。

ちなみに、脚本家も監督も女性です。

脚本家は、いとこから
「主人公が全部同じ人間に見えてしまうワンパターンな作品しか書けない。
自分の見たい世界だけ書いてんじゃねえよ」
と言われてしまうほどで、脚本家として成功しているわけではありません。
だから人気監督から声がかかったことをうれしく思い、今回は成功させたいと思います。

でも、同じ事件を追っていても、監督との感覚の違いを実感してしまいます。

例えば、同じものを見ていても、脚本家は「見たい」だけで、監督は「知りたい」と思っている。
監督は表面的に見るだけではなく、ちゃんと意味を知りたいと思うのですね。

そして、少しずつ事件の真相がわかっていきます。
合わせて二人の過去も明らかになり…。

***

湊さんの作品を読んで、最後に感動で目頭が熱くなったのは初めてかもしれません。
もちろん嫌な人も出てくるのだけど、
後味の悪さだけが残るような作品ではありませんでした。
いい作品でした。

『落日』もいつか映像化されそうだなー。

***

そういえば、ストーリーとは関係ないのですが、
監督が子どもの頃、父から言われた言葉に共感しました。

「映画館を出たと同時に感想を言い出すのはダメ。
自分は面白くなかったと思っても、
隣で感動している人がいるかもしれないから」

そうなんですよ!これ、私もいつも思っています。

感動したときは「よかった!」と言ってもいいと思うけれど、
否定的なことを言うのは後でにして!と。

この作品、ストーリーの面白さに加えて、
登場人物たちの会話から「なるほどな」という気付きもあり、
そういう意味でも楽しめました。

yukikotajima 11:52 am

両方になる

2019年10月2日

昨日、富山県美術館で開催中の企画展
「日本の美 美術×デザイン−琳派、浮世絵版画から現代へ−」
を見てきました。

合わせて同時開催中の
「びじゅチューン!× TAD なりきり美術館」
も体感してきました。

例えば、北斎のビッグウェーブを体感できるコーナーでは、
叫ぶ声の大きさで波の大きさが変わります。

こちらはお子さん向けですが、
平日の夕方で私の貸し切りということもあり
スタッフの方から「どうぞ」とすすめられ、私も体験してみました。

最初は遠慮気味に声を出したら「小波」でしたが、
スタッフの方から「大波が出るまでどうぞ」と言われたので、再度チャレンジ!

無事「大波」が出ました。笑

ちなみに「富士山」と叫ぶのですが、
ポイントは大きな声を出すのはもちろん、
「ふーじ、さーーーーーん!!」と伸ばすことだそうです。
ぜひ恥ずかしがらずにやってみてくださいね。笑

これらの企画展を見て体験をして、浮世絵は見飽きないなあと思いました。
人の表情や動きから温もりが伝わってくるのです。
突然の雨に逃げ出す人たちの動きなんて、心の声が聞こえてくるほどです。

また、波のうねりの描き方もまるで生き物のようですし、
雨の描き方もただの線に見えて、実は奥が深かったりと
見ていて本当に楽しかったです。

そして、ふと、私の後ろに実は北斎や広重がいて、
私が作品を見ているのをあれこれ言いながら見ていたら・・・
と想像してみました。

その作品は素通りしちゃうの?とか、
おお、その作品は気に入っているのね、などと
言われていたら面白くないですか?
いや、怖いかな?笑

***

今日ご紹介する本は、
まさに鑑賞中の絵を描いた画家から
こっそり後ろから見つめられる少女と、その画家の物語です。

『両方になる/アリ・スミス 著、木原善彦 訳(新潮クレスト・ブックス)』

本の帯には、「作家の西加奈子さん絶賛!」とあります。

その一行で、普通の物語では無いなと思いましたが、
きっと面白いに違いないと思って読んでみました。

しかし、正直なことを言うと、読み始めてすぐの私の感想は、
「これは面白いのか?意味が全然分からないのだけど…」でした。

落ち着きのない時の自分の頭の中のように
目まぐるしく場面が変わっていくので、ついていくのに必死でした。

しかも何について話しているのか、全くわからない。
それが面白さでもあるのだけど、
わからないから、うーん。これは読みにくい、と思ってしまったのです。

でも最後まで読んで、再度一ページ目から読んだら、
なんと言葉がキラキラと輝いていることか!
印象がまったく異なりました。

突拍子も無い発言だと思った言葉も
確かにここじゃなきゃだめだ、としっくりきましたし、
話の先を知っているからこその可笑しさもあって、ニヤニヤが止まりませんでした。
こんなに面白い作品だったなんて!
まるで別の物語を読んでいる気分でした。

ああ、こんなことってあるのかと、新たな読書の楽しみを味わいました。

久しぶりに再読したくなる…ではなく、再読した作品でした。

***

『両方になる』は、どんな作品なのか軽くご紹介しましょう。

ともに「第一部」と題された二つのパートから成っています。
2回目の「第一部」を見たときは「?」となりましたが、間違いではありません。

目のマークの「第一部」では、
十五世紀頃に実在したイタリア人画家のフランチェスコ・デル・コッサが蘇って
現代のイギリスに現れる物語です。
写真を見て、実物にそっくりの絵だと思ったり、
皆が馬に乗っていないことに驚いたりします。
でも、フランチェスコの存在は誰にも見えません。

一方、監視カメラマークの「第一部」は、
フランチェスコに見られている少女の物語です。
彼女は、フランチェスコの絵を何度も見に行っています。

***

そして、この本には特別な仕掛けがあります。
なんと本によって、作品の順番が異なるのだとか!

私が読んだものは、フランチェスコの物語が先でしたが、
少女の物語が先のバージョンもあるそうです。
それも本を開いてみないとどちらが先なのかわからないんですって。ワーオ!

つまり、先にどちらの物語を読むかで人によって印象は全然異なるわけです。
とにかく仕掛けがたくさんある物語でした。

なお、『両方になる』は、一文一文が短く、まるで詩のようでもあって、
声に出して読みたくなりました。
声に出して読むと、まるで私自身から言葉が溢れ出ているような錯覚に陥るほど
テンポがとてもいいのです。

『両方になる』は、普通の小説ではないので、好みは分かれるかもしれませんが、
私はいろいろな意味で楽しませてもらえた一冊でした。

あなたも秋の夜長にどっぷり本に遊ばれてみるのはいかが?(笑)

yukikotajima 11:15 am

化物蠟燭

2019年9月25日

2週連続の3連休が終わりましたね。
後半の連休はちょうど秋のお彼岸ということで
お墓参りに行った方もいらっしゃると思います。

例えば、天国のお祖母ちゃんに心の中で語りかけたり
家族でお祖母ちゃんとの思い出話をした方もいらっしゃるのでは?

もしかしたらお祖母ちゃんは
にこにこ微笑みながら目の前にいたかもしれません。
実際には見えなくても。

***

今日ご紹介する本は、幽霊たちが登場する短編集です。

『化物蠟燭(ばけものろうそく)/木内昇(きうち・のぼり)【朝日新聞出版】』


木内さんというと、2011年に『漂砂のうたう』で直木賞を受賞しています。

「化物蠟燭」とは、影絵の一種で、
幽霊の形に切った紙に蝋燭の灯りを当てて障子などに影を映すというものです。
影が揺らぐことで、まるで障子の向こう側で幽霊が動いているように見えるのだとか。

今回の作品は江戸の町が舞台の短編集で、7つのお話が収録されています。

例えば、表題作の「化物蠟燭」は、影絵師をしている男性のもとに、
ある男性を「影絵」で怖がらせてほしいという依頼が舞い込みます。

言われた通り、影絵師は毎晩夜中に部屋の外から幽霊の影絵を見せ続けます。

しかし、ある日、自分は毎晩いったい何をしているんだ?と思い、
昼間にこっそり彼の様子を見に行きます。

すると「毎晩、あなたの影絵を楽しみにしていた」と言われてしまいます。

怖がらせるために見せていたはずなのにどうして?
そもそもなぜ自分の存在がばれているのか?

その理由を知ったとき、私は胸が熱くなりました。
大変いいお話でした。

化物蠟燭は、形は同じでも、ゆらゆらと見え方を変えていく、
つまり、向きによって見え方が異なります。

これ、あらゆることに言えませんか?

もっと物事を様々な角度から見ることができれば、
あらゆることはスムーズにいくのかもな。

***

他には、
亡くなったはずの人が隣に引っ越してきたり、
過去に夫だったというおじいさんが突然現れたり、
生きている人だと思った人はすでにこの世の人ではなかったりと、
どのお話もちょっと不思議な物語です。

幽霊が見えてしまうある男性が、こんなことを言っています。

「生きている者より死んでいる者のほうが素直に心を語る分、心安い」

「たかが噂ひとつで手のひら返すのが人という生き物だ」

この短編集には幽霊の出てこないお話もあります。
このお話が一番怖かったです。

幽霊は怖い…という方もいるかもしれませんが、
一番怖いのは、生きている人の心なのかもしれませんよ〜。

『化物蝋燭』は、確かに幽霊たちは出てきますが、怖い作品集ではありません。
秋の夜長に毎晩一話ずつゆっくり読み進めてみては?
幽霊たちから気付かされることもあるかも。

また、江戸の訛りと文章のリズムが心地よく、読んでいてとても楽しかったです。
そういう意味でもおすすめの一冊です。

ぜひお読みください。

***

ただいま紀伊國屋書店富山店では、
「ユキコレ・キノコレ フェア」が開催されています。

このフェアは、graceで毎週水曜日の13時45分頃〜お届けしている
本の紹介コーナーでご紹介した本を集めたものです。

これまで紹介してきた本の中から
紀伊國屋書店富山店と私、田島が選んだ本が並んでいます。

私のオススメ本には私のコメントもあります!

また、紹介本も最初の頃より増えています。

フェアは9月30日(火)までですので、ぜひ足をお運びください♪

yukikotajima 11:20 am

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

2019年9月18日

今日のキノコレ(grace内コーナー13:45頃〜オンエアー)で
紀伊國屋書店富山店の奥野さんにご紹介いただく本は、
今話題の本『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』です。

◎奥野さんの紹介文は コチラ

私もこの本を読みました。
著者はブレイディみかこさん。

英国のブライトンに住む保育士でライターでコラムニストです。
この本は、息子の中学時代が綴られたノンフィクションです。

カトリックの小学校で優等生だった息子が選んだ中学校は、「元・底辺中学校」でした。
いじめも喧嘩も差別もあるような学校です。

息子君はハーフです。それゆえの悩みもあります。
友人には、差別を簡単に口にする人や貧しい生活を送っている友人もいます。

彼らとともに中学生活を送る中で、
息子君は著者であるお母さんと一緒に何が正しいのかを悩み、考えていきます。

とてもいい本でした!!!

この本、大人にも子どもにも読んでいただきたい。
この本を教科書にして学校の授業で学んでもいいと思う。
それは無理でも一家に一冊あるべき本だと思います。

なぜいじめをするのか?
なぜ差別は起きるのか?

といった問題に対する息子君の考え方が素晴らしいのです。

息子君は「人はいじめるのが好きなのではない。〇するのが好きだ」
と言うのですが、これ、まさにその通りです。
今の世の中は、人を〇したい方が本当に多いのですよね。
この〇に入る言葉、わかりますか?
気になる方はぜひ本を読んでみてください。

お母さんは、息子とその友達やり取りをを見ながら
「世界はひどい方向に向かっているというのは、
彼ら(息子を含めた若者たち)を見くびりすぎている」
とおっしゃっています。

この本を読んでいると、確かに子どもたちのほうがよっぽど柔軟で
人を平等に見ているのがわかります。

中学生の息子君やその友人たちがこの先、どんな大人になっていくのか。
ぜひ続編も読んでみたい!

yukikotajima 11:23 am

罪の轍

2019年9月11日

今日ご紹介する本は、東京オリンピックを翌年に控えた頃のお話です。
といっても今年ではなく、昭和38年の物語です。

『罪の轍/奥田英朗(新潮社)』

物語はまず、北海道から始まります。
漁師手伝いの青年、宇野は、盗みをはたらき東京へ逃亡します。

そして舞台は東京へ。
彼が東京で暮らし始めてからまもなく、ある強盗殺人事件が起きます。
事件の捜査を担当しているのは、捜査一課の落合。若手の刑事です。
落合は、殺人事件の犯人を追っていく中で、ある青年の噂を耳にします。

そんな中、今度は男児誘拐事件が発生します。
落合をはじめ刑事たちは、男の子を一刻も早く見つけ出さなければ!と思うものの、
手がかりはなく、時ばかりが過ぎていきます。

本のページをめくるだけで心臓がバクバクするほどの緊迫感です。

無事、男の子を見つけることはできるのか?
また、二つの事件の犯人はそれぞれ誰なのか?
そして、物語はこのままどこに向かっていくのか?
など、本のページをめくるたびに疑問が次々にわいていきました。

これらの答えが知りたい方は、ぜひ本をゲットしてください。

ただ、600ページ近くもある長編ですので、お時間のある時にお読みください。
ちょうど今週末と来週末は3連休ですから一気読みするのにいいかも!

また、この物語を読んだ後に、
奥田さんの過去の作品『オリンピックの身代金』
も合わせてお読みになってみてはいかがでしょう?

実は、刑事たちが今回の物語と同じメンバーなのです。
時代的に見ると、『罪の轍』が先です。

私も『オリンピックの身代金』も読みましたが、
10年前のことでだいぶ忘れているため、もう一度改めて読んでみたくなりました。

◎『オリンピックの身代金』の私の感想は コチラ

とは言え、『オリンピック〜』のほうもかなりの長編ですので、
一気に読もうと思ったら、3連休は読書しかできなくなりそうですが。
まあ、それも素敵な過ごし方かな!(笑)

***

『罪の轍』は、東京オリンピックを翌年に控えた昭和38年の物語なのですが、
私はあまり古さを感じませんでした。
というのも、人の心や行動が今も昔も変わらないように感じたのです。

今、世の中で何か事件が起きたとき、
ネットに様々な情報がさらされてしまいますよね?

ネットが登場する前はそんなことは無かったのに、嫌な時代になったものだわ。
と思う方もいるかもしれません。
でも…昔も同じことをする人はいたのです。

たとえば、子どもが誘拐された家で、どんなことが起きたと思いますか?

なんと、電話が鳴り続けたのです。
嫌がらせの電話が!
電話の匿名性をいいことに、日頃のうっぷんを晴らすべく、
いたずら電話をかける人が大勢いたのでした。

時代は変わっても人の行動は変わらないじゃないか、とハッとさせられました。

***

それから、『罪の轍』には、富山の皆さんにしかわからない話題が出てきます!
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、
ほかの地域の皆さんが「ん?どういうこと?」となる中、
きっと優越感に浸れると思います。(笑)

奥田ファンの一人として、富山の話題を出してくださったことが嬉しかったです。

そう、私は奥田英朗さんの作品が昔から大好きです。
奥田さんの作品には、犯罪を犯す人がよく出てくるのですが、
100%悪人としては描かれません。
だから厄介なんです!(笑)
時代劇に出てくる悪人のように、とことん嫌な奴だったら
「この人むかつくー!」ちお怒りをぶつければいいだけので、そういう意味では楽なのですが、
奥田さんは、そんな単純な描き方はしません。
人のいい面も悪い面も平等に描いていきます。
だから、どんな人からも人間らしさを感じます。
100%完璧な人もいなければ、100%悪人もいません。
そのバランスが絶妙なのです。

奥田さんの本を読んだ後は、
自分の周りにいる、ちょっと苦手な人に対しても
この人にもいい面はきっとある、と
いつもより優しい気持ちで接することができるような気がします。

今回も充実の読書時間でした。
(そして、寝不足になりました!笑)

***

ただいま紀伊國屋書店富山店では、
「ユキコレ・キノコレ フェア」が開催されています。

このフェアは、graceで毎週水曜日の13時45分頃〜お届けしている
本の紹介コーナーでご紹介した本を集めたものです。

これまで紹介してきた本の中から
紀伊國屋書店富山店と私、田島が選んだ本が並んでいます。

私のオススメ本には私のコメントもありますので、
良かったらお読みください。

フェアは9月30日(火)までですので、
ぜひ足をお運びください♪
 

yukikotajima 12:09 pm

さよならの儀式

2019年9月4日

現在、紀伊國屋書店富山店では、
「ユキコレ・キノコレ フェア」が開催されています。

このフェアは、graceで毎週水曜日の13時45分頃〜お届けしている
本の紹介コーナーでご紹介した本を集めたものです。

これまで紹介してきた本の中から
紀伊國屋書店富山店と私、田島が選んだ本が並んでいます。

私のオススメ本には私のコメントもありますので、
良かったらお読みください。

また、まだ本はすべてそろっていないそうで、
今後増えていくようですよ。

フェアは9月30日(火)までですので、
ぜひ足をお運びください♪

***

さて、今日はキノコレの日です。
紀伊國屋書店富山店の奥野さんから
宮部みゆきさんの『さよならの儀式』をご紹介いただきます。

◎奥野さんの紹介文は コチラ

私もこの本を読みましたので、軽く感想を。

こちらの本は400ページ以上あるものの、
わりとさらりと読めてしまいます。

というのも短編集だからです。
どのお話も短いので、すぐに読めます。

それもちょっと変わった世界の物語のため、
お話の先が想像しにくく、
夢中で本のページをめくっているうちに、
あれ、もう読み終えた!という感じで読めてしまうのです。

描かれている内容は…ひと言でいうなら「世にも奇妙な物語」です。

『さよならの儀式』は、宮部さんにとって初のSF作品集なのだとか。

近い未来本当にありそうな出来事も描かれていて、
もしそうなったら私は何を思うのかしら?と思ったり、
つい街じゅうの防犯カメラをチェックしてしまったり
もし中学生の私が今の私を見たら何を思うかな?と想像したりと、
どの作品も読んだ後、自分と重ねながら、あれこれ考えてしまいました。

中でも「わたしとワタシ」という作品は
45歳のわたしの前に、女子中学生のワタシが現れるというお話なのですが、
これがとても面白い。

中学生のワタシの発言は容赦なく、
「こんな干からびたおばさんになりたくない」
とまで言われてしまうのです。

他にもスマホやスタバにも興味津々です。

ふたりのやり取りがとても面白く、アハハと笑う一方で、
もし中学生の田島悠紀子と会話することがあるなら
「そんな人生もいいじゃん!」と思ってもらえるような
大人でいたいなあと思ったのでした。

あなたはどうですか?
中学生の頃の自分が今のあなたを見たらどんなことを言われそうですか?

yukikotajima 11:18 am

短編少年

2019年8月28日

もうすぐ8月も終わりますね。
この夏はどんなことが印象に残っているでしょう?

お子さんたちは宿題は無事終わりましたか?

もし、今あわてて宿題をしていて、
実は読書感想文も終わっていない…。
今から本を読む時間も無いよー。
という方にオススメの短篇集があります。

『短編少年(集英社文庫)』

こちらは、少年をテーマに綴られた短編作品9編が収録されたアンソロジーです。

本屋さんでこの本を見つけたとき、思わず手を伸ばしてしまいました。
だって、本の表紙に書かれたお名前があまりにも豪華だったのですもの。

伊坂幸太郎さん
あさの あつこさん
佐川光晴さん
朝井リョウさん
柳広司さん
奥田英朗さん
山崎ナオコーラさん
小川糸さん
石田衣良さん

どうですか?
豪華過ぎやしませんか?

もし福袋だったら、はずれなしの超豪華福袋です。
オトクすぎます。

あまりにも有名なお名前ばかりの短編集でしたので、
もしかしたら過去に読んでいるかもしれないと思ったほどです。
(調べたら読んでいませんでした)

さっそく本のページをめくってみました。
最初の作品は伊坂幸太郎さんの『逆ソクラテス』でした。

いきなり小学生たちが集団でカンニングを実行しようとしている物語で、
ん?これは面白いのか?なんか嫌なタイプのお話のような気がする…
と思ったのですが、最終的にはとてもいいお話でした。

このお話は、大人になった元少年が、
あることがきっかけで思い出した
小学6年生のある数か月のことが描かれています。

先生から馬鹿にされている友人を救おうと奮闘する少年たちの物語なのですが、
あの手この手で先生に、彼は素晴らしい少年だということを気付かせようとするのです。
それが突拍子もないアイデアばかりなのだけど、みんな、本当に優しいのです。

でも、子どもたちの優しさに感動する一方で
すっかり大人になった私は、子どもたちに大切なことを気付かされもしました。

大人が子どもに発する言葉は、大人が思う以上に影響がある、ということです。

例えば、失敗する度に「あなたは本当にダメね」と言われ続けたらどうでしょう?

大人から、あなたはダメと言われてしまうと、
子どもは、そうか自分はダメなんだと思ってしまいます。
また、それを聞いていた周りの人も皆、
あの子はダメな人なんだと思ってしまう。

子どもの未来を狭めるのも広げるのも、大人の言葉次第なのかもな。

思い当る大人の皆さんは、言い方をこれまでとちょっと変えてみませんか?
その前に、まずはこの物語をお読みください。

伊坂さんのお話は、やはり面白い!とあらためて実感。
本当にいいお話でした。

***

他には、部活でズルをしてしまい後悔する少年の物語、
地区大会の初戦の前日に野球部の元部員が補導されるというお話、
活躍が期待されていたものの、
ケガをしてバスケ部を辞めた高校生の物語などが収録されています。
また、中には少女が主人公のお話もあります。

どの作品の少年たちもみんなそれぞれ
悩んだり、間違ったりしているのだけど、
どの少年も愛おしかった!

未熟だからこそ失敗もするし、その一方で能天気だったりもする。
でも、実は繊細で、人を傷つけてしまったことをものすごく後悔したりもする。

少年たちは、そうやって失敗や後悔を繰り返しながら大人になっていくのですよね。

私には子どもはいないけれど、
まるで母の気分で読んでしまいました。

***

『短編少年』は、少年たちの物語ですので、
若い皆さんに読んで頂きたいですが、大人の皆さんにもオススメです。

この短編集を読むことで、ご自身の懐かしい記憶や
すっかり忘れていた若い頃のピュアな気持ちが思い出されるかもしれませんよ。

***

そうそう!
夏の間は、各出版社で「夏の文庫フェア」を開催しており、
文庫を買うと、プレゼントがもらえます。

私もこれらを頂きました♪
かわいい〜。

あと、夏の文庫フェアの冊子も面白いですよー。

冊子は無料ですので、ぜひ手に入れてみてください〜。

yukikotajima 12:07 pm

花のアルペンルート立山

2019年8月22日

今年は本当に暑い夏でしたが、
涼を求めて立山黒部アルペンルートへ行った方もいらっしゃるのでは?
中には、近々行く予定の方もいらっしゃるかもしれません。

国内外から大勢の観光客が訪れる人気の観光スポットの立山黒部アルペンルートは、
日本を代表する高山植物の宝庫でもあるそうです。

実際、様々な植物を観察しながら散策される方も多いと思いますが、
目にした植物がどんな名前のお花なのかわかったら、
より楽しめると思いませんか?

そんな散策時におすすめの本があります。

『花のアルペンルート立山 —フラワーウオッチングガイド—(ほおずき書籍)』

本を書かれたのは、日本海植物研究所を主宰し、
高山植物やブナ林の調査などを行っている
富山出身、在住の佐藤卓(さとう・たかし)さんです。

こちらの本では、立山黒部アルペンルートに咲く数多くの植物を
花の色や構造によって分類し、カラー写真とともに解説しています。
さらに、英文の解説も付いていますので、外国の方にもオススメです。

佐藤先生によると、
この時期も様々な植物を見ることができるそうで、
特に今はキク科の植物が見頃で、
例えば「タテヤマアザミ」などはたくさん見られるのだとか。

また、お花は9月中旬まで、
その後は葉が紅葉したり実をつけたりする様子が楽しめるのだとか。
真っ赤な「ナナカマド」は大変美しいそうですよ。

近々立山黒部アルペンルートに行く方は、
ぜひ『花のアルペンルート立山』を手に散策を楽しんでみてください。

また、佐藤先生は、過去に訪れたことのある方も
「あの時、こんなお花があったね、と思い出しながら読んでほしい」
とおっしゃっていました。

私もこの本を読んでみましたが、
植物の写真が全てカラーなので、見ているだけでも癒されました。
また、植物の種類の多さにも驚きました。
好きなタイプの植物を見つけながら読むのもいいでしょうし、
ページごとに似たタイプの植物が紹介されていますので、
色々比べながらページをめくるのも楽しいと思います。

『花のアルペンルート立山 —フラワーウオッチングガイド—』は、
県内の各書店の他、チロルやスポーツのマンゾクなどの山道具屋さん、
立山あるぺん村などで買うことができます。

また、佐藤先生のHP「日本海植物研究所」からも注文できます。

日本海植物研究所のHPは コチラ

立山黒部アルペンルートの散策のお供にぜひ〜♪

yukikotajima 12:24 pm

三体

2019年8月21日

今日のキノコレ(grace内コーナー13時45分頃オンエアー)で
紀伊國屋書店富山店の奥野さんからご紹介いただく本は、
中国をはじめ、世界で話題になっている小説です。

『三体(さんたい/劉慈欣(リウ・ツーシン)<早川書房>)』

本について詳しくは、奥野さんが紹介していますので、
まずは コチラ をお読みください。

***

世界で話題の小説『三体』を私も読みました。
実は、きのうの夕方、仕事が終わってから読み始めたのですが、
かなりのボリュームで、読み終えたのは夜中でした。(笑)

科学者の物語なので、難しい言葉が並んでおり
最初は「うっ、これは理解できないかも…」と思ったのですが、
そこに関しては考え過ぎるのをやめて
物語そのものを追っていったところ、
楽しく読むことができました。

ですから科学に関してあまり知識が無いという方も
「難しい…」と思ってもやめずに、
ぜひ物語そのものを追っていってください。

なんといってもこの物語は、SFですしね!

それに面白いので、途中からはその先が気になって
ページをめくる手が止まらなくなると思います。

私には物語の出来事がフィクションに思えず
似たようなことが実際おこっていてもおかしくない、
と思わずにはいられませんでした。
そんなことを思いながら夜遅く眠りについたら
案の定、夢に出てきました。
まさか私まで物語の世界に入ってしまうとは!(笑)
だいぶ怖かったです…。

ちなみに、『三体』は、三部作で、
この作品はその中の「一部」だそうです。

また、中国ではドラマ化が決まったのだとか。

私の予想!
いずれ、アニメ化もされる気がする。
しかも日本で。

日本でアニメ化されたら、さらに爆発的な人気になりそうだわ。

***

そうそう!
なんとキノコレ、ユキコレでこれまで紹介してきた本が
「フェア」として紀伊國屋書店富山店で紹介されることになりました。

詳しくは今日のラジオを聞いてね♪

yukikotajima 11:40 am

夏休み中にオススメの本

2019年8月14日

こんにちは。
お盆休み、楽しんでますか?
私は、昨日まで群馬の実家に帰っていました。

新幹線で帰省したのですが、
車内ではずっと本を読んでいました。

今日は、忙しい中でも移動時間や隙間時間に読める本と
夏休み中の学生の皆さんにおすすめの本、
いずれも「文庫」をご紹介します。

まず、大人の皆さんにおすすめなのは、
『5分で驚く! どんでん返しの物語(宝島社文庫)』です。

タイトルの通り、1話5分で読めるお話が25作品収録されています。

ですから、電車の移動時間や寝る前の5分など
ちょっとした隙間時間でも楽しむことができます。

短いお話だと印象に残りにくいのでは?と思われそうですが、
こちらの短篇集は、「最後の1ページ」、「最後の1行」にこだわっているので、
どの作品もインパクトがあります。

また、作品ごとに作家が変わるため、内容はバラエティに富んでいます。

ドキドキしたり、怖かったり、心が温まったり、泣けたりと、
たった5分の物語に心が刺激されまくりでした。

ちなみに、最初のお話は富山が舞台でした。
北アルプスの山奥に特別な料理を提供しているお店があるのだとか。
その料理をどうしても食べたいと思った男性は、
そのお店を目指して山道を進んでいきます。
しかし、場所は黒部川の源流です。簡単に行ける場所ではありません。
果たして男性は、その特別な料理を食べることができるのか、
といったお話です。

どの作品も短いながらも「どんでん返し」を味わえるので、
読んだ後の満足感が高いと思います。

夏の間、本を読みたいけれど、
まとまった時間は取れそうにない…
という方にこそおすすめの一冊です。

気に入った方は、シリーズ化されていますので、
ぜひ他の本も読んでみてください。

***

続いてご紹介するのは、夏休み中の学生さんにおすすめの本です。

学生の皆さん!今日は8月14日(水)です。
夏休みの宿題の定番、読書感想文はもう書きましたか?

まだ書いていない…という方は、
まずは、この本から読んでみてはいかがでしょう?

『だれでも書ける最高の読書感想文/齋藤孝(角川文庫)』

そもそも何を読んだらいいかわからない。
感想と言われてもどう書いていいのかわからない。
というか、読書があまり好きではない。

読書感想文が苦手な理由は色々あると思いますが、
これらの悩みもこの本を読めば、きっと解決するはずです。

でも、この本を読むのも辛そう…と思った方!

この本は、まるで齋藤孝さんが語りかけるように
やわかい文体で書かれていますので、お話を聞いている感覚で読めます。

例えば、どんなことが書かれているのかと言いますと、
本の感想は「人に話せれば書ける」のだとか。
面白いテレビ番組を見たら、友だちにそのことを話したくなりますよね?
齋藤さんによると、これが感想を人に伝えることの原点なんだとか。

また、「“なぜ”から始めるとスイスイ書ける」そうです。
なぜその本を選んだのか。
きっと必ず理由がありますよね?
私がこの本を選んだ理由は…から考えると書きやすいそうですよ。

といった感じで、具体的なアドバイスがたっぷり紹介されています。

合わせて「読書の魅力」も。
私も読書が好きなので、齋藤さんの思いに対し、
「わかりますー。私もそう思います!」
といちいち本にむかって心の中で反応してしまいました。

この本は、私のような読書好きの大人や
本を読んだほうがいいのはわかるけれど、実は苦手…という方や
思っていることを人にうまく伝えられないという方にもおすすめです。

ぜひご家族の皆さんで読んでみてください。

yukikotajima 11:29 am

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

2019年8月7日

今日のキノコレ(grace内コーナー13時45分頃〜)で
紀伊國屋書店富山店の奥野さんにご紹介頂く本は、

先日、第161回直木賞を受賞した
大島真寿美(おおしま・ますみ)さんの
『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び(文藝春秋)』です。

タイトルの読み方は、
「うず いもせやま おんなていきん たまむすび」です。

奥野さんが本についてわかりやすく紹介していますので、
まずは コチラ をお読みください。

***

私もこの本を読みましたので、軽く感想を。

この作品は、江戸中期の人形浄瑠璃作者、近松半二(ちかまつ・はんじ)
の生涯が描かれています。

人形浄瑠璃は、今では「文楽(ぶんらく)」と言われています。

本のタイトルは、まさに近松半二らが書いた伝説の大ヒット作のことです。
「半二ら」と書いたのは、半二をはじめ、複数の人間によって書かれたからです。

物語がどのようにうまれたのかが、生き生きとした文章で描かれています。
それも軽快な大阪弁の語りで。
私は大阪弁は喋れないけれど、言葉のリズムが心地よく、
本を読むのが楽しくてたまりませんでした。
それこそ声に出して読みたくなったほどです。

この小説を読んだ後、これは生で文楽を見てみたい!
と思って調べてみたところ、なんと今年5月に上演されていたそうです。

ああ、見たかった!

と同じように思っている方がきっと多いのだろうな。(笑)

直木賞受賞記念で再演しないかなー。

本のタイトルだけを見ると難しそうですが、
大変読みやすく面白い一冊でした。
また、浄瑠璃について学べたことも良かったです。

先週は「水墨画」を、今週は「浄瑠璃」を小説から学べました。

◎先週ご紹介した本は コチラ

あらためて小説は、私の世界を広げてくれるなあと実感!
さて、次はどんな本を読もうかしら。

yukikotajima 11:19 am

線は、僕を描く

2019年7月31日

今日も暑いですねー。

こんな日は、真冬の寒さを思い出してみませんか?

こちらはある冬の日の富山の写真です。

雪が降って一面真っ白の世界を想像すると、
少しは暑さが和らいできませんか?

私は雪に覆われた富山の景色を見る度、
まるで水墨画の世界だなと思います。

目に見える景色はほぼ白く
ほんのわずか山や木の輪郭だけが見えるような。

だから富山に水墨美術館があるのかしら?

さて、あなたは水墨画のような景色ではなく、
実際に水墨画を見たことはありますか?
また、水墨画というとどんなイメージをお持ちですか?

***

今日ご紹介する小説は、水墨画の世界が描かれています。

「水墨画?全然知識無いから理解できなそう…」
と思った方もいるかもしれませんが、心配ありません!

主人公の青年がまさに何も知識の無いところから
水墨画家になっていくという物語ですので、
この青年とともに水墨画を学ぶことができるのです。

今日ご紹介するのは、砥上裕將(とがみ・ひろまさ)さんの
『線は、僕を描く(講談社)』です。

著者の砥上さんは水墨画家でもいらっしゃって、
水墨画の魅力を小説を通して伝えたいと思ってこの本をお書きになったのだとか。
なんとデビュー作だそうです!

でも、すでにかなり話題となっているようで、
週刊少年マガジンでは漫画の連載も始まったそうです。

たしかに漫画にしても違和感のない作品です。
というか、漫画でも読んでみたい!

***

簡単に物語をご紹介しましょう。

両親を事故で亡くした大学生の霜介は、バイト先で水墨画の巨匠と出会います。
あることがきっかけで巨匠に気に入られた彼は、君を弟子にすると言われてしまいます。
それまで水墨画に興味の無かった彼ですが、巨匠に水墨画を習うことにします。
そして、水墨画の魅力に気付き、また自分自身も成長していくという物語です。

***

以前、ピアノコンクールが舞台の恩田陸さんの物語
『蜜蜂と遠雷』を読んだ時に「音が聞こえる!」と思いましたが、
『線は、僕を描く』は、絵が見えました。

私は水墨画に関しては詳しくないけれど、でも目の前に絵が見えました。
なんといっても著者の砥上さんの表現力が豊かなのです。
同じ言葉を使わずに、次々に水墨画の魅力を言葉に表していきます。

基本的には主人公の霜介君が心の中で発した言葉なのですが、
心から感じたピュアでまっすぐな思いだからこそ心に刺さり、
気付けば私も水墨画が好きになっていました。

そして、実際に本物の水墨画を見に行きたい!と思って
本を読み終えるや否や、富山県水墨美術館に行ってしまいました。(笑)

小説を読んで水墨画の基礎や素晴らしさを学んでから実際に水墨画を見たら、
今までと見え方が全然違っていました。

例えば、水墨画は描き直しができないそうです。
どの絵も一発勝負なのです。

今までだったら作品の全体をなんとなく見ていましたが、
一本一本の線までをじっくり見てみると
いかにすごい技術なのかがわかり、
作品を鑑賞しながら楽しくて仕方ありませんでした。

ぜひ小説を読んだら実際に水墨画を見に行ってみてください。
きっと興奮しながら鑑賞できると思追います。(笑)

***

物語は、透明感があってどこまでもまっすぐで
若者たちがみんな頑張っていて
嫌な人も出てこなくて
水墨画も美しくて
読み終えた後、私自身の心がデトックスできていました。

また、水墨画から学ぶことも多かったです。

例えば…
・力を抜くことこそ技術
・何も知らないことが力になる
・何かを始めることで、そこにあった可能性に気付く
など。

いい言葉と出合う度、付箋を貼っていたら
付箋だらけになってしまったほどです。

今、新しい世界に足を踏み入れたいのに勇気がなかなか持てない方や
今の自分を変えたいけれど、どうしていいかわからないという方は、
この本を読んでみてはいかがでしょう?

本を読み終えた後は、きっと世界が少し明るく見えるはずです。

yukikotajima 11:43 am

つみびと

2019年7月24日

今日の予想最高気温は33度です。
今日も暑くなりそうですが、9年前の暑い夏に
ある若い母親が幼い子ども二人をマンションに置き去りにした
という事件が起きました。

真夏の灼熱地獄の中、冷房も食べ物も無い部屋で幼い子どもが亡くなり、
母親はその間、何をしていたのかというと、遊びほうけていました。

この事件、かなりショッキングな内容でしたので、
覚えている方も多いのではないでしょうか。

この事件を知った時、あなたは何を思ったでしょうか。

***

今日ご紹介する本は、この事件に着想を得て創作したという
山田詠美さんの話題作『つみびと(中央公論新社)』です。

山田さんは、出版社のサイトの中で

「日頃から、事件報道に接するたびに、
 ここにある罪とは、いったいどんなふうに形造られて来たのだろう
 と
考えてみるのが癖になっている」

とおっしゃっています。

この作品は、実際の出来事がベースになっていますが、あくまでもフィクションです。
でも、とてもリアルな作品でした。

物語は、亡くなった子どもたちの母の母の話から始まります。
娘が逮捕され取材攻撃にあう母の様子から。

何も知らない私は、このお母さんのことを大変そうだと思ってしまいました。

でも、読み進めていくうちに、その感情は変化していきます。
というのも、この母も娘を捨てているからです。

子どもたちを置き去りにしたのが「蓮音」で、
その蓮音を捨てた母親が「琴音」です。
つまり、子どもを置き去りにした蓮音も母親に捨てられているのです。

物語は、この二人と亡くなった子ども「桃太」の3人の視点で進んでいきます。

事件を起こした蓮音が酷い人なのは間違いありません。
でも、彼女の人生を知れば知るほど、彼女がかわいそうに思えてきます。
幼い頃、母が家を出て行ってしまってから
妹たちの面倒を見る羽目になった蓮音の毎日は壮絶なものでした。

そんな中でも初めての恋をし、子どもが出来て結婚します。
ところが幸せな時間は長くは続きませんでした。
離婚をした彼女は、誰にも頼らず…というか頼れず、
子どもたちを育てるために家と仕事を探すことになります。
そして…。

蓮音の子どもの頃を知ると、
最初に母親の琴音に感じた大変そうだという感情は消え去り、
琴音はなんてひどい母親んなんだ!と全く逆の感情が湧いてきます。

ところが、この琴音にも辛い過去があったのです。
それが原因で精神的に病んでしまいます。

この辛すぎる連鎖を誰かとめて!と思わずにはいられませんでした。

でも、男性たちは頼りになるどころか、腹立たしい人ばかりです。
暴力をふるったり、都合の悪いことから逃げたり。

あまりにもしんどくて本を読みながら泣けてきました。

子どもたちを置き去りにしてしまった蓮音が悪いのは間違いありません。
でも、彼女だけが悪いのかといったら、そうじゃない。

そして、気付いたのです。
私だって何様だよと。

何も知らずに「蓮音は最低な人だ!」と思っていた私は、
なんて短絡的なのかと自分が嫌になりました。

でも、世の中の多くの方が私と同じ思考なのではないでしょうか。

事件の背景なんて知らないくせに
SNSで好き勝手言う人のなんと多いことか。

この本を読み始めてすぐに
「なんか疲れる本を選んでしまったな…」
と正直、後悔しました。
でも、途中でやめなくてよかった。

なぜ蓮音は子どもを置き去りにしてしまったのか。
読んでいるうちに、そこに至るまでの気持ちを知りたくなったのです。
というか、知るべきだと。

この物語はあくまでもフィクションですので、
事実は異なるところも多々あると思います。

でも、これとよく似たことが実際に起きた、ということを知ることはできます。

亡くなった子どもたちが何を感じ亡くなっていったのか。
その描写に涙が止まりませんでした。

事件を悪いこととして認識することは誰でもできます。
でも、なぜこんな悲しいことが起きてしまったのかといった背景まで
思いをめぐらせることができる方は多くはないのでは?

私だって、いい人ばかりが出てくる本や、わははと笑える本を読みたいと思う。
でも、それだけでは私の世界は偏ってしまいます。

世の中には様々な人がいる、それこそ自分とは全く考えの違う人もいる、
ということを知ることができる(それも深く!)のが本なのだと思います。
同時に自分がいかに無知であるかということにも気付かされます。

読むのは本当に疲れたけれど、でも最後まで読んで本当に良かった!

今、人知れず悩みを抱えている方は、一人で悩まないでください。
辛いときは、どうせ私のことなんて誰もわかってくれない…
とあきらめてしまいそうになるけれど、
そこであきらめてしまったら、ますます辛くなるだけです。

本当に辛いときは誰かに頼ったっていいと、私は思います。

もうこの先、この本のような悲しい事件が二度と起きませんように。。。

yukikotajima 11:30 am

ゴミ清掃員の日常

2019年7月17日

今日のキノコレ(grace内コーナー13時45分頃〜)で
紀伊國屋書店富山店の奥野さんからご紹介いただく本は、
ツイッターで話題になったエッセイマンガです。

奥野さんの紹介文は コチラ

『ゴミ清掃員の日常』

原作・構成は、滝沢秀一(たきざわ・しゅういち)さん、
まんがは、滝沢友紀(たきざわ・ゆき)さんです。
この二人はご夫婦です。

秀一さんは「マシンガンズ」というお笑いコンビを組んでいるのですが、
お笑いだけでは生活できないことからゴミ清掃員の仕事を始めたそうです。
そして、そのゴミ清掃にまつわる話題をツイッターにアップしたところ話題になり、
エッセイマンガとして発売されることになったのだとか。
ちなみに、この本でマンガを描いている奥さまも素人さんだそうです。

ご主人は、芸人だから面白いツイートをすることができたわけですよね。
ただ普通にゴミの話をするのではなく、
興味をひくツイートだったから注目されたわけで、
一見無関係だと思うこともすべて意味があるのかもしれないなと思いました。

実際、この本は大変面白かったです!
同時に「ゴミ」について学ぶこともできました。
へぇと思う話題も多く、例えば…

・行儀・人柄は末端に表れる
→パッと目に入ったゴミからその人の生活が浮かび上がるのだとか

・ごみ清掃車は幼児に大人気!
→でも小学生になると反応が変わる…

・ゴミがキレイに出されている地域はコミュニティがしっかりしている
→子育てにはいい地域かも

などが書かれています。

ゴミからその人の生活が浮かび上がるというのは、まさにその通りだと思います。
私もゴミが多い時は、ここのところ無駄遣いが多かったなと反省したり
逆に少なすぎるときは、外食ばかりであまり家にいなかったかもなと思ったり
ゴミから気付くことは多々あります。

この本を読んで、今後どんなゴミを出すにしても、
ゴミ清掃員の方が嫌な気持ちにならないようにゴミを出していきたいと思いました。

皆さんもこの本を読んであらためてゴミの出し方を考えてみませんか?

yukikotajima 11:20 am

落花

2019年7月10日

昨日まで東京に行っていたのですが、
私が利用した電車もバスも運転していたのは女性でした。
車内アナウンスが女性の声だったことで気付いたのですが、
都内の人たちにとってはもう当たり前のことなのでしょう。
そのことに関して車内の誰も話題にはしていませんでした。

最近、様々な分野で女性の活躍が目立ちます。

ちょうど一週間後の17日の水曜日に発表される第161回直木賞は、
なんと候補者6人全員が女性です。
候補者全員が女性となったのは、芥川賞を含め初めてのことだそうです。

ちなみに、今回の直木賞候補者は、

・朝倉かすみ「平場の月」/光文社」
・大島真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び/文藝春秋」
・窪美澄「トリニティ/新潮社」
・澤田瞳子「落花/中央公論新社」
・原田マハ「美しき愚かものたちのタブロー/文藝春秋」
・柚木麻子「マジカルグランマ/朝日新聞出版」

の6名です。

***

今日はこの中から澤田瞳子さんの『落花』をご紹介します。

澤田瞳子さんは、これまで何度か直木賞候補になっている人気作家です。

今回の『落花』は、平安時代の物語です。
主人公は、仁和寺の僧侶、寛朝(かんちょう)です。
当時は、声のいい僧侶ほど素晴らしいと言われていたそうで、
寛朝ものびやかな声の持ち主あり、
平将門から「これほど耳に心地いのは初めてだ」と絶賛されるほどでした。

それでも寛朝は、もっと上達したいと思い、
ある先生から歌を学ぶために京都から関東へと向かいます。
そこで出会ったのが、平将門でした。

将門の評判は決していいものではなかったのですが、
直接会って話をしてみると、噂と違って怖くないどころか、いい印象を持ちます。

こういうことってよくありませんか?
実際、関わってみたら、あれ?思っていたより嫌な人じゃないぞ、ということ。

将門は、不器用ゆえ、悪い噂ばかり広まって恐れられています。
実際はいい人過ぎて人から利用されることもあるほどなのに…。

寛朝は、将門とも交流しながら関東での生活が始まります。
ところが肝心の目的がなかなか果たせずにいます。
やっと見つけた先生は、寛朝に対してなぜか冷たい態度を取り続けるのです。

果たして、寛朝は歌を習うことはできるのでしょうか。
また、不器用な将門の運命は?

そしてもう一人、寛朝の従者としてともに関東にやってきた
千歳(ちとせ)の物語も同時に進んでいきます。

彼が関東にやってきた理由は、名器と言われる琵琶を手に入れるためです。

寛朝も千歳も関東へ行く目的は「音楽」です。
二人は、それぞれの音楽を得ることができるのでしょうか。

この続きは、ぜひ本のページをめくってみて下さい。

***

平安時代の物語で昔ながらの表現も多いのですが、
決して頭に入ってこないかと言ったらそんなこともなく、
気付けば物語の世界に没頭していました。

時代は違えど、人の心は今とはそれほど変わりません。
人は結局、人に悩まされ、人に癒されるのですよね。

主人公の寛朝が様々なことに悩み、考え、行動していく様は他人事とは思えず、
私ならどうするのか?と自分の心に問わずにはいられませんでした。

また、この物語は音に満ちていました。
本のページをめくりながら実際には音は聞こえないのだけど、
様々な音が心地よく聞こえてくるようでもありました。

主人公の寛朝が音に敏感なこともあり、様々な場面の音が丁寧に描かれます。
例えば、人が殺される戦場の音にさえ、寛朝は心惹かれます。
文字を目で追っているだけで戦場の音が聞こえてきます。それも美しいものとして。

ぜひあなたも本を読みながら様々な音を感じてみては?

yukikotajima 11:58 am

ノーサイド・ゲーム

2019年7月3日

2019年後半がスタートしました。
後半の大きな出来事の一つに、9月20日に開幕する
「ラグビーワールドカップ2019日本大会」があります。

ラグビーファンにとっては、すでに待ち遠しくてたまらないと思いますが、
その一方で、興味はあるけれどラグビーの試合をしっかり見たことはないし
ルールもよくわからない…という方もいらっしゃると思います。

私もそんな一人です。

せっかくなら楽しみたい!でも、なかなかきっかけが無いという方は、
まずはこの小説を読むことから始めてみてはいかがでしょう?

読んだ後は、きっとラグビーが好きになっているはずです。

『ノーサイド・ゲーム/池井戸潤(ダイヤモンド社)』

 

詳しくは、今日13時45分頃〜のキノコレ(grace内コーナー)
で紀伊國屋書店富山店の奥野さんからご紹介いただきます。

◎奥野さんの紹介文は コチラ

***

私もこの本を読みましたので、軽く感想を。

今回もザ・池井戸作品で大変面白かったです!
裏切りがあったり、意地悪な人が出てきたりしつつも
主人公は決してあきらめず、不屈の精神で戦っていきます。

今回は、企業のラグビー部が舞台です。
主人公の男性は、経営戦略室で活躍していたエリートでしたが、
上司と対立したことがきっかけで左遷され、
会社のラグビー部のゼネラルマネージャーをすることになります。

このラグビー部は、成績もぱっとせず、
その上、ずっと巨額の赤字が続いていることから
社内にはラグビー部に対して否定的な人たちもいます。

主人公もこれまではラグビー部に対して興味はありませんでした。
でも、仕事はできる人です。
そもそもラグビーの知識やスキルは無くてもマネジメントのプロですからね。
自らできることで、チーム再建に挑んでいきます。

この、主人公がラグビーの素人というところがよかったです!

素人目線で物語が進んでいくため、
読者も主人公とともにラグビーを学ぶことができるのです。

チームが変化していく様は本当に面白く、
気付けば私もこのラグビーチームのファンになっていました。

チーム再建のために必要なことは色々ありますが、
その中の一つ、「ファンの獲得」には納得!
また、バスケのBリーグが成功事例として出てくるのも興味深かったです。
バスケもファンが増えたことで、どんどん盛り上がっていきましたからね。

バスケ好きの方は、かなり褒められていますので、気持ちよく読めると思います。(笑)

また、どの業界にも言えることですが、
長くその業界に関わっている人の意見がすべて正しいかと言ったら、
決してそうでは無いのですよね。

変化に対しての反論として
「昔からずっとこうだから変える必要はない」と言い出したら、もうやばいのかも。

あなたは言っていませんか?

もし私がそんなことを言い出したら、頭が固くなっている、と受け入れることにします。。。
「変わる」とはどういうことかについても勉強になりました。

お仕事小説としてもスポーツ小説としてもエンタメ小説としても面白い一冊でした。

そして、小説を読み終えたあとは、面白かった!では終わらず、
ネットでラグビーのルールや選手、ワールドカップなどについて検索してしまいました。
ええ、すっかりにわかラグビーファンです。
ちゃっかりイケメン選手探しもしちゃいましたし。(笑)

なお、この作品は、今度の日曜日7日から大泉洋さん主演でドラマ化されます。
このドラマもヒットしそうですね。ドラマも楽しみ〜!

yukikotajima 11:26 am

ライフ

2019年6月26日

あなたは賃貸アパートに住んだことはありますか?
住んだことがある方は、同じアパートの他の住人との交流はありましたか?

今日ご紹介する小説は、アパートが舞台の物語、
小野寺史宜(おのでら・ふみのり)さんの『ライフ(ポプラ社)』です。

主人公は、アルバイトを掛け持ちしながら
独り暮らしを続けている井川幹太、通称かんちゃん27歳です。

かんちゃんは、大学時代から8年半、同じアパートに住み続けています。

大学卒業後は、就職したもののパワハラ上司に耐えられず2年で辞め、
その後、別の会社に就職するものの、こちらもすぐに辞めてしまいます。

今はコンビニと結婚式の代理出席のアルバイトをしています。
真面目にアルバイトをし、休みの日は一人で散歩をしたり
喫茶店に行ってコーヒーを飲みながら本を読んだりして
毎日ストレスなく気楽に生きています。

ところが、ある男性がかんちゃんの住む部屋の真上に
引っ越してきてから生活が一変します。

かんちゃんが「がさつくん」と呼ぶその男性は、音がうるさいのです。
ガンガンドンドン、歩く音もモノを置く音もとにかく大きく、
いつか注意をしたいと思いながら言えない日々が続いていきます。

そんなある日、ひょんなことから
「がさつくん」と望まぬ付き合いが始まってしまいます。

ちょっと挨拶するだけではなく、付き合いが始まってしまうのです。
例えば、一緒にご飯を食べたり、
がさつくんの子どもの面倒まで見る羽目になったり。

気付けばわりと仲良くなってしまうのですが、
相変わらず部屋の騒音は減りません。

でも、がさつくんの部屋に行くようになり、
騒音の原因が何であるかはわかるようになります。
その結果、知り合う前とは感じ方は変わって、苦痛が少しだけ緩和されます。

でも、まあいっかと思っているわけではなく
いつかは注意したいと思っているのですが、
仲良くなって逆に言いづらくなってしまったのです。

また、がさつくんとの交流が始まってから
かんちゃんは不思議と近所の知り合いが増えていきます。

誰にも頼らず、ひとりで生きられればいい、と思っていたかんちゃんですが、
彼らと交流する中で自分の心の奥にあったある思いに気づきます。

さて、かんちゃんの人生はどこに向かっていくのでしょうか。
そして、騒音問題は…?
この続きは本のページをめくってください!

***

とても面白い小説でした。

私もこれまでずっと賃貸物件に住んでいますので、
他の住人の皆さんとの距離感や騒音問題には大いに共感。
近所の方となんとなく知り合いになる、というのもわかるなーと。

また、この物語には普通の人たちばかり登場しますので、
小説を読んでいというより、誰か友人の話を聞いているかのようでもありました。

普通と言えば、かんちゃんの友人の女性がこんなことを言っています。

「事故に巻き込まれそうになった時、
自分がいつ亡くなるかわからないから、やりたいことをやろう!
と思ったのに、やりたいことが思い浮かばず、笑ってしまった」と。

結局、この女性は、あることをきっかけに、
やりたいことが特別なことである必要はないと気付くのですが、
そうなんですよね。

やりたいことって、人によって様々でいいはずなのに、
なぜか「特別なこと」を考えてしまいがちなんですよね。

例えば、死ぬまでに海外の名所を訪れたい人もいれば、
家でジャンクフードが食べたい人もいるわけです。

かんちゃんいわく、
私たちは「前向き成長信仰にとらわれている」のだとか。

たしかにそうかも。
あなたはどうですか?
ちゃんと心に正直に生きていますか?
それとも前向き成長信仰にとらわれているでしょうか。

梅雨で心がモヤモヤしがちな時期です。
なんかすっきりしない方は、是非この本を読んでみては?

yukikotajima 11:49 am

百花

2019年6月19日

最近、お笑いシネマライブやアイスショー、ミュージカルなどを
立て続けに見てきました。

これらの報告は私の個人ブログ「続・ゆきれぽ」にアップしましたので、
よかったらお読みください。

***

さて、先日、認知症の母親を介護するアラフォー女性の物語
『ことことこーこ/阿川佐和子(角川書店)』
をご紹介しました。

認知症と言えば、現在公開中の映画『長いお別れ』も同じテーマです。

個人的な話をすると、
先日見たドキュメンタリー映画『徘徊 ママリン87歳の夏』
も認知症になった87歳のお母様との生活を追った作品でした。

ここのところ、認知症がテーマの作品が増えています。

今日のキノコレ(grace内コーナー 13時45分頃オンエアー)
で紀伊國屋書店富山店の奥野さんからご紹介いただく本も
認知症がテーマの小説です。

『百花/川村元気(文藝春秋)』

◎奥野さんの紹介文は コチラ

川村元気さんというと、
『電車男』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『君の名は。』
などの映画を製作してきた映画プロデューサーです。

また小説家としても活躍し、
映画化もされた『億男』や『世界から猫が消えたなら』などを執筆されています。

そんな川村さんの最新作です。
今回、認知症をテーマにしたのは、
川村さんのお婆さまが認知症になったことがきっかけで、
ご自身のエピソードもそのまま小説の中に登場しているそうです。

小説では主人公の男性の母親が認知症になっていく様が描かれています。

最近、認知症を扱った作品に触れる機会が多いのですが、
共通しているのは、皆、悩みながらも優しさに満ちているということ。

『百花』も優しい物語でした。

また今回は自分の「記憶」について考えさせられました。
私がこうだったに違いないと思っている過去の記憶は
いつの間にか私の頭の中で変化していっているのかもしれないなと思って
ためしに母に電話で確認したら、
案の定、私の記憶は事実と異なっていました。

いつ、どのタイミングで書き換えられてしまったのだろう…。
子どもの頃の記憶って結構曖昧なのかもな。

時々親と自分が子どもの頃の話をして、
記憶の修正をしてみるのもいいかもなと思いました。

あなたは過去の記憶に自信はありますか?

また、この物語は「認知症」だけの物語ではありません。
母と子の過去のある事件や
主人公が働くレコード会社での仕事についても描かれており
「お仕事小説」としての一面もあり、
ラジオの仕事をしている私としては音楽業界の裏側のお話も興味深かったです。

yukikotajima 11:40 am

あなたの右手は蜂蜜の香り

2019年6月12日

あなたは「思い込み」をよくするほうですか?

私は仕事上、「思い込み」をしないように心がけています。
というのもミスのほとんどは、この「思い込み」が原因であることが多いからです。

あなたも「私は○○だと思っていたのですが…」
なんて言い訳をしたことはありませんか?

でも。
私は仕事をする上では思い込みをしないよう意識をしているけれど、
普段はどうかと聞かれたら、思い込みだらけかもなあ。。。

相手の気持ちを考えて行動する時、
それが当たっていればいいけれど、
全く見当はずれなこともありますよね。
例えば、良かれと思ってやったことが裏目に出るような。
でも、相手が本当に望んでいたことなら、きっと喜んでもらえますよね。
相手の気持ちをちゃんと理解できているのか、
それとも独りよがりな思い込みなのか。
それによって相手の反応は大きく異なります。

***

今日ご紹介する小説はこちら。

『あなたの右手はハチミツの香り/片岡翔(新潮社)』

本の表紙には、傘をさして立っている熊のイラストが描かれています。
一見、外国の本かな?と思えるようなシンプルな装丁です。

私が今回なぜこの本を選んだのかと言うと、
今がちょうど雨の季節だからです。

傘をさしている熊のイラストに
主人公の名前が「雨子(あめこ)」で、
おお、この本こそこの季節にぴったりではないか!
と思い、読んでみることにしました。

主人公の雨子は「思い込み」を嫌う女の子です。
知らないことは何でも知りたいと思い、
どんなことでも「どうして?」と聞きます。

例えば、小学三年生のある日、北海道に住んでいる雨子は、
ヒグマが出たことを知って、その熊を見に行きたいと思います。

というのも、みんな熊を恐れているのに、
アニメやぬいぐるみになっていて人気があるのは不思議だと思ったからです。
だから自分の目で熊が怖いのか、かわいいのか確かめたいと。

そして、熊に会いに行くのですが…。

この雨子の行動がきっかけで
ある小熊が動物園に入れられてしまいます。

そのことを自分のせいだと思った雨子は、小熊を救うために生きることにします。
突然、ヒグマの飼育員になるために真面目に勉強をしたり、
動物の世話をするボランティアを始めたりします。

果たして雨子は小熊を救い出すことはできるのか。
そもそも小熊は本当にそれを望んでいるのか。

動物にとっての本当に幸せとはどういうことなのでしょう?

動物園にいれば、いつでも餌がもらえるし、
もし病気になってもすぐに獣医さんに診てもらえます。
でも、ずっと狭い檻の中で暮らさなければいけません。
だからといって動物園で暮らしてきた動物が
ちゃんと自然の中で生きていけるかどうかはわかりません。

さて、雨子はどんな結論を出すのでしょうか。
気になる方はぜひ本のページをめくってみてください。

***

そうそう、このお話は小熊と雨子の物語だけど、
親や幼馴染の男の子や雨子が心を開く女性なども登場し、
彼らとの関係も描かれていきます。
特に幼馴染の男の子とのやり取りが初々しくてかわいいんです!

本の帯には「心がぽうっとあたたまる」とありますが、
私はどちらからというと、ドキドキがずっと続いていたかな。色々な意味で。
ドキドキして、涙して、またドキドキして。
様々なドキドキが味わえた一冊でした。

雨の季節にオススメの作品です。
雨音を聞きながら読んでみては?

yukikotajima 11:53 am