ブログトップページはコチラ

サチモス、ドラゴンアッシュライブ

2018年5月24日

昨夜、クロスランド小矢部で
サチモスとドラゴンアッシュのライブがあり、
私も行ってきました〜。

今日のラジオでもお話したとおり、
ライブ会場に着き、駐車場から会場に向かうまでの
わずかな時間に車から水をかけられ、びしょ濡れに。。。

冷たいよ〜とブーブー文句を言いながらライブ会場に着いたのですが、
入るや否や、そんなことはすっかり忘れてライブに没頭!

実は少し遅刻してしまったので、すでにライブは始まっていたのでした。

まずは、ゲストのドラゴンアッシュのライブからだったのですが、
大変楽しくて、車に水をかけられたことは一瞬で忘れました。(笑)

とにかくKjの存在感がすごかった!
ドラゴンアッシュのライブを見るのは15年ぶりくらいだったのですが、
今もなおというか、今のほうが輝きを放っているように感じられました。

鍛えられた体も美しかったし、MCも素晴らしかった!

MCで、いいバンドにはいいファンがついている。
サチモスのファンもずっとサチモスのファンでいてね!
それから、今日の俺たちのライブも盛り上がってくれてありがとね!
というようなことを言っていて、
ああ、これは心からの言葉だなあと思いました。
これまで長く音楽をしてきたからこそ言える言葉だなと。

ライブのあと、ツイッターでライブの感想を見てみたら、
ドラゴンアッシュのファンになっているサチモスファンの方もいて、
私まで嬉しくなってしまいました。

さてさて。
一気に会場を熱くしたドラゴンアッシュのあとは、サチモスのライブ!
彼らも一瞬で自分たちの世界を作り出していて、さすがでした。

また、氷見出身のキーボードのタイヘイさんが富山弁であいさつをするなど、
富山ならではのあたたかさもありました。

私はサチモスのライブを見るのは初めてだったのですが、
CDで聞くより、ライブはもっと骨太な感じでしたね。

洗練された都会的な雰囲気がありつつも、でもクール過ぎない、
ライブならではの熱も感じられる心地いい時間でした。

サチモスのツアーは今後も続いていきますので、
具体的な内容については伏せておきますが、一つだけ。
6月にリリースされるアルバムの曲の披露もありましたよ!
ニューアルバムも楽しみ〜♪

車に水をかけられたことを忘れてしまうくらいに(笑)、
満たされたライブでした!

yukikotajima 7:38 pm

ライブ!ライブ!ライブ!

2015年10月27日

最近、ライブづいております。

今日は感想をまとめてアップします!

***

 10月22日(木)宝塚歌劇団宙組富山公演@富山オーバードホール

宝塚を見た後は必ず姿勢が良くなります。
男役の皆さんの立ち姿の美しさに見惚れ、そして真似したくなるのです。
と同時にもっと体を引き締めなければとも思いますが。(笑)

今回の公演は、サスペンス・コメディということで、
笑いが満載の楽しい舞台でした。

かっこいいのだけれど、笑えるって、もう完璧です。
笑ってうっとりして、本当に楽しいひとときでした。

そうそう、今回、ヅカファン(宝塚ファン)の先輩がチケットを取ってくださったのですが、
とてもいいお席で、なんとトップスターの朝夏まなとさんと握手できたのです!

歌いながら客席までいらっしゃった時に、
思わず両手を伸ばしたらギュッと握ってくださり、
一緒に見ていた先輩たちとキャーキャー大騒ぎ。
朝夏さんからは上品ないい香りがしました。(笑)

ちなみに、来週は日帰りで宝塚大劇場に行ってきます。
次は花組公演を見てきます!

ああ、楽しみ〜。

***

 10月24日(土)田島貴男ひとりソウルショウ@富山SoulPower

2週間前、オリジナルラブとしてビートラムに登場した田島さんが、
またまた富山でライブをされるということで行ってまいりました。

前回はバンドでしたが、今回はひとりソウルショウ!
前回以上に田島さんのオリジナルワールドが繰り広げられていました。
それも富山仕様の。富山だからこその歌詞、笑い、空気感。
田島さんのライブは、きっと毎回その会場ならではの世界を生み出しているのだと思います。
CDを聴いただけでは決して味わえない世界です。

そんな田島さんの生み出す世界の中で、私はたくさん笑いました!
お話が面白くて笑って、音楽を聴いて笑顔になって。
色々な意味で笑いに満ちたライブでした。

変な表現ですが、声だけでなく、田島貴男さん自身が「音楽」だなと思いました。
田島さんを通して生み出される表現のすべてが気持ちのいい音楽だなあと。

また、いい曲と出合えた時は、無条件に歌詞が心にすうっと入ってくるものですが、
ニューアルバム「ラヴァアマン」の中の「希望のバネ」は、まさにそんな曲でした。
この曲、是非皆さんに聴いて頂きたいので、今度graceでお届けしますね!

***

 10月25日(日)THE BAWDIESライブ@金沢エイトホール

彼らのライブは過去にも何度か見ているのですが、
一度見たからいいやではなく、見れば見るほど次も見たくなります。
というか、ライブが終わった瞬間、さっそくまた見たくなる中毒性があります。

特にライブの始まりをまた味わいたい!
彼らがステージに登場して音を鳴らした瞬間のあの会場の一体感を。

音が鳴り、会場のお客さんたちのこぶしが突き上げられ、
ステージに照明に照らされたメンバーのシルエットが見えたとき、
まるでろうそくに炎がともったように、私の心にも点火。
感動で泣きそうになりました。

この感覚こそライブでしか味わえないものです!

演奏も音もMCも最初から最後まで最高でした。

ボーカルのROY君のMCが、ややエロ路線ながらも心に響く響く!(笑)

繰り返される「心をからっぽにしてよ」、「心を裸にして」の言葉にあおられ、
私の心もすっかり裸に。(笑)

すっぽんぽんのピュアな心でライブを見たもんだから大変です!
アラフォー姉さんの私もまるで10代のガールの気分でした。(笑)

いやもうほんっとよかったよ。

***

という感じで、最近は刺激受けまくりの日々でございます。

やはりライブはいいね!

yukikotajima 1:17 pm

ジャズのある風景

2013年9月11日

今日のユキコレ(13:45頃オンエアー)でご紹介するのは、
先月発売された山中千尋さんの初のエッセイ

『ジャズのある風景(晶文社)』

山中千尋さんは、ニューヨーク在住のジャズピアニスト。

日本をはじめ世界各地で精力的に演奏活動を続けていらっしゃいます。

また富山でももう何度もライブを重ね、
来週の火曜にも再び富山でライブを行います。

ライブは、富山駅前のオルビスで19時からなのですが、
すでにチケットはソールドアウト。
残念ながら当日券の販売も無いそうです。

無事チケットをお求めになった方は、
先月、8月14日に発売されたニューアルバム「モルト・カンタービレ」
を聴きこんでいらっしゃることと思います。

私も山中さんのエッセイを読みながら、
また、今感想を書きながらアルバムを聴いております。

ただ、山中さんのピアノがあまりにも軽やかで
文字を打つ私のブラインドタッチも調子に乗って同じリズムになり、
おかげで誤字脱字だらけになり、打ち直してばかり。

ピアノもひけないのに真似るからこんなことになるのです。(笑)

さて、今回のアルバム「モルト・カンタービレ」は、
クラシックの名曲が山中さんによってジャズに生まれ変わっています。

楽しく、美しく。

たとえば『トルコ行進曲』や『エリーゼのために』などが収録されています。

おなじみの曲が、どのようにアレンジされているのかは、
是非CDを1枚通して聴いてみてね♪

***

さて、山中さんといいますと、
ラジオパーソナリティーとしても活動されています。

FMとやまでは、
毎週月〜金曜の17:45〜18:00に

『山中千尋 いつだって T-TIME』

という番組を放送しています。

音楽やニューヨークでの暮らしに関するお話のほか、
リスナーの皆さんからの質問などにもお答えになっています。

そのラジオを聴いているだけでも山中さんの幅の広さを感じますが、
先月発売されたエッセイを読むと、さらに実感。

ジャズに精通されているのはもちろん、
現代アートがお好きだったり、
かと思えば、日本の歴史や文学にもお詳しかったりします。

また、言葉遣いも美しく、品のある言葉が並んでいます。

なんて書くと、とてもオカタイエッセイか?と思われそうですが、
いやいや、とても面白い。

今、某ドラマの影響で「10倍返しだ!」という言葉が流行り、
様々なところで耳にしますが、山中さんこそ、闘いの人です。

自分というものをしっかりとお持ちの方ですので、
違うと思えば、包み隠さずはっきりと「違う!」とおっしゃいます。

潔い方です。

堂々と自分の意見を述べる、その姿のなんてかっこいいことよ。

かと思えばおっちょこちょいなところもあり、そこがまたキュート。

寝坊話や聞き違いによる爆笑エピソードなども多く、ケラケラ笑いながら読みました。

一見、完璧な女性に見える山中さんですが、
でも色々やらかしています。(笑)

その分、人間味あふれる1冊となっています。

また、この本が一番面白い理由は、その独特な感性にあると思います。

たとえば、

・小学生のころ、短冊に書いた内容は「地球脱出」

・滞在先の近くでたまたま就職セミナーをしていたので、
 もしかたらもっと自分に合った仕事があるかもしれないと行ってみる。

など。

しかもどのエピソードもこの話の続きが面白いので、
是非エッセイを読んでいただきたい!

私は山中さんのエッセイを読みながら、
子供のころ、私が一番好きだった本

『窓際のトットちゃん』

を思い出しました。

トットちゃん、懐かしいなあ。久しぶりに読んでみようかな。

話がずれました。
戻ります。

このエッセイには座右の銘にしたいような心に刺さる表現も多かったです。

いくつか挙げてみます。

・孤独、それは精神における究極の断捨離の別名

・「わからない」は理解の努力の放棄

このエッセイは、山中さんの、軽快でありながら、
想像もつかない驚きと感動で満ちている演奏と似ていました。

是非、山中さんの音楽をBGMに読んでみては?

いや、でも音楽好きの方なら、この本に出てくる様々な音楽も味わいたくなるかも。

とにかく、来週のライブに行く方は、
ライブの前にこのエッセイを先にお読みになってみてください。
きっともっと深くライブを楽しめると思いますよー。

yukikotajima 12:17 pm

音楽と酒の日々…

2012年5月21日

この春以降、ライブに行く機会が増えています。

去年なかなか行けなかったので、ライブに飢えているのかも。(笑)

ライブの感想は、

私の個人ブログ「続・ゆきれぽ」
⇒ http://ameblo.jp/zoku-yukirepo/

に続々とアップしていますので、もしよかったら、お読みくださいませ。

***

それから、ライブと合わせて、お酒を味わうことも多く…。

って、これは、最近に限ったことではありませんが。(笑)
おとといの『若鶴 蔵祭り』の様子もアップしました。

3月の『にいがた酒の陣』のバスツアーに参加された方に会いました!

「お互いお酒が好きですねえ〜」

と言いながら、次なるどこかのお酒イベントでの再会をゆるく約束。(笑)

***

今度の水木のgraceでも
いろいろ報告できたらいいなあと思っておりますので、
私と同じく、ライブに行ったり、イベントに参加したりした方は、
感想&レポをお寄せくださいませ。

おまちしていますー。

yukikotajima 1:10 pm

14.15 男前な人たち。

2011年7月1日

先週の金曜日、FUNKISTの富山ライブに行って、
染谷西郷(そめや・さいごう)さんの歌を聞き、
その情熱に私は心をすっかり奪われてしまい、
しばらく、染谷さんかっこよすぎるー!!と言い続けていた私ですが、
また新たに、私の心をがしっとつかんでしまった男性がいます。(笑)

それは、ジェームズ・フランコ!

映画『127時間』を見て、ファンになってしまいました。

『127時間』は、『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作。
ロッククライミング中、落石に腕を挟まれ動けなくなってしまった男性の実話の映画化です。

主人公のアーロンをジェームズ・フランコが演じています。

音楽を聞きながら、マイペースに自分のしたいことをしているアーロン。
程良く軽く、ノリのいいワイルドな男性です。

そんな彼が、落石により、狭い谷底から動けなくなり、死を目前にしたとき、
何を思い、どんな行動をとるのか?が描かれています。

時が刻まれる度、変化していくアーロン。
そんな極限状態を演じ切っています。

また、ほとんどがアーロン1人の映像なのですが、
心理状態をとてもよくあらわしている音楽は気持ちいいし、
映像も独特で、まったく飽きません。
カメラの視点が斬新で面白く、視覚的にも楽しめました。

それにしても、ジェームズ・フランコはかっこよかったわ〜。

そろそろ、かっこいいのは十分わかったよ。という声が聞こえてきそうなので、
別のいい男話を。(笑)

いい男の登場する映画をもう1本ご紹介します。

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』。

なし崩し的に結婚し、まったく盛り上がらない生活を送る夫婦が参加した、
一泊二日の「地獄ツアー」が描かれたコメディー映画です。

「地獄ツアー」は、地獄のようなツアーではなく、
「地獄」を巡るツアーのことです。

二枚目イメージの竹野内豊さんが、
初めてコメディーに挑戦したということでも話題になっています。

夫を竹野内豊さん、妻を水川あさみさんが演じています。

わかりやすい「地獄」のイメージでは無く、
この映画で描かれている地獄は、ちょっと変わった世界。

宿の温泉がビーフシチューだったり、
地獄の住人は、赤い肌の人と青い肌の人がいたり、
日本円の1円でほとんどのものが買えたりします。

状況的にはありえないことの連続ですが、いちいち面白い。

どう面白いのかというと、めんどくさく面白い感じです。(笑)

さらに、この映画の面白いところは、
ありえない中でも、主人公の夫婦の会話だけは、普通なこと。

男女間の掛け合いや空気感がとても自然で、
私もニヤニヤしながら見てしまいました。

わがままでいつも不機嫌の、ちょっと感じ悪い妻。
天然キャラで、無邪気でマイペースの夫。

近い存在だからこその、歯に衣着せぬやりとりがとてもリアルでした。

でも、そんな中でも夫の妻への愛が感じられるシーンもあります。
きっと女性なら、あのシーンには皆キュンとくるはず。
それは、ワンピースの某シーン。
夫のさりげない優しさに胸がじわっとあたたかくなります。

あの瞬間、私は竹野内豊さんにぞっこん。
表現が古いですが(笑)、
でも、この言葉が一番しっくりくるので、あえて、使いました。あえて、ね。

しかもね、そのワンピースのシーンの後、
子供たちと無邪気に遊ぶシーンが続くんです。
その様子が、またとても素敵で…

って、結局、今日のブログだけで、
私は、3人の男性に惚れてしまったことになりますね。
どれだけ惚れやすいんだろ、私。(笑)

でも、映画はどちらも、男前うんぬん抜きにしても、楽しめますので、
ぜひ、男性の方もご覧下さいませ。

いや、どちらかというと、男性向きの映画のような気もする。

yukikotajima 4:24 pm

クオシモード

2011年3月22日

昨夜、クオシモードのライブを見に
金沢 Queen’s Courtへ行ってきました。

地震の影響でイベントやライブが延期や中止になる中、
クオシモードは、色々考えられた上で、昨日の金沢ライブを行いました。
(でも、今日の新潟公演は延期となりましたが)

物理的な問題など、それぞれ様々な事情がありますので、無理は言えませんが、
個人的には、アーティストの皆さんには、出来る範囲の中でライブをしていただきたい!

だって、音楽には大きな力があると思うから。

今回の震災を機に改めて感じました。

地震直後のラジオの特別番組の放送を、1人のリスナーとして聞きながら、
音楽には、なんて大きな力があるんだろうと思いました。

今まで何度も耳にしてきた曲が、全く違う曲のように聞こえました。
まるで曲が生きているような感じです。

今、被災地の皆さんには、支援物資だけではなく「心のケア」も必要と言われています。

心に受けた傷を手当する方法は、色々ありますが、
その中の1つに、音楽もあると思います。

だからと言って、ヒーリングミュージックばかりが心を癒すわけではありません。
人によって、心を癒したり元気づけたりする曲は様々です。
その人が元気になれる曲なら、どんな曲でも私はヒーリングミュージックだと思う。

私にとって、昨日のクオシモードのライブは、
心を前向きに元気にさせてくれるものでした。

クオシモードのライブは、見ているお客さん以上に、
メンバーの皆さんがとても楽しそうなのです。
表情も奏でる音も感情豊かで、見ているこちらも心が素直になっていきます。

そんな彼らの「このパワーを被災地へ!」というまっすぐな思いは、
きっと被災地へ伝わると思います。

形に見えるものでは、グッズの売り上げを義捐金として被災地に送られるそうです。

クオシモードをはじめ、アーティストの皆さんは、
様々な方法で震災と向き合っていらっしゃいます。

私も、1人の人間としてだけでなく、
ラジオに携わる者としても、できることをしていきたいと思っています。
その中の一つとして、FMとやまもあるプロジェクトの協力をする予定です。
詳細が決定しましたら、graceでもお知らせしますね!

クオシモードのライブレポと言いながら、
私のことばかりで、申し訳ない・・・。

最後になりますが、
私がクオシモードを好きな理由は、
音楽がかっこいいのはもちろん、
メンバーやスタッフの皆さんが素敵な方たちだから、というのも大きいかな。

なんだかんだで「ひと」なのだと思います。
全てにおいて。 

yukikotajima 6:11 pm

食&音楽三昧なGW

2010年5月2日

GW満喫してますか?

私は特別なお休みは無いのですが、
昨日・今日の2日間は、食&音楽を楽しみました。

昨日は、友人と金沢へプチ旅へ行ってきました。

まずは新しくなった近江町市場へ。
ケーキ、お茶、ドライフルーツ、ジュースなどの試食三昧に上機嫌♪

その上、手軽に食べられるものが安くて、
ぜんざいやら、豆乳やら、おからまんやらを購入しては、食べていました。
ちなみに、揚げたおからまんは美味でした。「しば田」というお店です。

それなのに、普通に海鮮丼まで食べちゃいました。(笑)
食べすぎです。

食べ過ぎを反省した私たちは、散策も兼ね、東茶屋街へ。
tyayagai.jpg
まるで京都のような街並みに、すっかり旅行気分を味わいました。
そして、ここでもソフトクリームをぺロリ。
ソフトクリーム用に作られた味噌と醤油をつけて食べました。
どんな味かは・・・是非、ご自身の舌で味わってみてください。(笑)

のんびりと散策したあと向かった先は、もっきりや。
スズモクとロコのライブがあったのです。

まずは、ロコから。
まるで、幼稚園の先生のような方でした。
スマイル全開であたたかなライブでした♪

そして、スズモクのライブ。
歌声も喋り声も話の内容も素敵でした。
彼の曲は情景が浮かぶのです。
まるで、ショートストーリーを見ているかのようで、本当に気持ちのいいひとときでした。

スズモクは、明日、graceにも出演しますよー。
お楽しみに!

そして、今日は、日中は、後輩の上野アナと、
ほたるいかミュージアム外で販売中の「ほたるいか天ぷら」を食べに行ってきました。

揚げたての天ぷらは、ほどよい塩加減で美味!
すぐ隣ではビールを販売していたのですが、確かにビールが欲しくなりました。
アツッと言いながらも、食べるスピードは上昇し続け、あっという間に完食!

★『ほたるいか天ぷら』は、「graceで気ままなプラン」の期間限定商品なんですよ!
 詳しくは、インフォメーションを見てね。

その後、私たちは、金沢の第7ギョーザへ!
実は、私、初体験。
16時近かったのに、40分待ちでした。すごい人気!
でも、食べてその理由がわかりました。
美味しくて、あんなに安ければ、人気も出るよな、と。

普通の餃子も美味しかったけれど、私は、蒸し餃子が一番美味しかったかな〜。
また、絶対に行こう〜っと。

お腹がいっぱいになった私たちは、サカナクションのライブを見るため、金沢AZホールへ。
満員のお客さんで、全くメンバーが見えず。(笑)
でも、素晴らしいライブでした。本当に楽しかった。
光と演奏と歌の全てが、ぶつ切りではなく、
最初から最後まで気持ちのいい流れを作っていました。

私が、スズモクとサカナクションの二組に共通して感じた思いは、
「職人」だな、ということ。

アーティストなのだけど、あえて「職人」と言いたくなってしまう、きめ細やかさがありました。

美味しい食べ物と素晴らしいライブで、絶対に太りました。
ライブを見れば痩せそうですが、いやいや、そうじゃないんですよ!
ライブを見て、満たされすぎて、逆に、心がずっしり重くなっているのです。
すごいですよ、この2日間の私の満たされ具合は!

なんて、ごちゃごちゃ言っていますが、しっかり実際の体重も増えていました。

さっ、気持ち切り換えて、ランニングよ、ランニング!

grace主催のランニングイベントは、5月30日(日)ですよー。
お申し込みは、インフォメーションから♪

yukikotajima 11:00 pm

ライトレールでレミオロメン♪

2010年3月23日

おとといの日曜日の19:00〜オンエアーの
「全国の民放FMラジオ局、53局同時生放送 MEET THE MUSIC LIVE with レミオロメン」、
お聞きいただけましたか?

私は、「ライトレールでレミオロメン」に、司会進行でお邪魔しました。

この日は、全国各地でパブリックリスニングが行われました。
富山は、ライトレールに乗って、レミオロメンのライブ放送を大音量で皆で聞き、
ライブの前には、レミオロメンの名曲「粉雪」のサビだけを歌う「粉雪選手権」も行いました。

★今日は、写真レポをお届けします。
(PCの方は、写真をクリックすると大きくなります)

今回、オレンジ色のライトレールを貸し切りにして実施しました。
remi8.jpg

準備中です。
remi1.jpg

これから、出発!
remi13.jpg
メンバーがいなくても、ライブに行くのと同じ格好で参戦!
首にはタオルを巻いてみました。

同じように、レミオロメングッズを持ってきたり着てきたりした方が多かったです!
remi11.jpg remi10.jpg

まずは、粉雪選手権を開催!
形も大切!ということで、ギターを手に、粉雪のサビ部分を大熱唱!
remi9.jpg remi2.jpg remi16.jpg

皆、うまい!!!
さらに、声の似ている方までいて、びっくり!
大盛り上がりで、あっという間の30分でした。

そして、ライブスタート!と、同時にライトレールも出発!
remi7.jpg remi12.jpg 

この日は、全国各地でパブリックリスニングが行われていましたが、
「路面」電車の中で大勢で聞くスタイルは、たぶん、日本全国探しても無かったと思います。

ライブ中、自然と手拍子や拍手が起きて、まるで、目の前でライブが行われているようでした。
remi3.jpg
こんな感じで、みんなでパブリックリスニングを楽しみました♪
remi15.jpg remi14.jpg

終わってから、参加者全員で集合写真!
remi4.jpg
車掌さんも一緒です。
ちなみに、ピースではなく、レミオロメンの「レ」のマークを作ってみました!

陽気な車掌さんでした♪
remi5.jpg

今回、短い時間でしたが、
レミオロメンのことが大好きな人々と過ごしたひとときは、本当にも楽しかったです♪

みんなの、レミオロメンのことが大好き〜!という思いが車内に充満していたから、
より楽しかったのかものなぁ。

今回、参加して下さった皆さん、ありがとうございました。
また、昨日、grace宛にメッセージをお寄せいただいた皆さんも、ありがとう!

感想と合わせて、色々なご意見やご提案もいただきました。
FMとやまとしても、また、心に残る素敵なイベントを企画していきたいと思いますので、
その時には、是非、参加して下さいね。
また、アイデアもお待ちしています!

そうそう、お世話になった富山ライトレールの方も、楽しんで下さったようで、
また、何か一緒にできたらいいですね♪とおっしゃってくださいました。
さらに、ライトレールのブログ↓にも記事を書いて下さいました。
http://blog.t-lr.co.jp/?eid=111710

ありがとうございます〜。

◎おまけです。

FMとやまのスタッフです。
remi6.jpg
粉雪選手権の前座として登場。
本人は、藤巻君のつもりです…。(笑)

yukikotajima 7:29 pm

クオシモードライブ@金沢マニール

2010年3月21日

一昨日の夜、金沢で行われたクオシモードのライブを見に行ってきました。

と〜っても楽しかったです!

私がクオシモードのライブを見るのは、1年と3ヶ月ぶりで、
この日をかなり楽しみにしていました。

クオシモードの音楽が好きなのはもちろん、
メンバーやスタッフの皆さんの人柄も大好きなんです。

ライブは、今まで見た中で一番楽しかったです!

お客さんもCDを聞きこんでいるようで(ちなみに、私もその一人)、
フロアが気持ちよく揺れていました。
私もヒールで「踊れるジャズ」を堪能しました!
実は、私、間違えてヒールを履いていってしまったんです。
その上、今回は、ライブ後にパーカッションのマッツさんのDJもあり、かなりの長丁場。
会場に着くやいなや、間違えた〜と思ったのですが、
楽しいときは、足の疲れなど気にならないものですね。
やっちゃったと思ったのは始めだけで、その後は、足元に気を取られることなく、
思いっきりライブを満喫している自分がいました。
そして、いい汗かいた後に飲んだお酒、美味しかったな〜。
あまりにも美味しくて飲み過ぎてしまったほど・・・。(苦笑)

今回のライブを見るまでは、クオシモードは、
かっこいい音楽と気さくな人柄のギャップが素敵だな、と思っていたのですが、
今回は、もう、そのギャップというものは無くて、
気さくな人柄がそのままライブにあらわれていて、とっても自然体でした。
だからと言って、かっこよさが消えたのかと言えば、そんなことはありません。
以前よりも何倍も素敵で、とにかくとても気持ちのいいライブでした。

また、マッツさんのDJも楽しかったです♪
曲に合わせてトランペットやピアノの演奏を真似する、マッツさんらしい陽気なDJ、
聞くだけじゃなく、見ても楽しめました。

それから、今回、有坂美香さんが、ゲストボーカルとして登場されたのですが、
パワーあふれる歌声、存在感、そのすべてに圧倒されました。
凄い方です。ねぇさん、ついていきますっ!と言いたくなりました。(笑)

本当に楽しいひとときをありがとうございました。

次は、是非、富山でライブしてほしいなあ。
まだ決まってもいないのに、想像しただけで、もうすでに、その日が楽しみです。(笑)

★クオシモードのHPは、コチラ↓
http://quasimode.jp/index.html

yukikotajima 1:16 pm

ハナさんとエミマリアさん♪

2010年3月19日

昨夜マイロで行われたヴィンテージライブに行ってきました。

仕事の関係で、ハナさんの途中から鑑賞。
ハナさんの歌う「愛されたくて 愛したいだけ」は、
CDで聞く以上に、心に響くものがありました。

「愛されたくて 愛したいだけ」というタイトルは、
言葉に表すとシンプルでとてもわかりやすいのですが、
実際は、とても難しいのですよね〜。
そのもどかしさが、すごく伝わってきました。
わかる!わかる!と思いながら聞いていた方、結構、多かったんじゃないかしら。

赤く染められた髪の毛もお似合いでした♪

エミ・マリアさんは、ライブ前にお話した時に、
「緊張しやすいから、毎回ドキドキなんです〜!」とおっしゃっていたのですが、
まったくそんな気配を感じさせることの無い、堂々としたライブでした。

伸びやかな歌声、気持ちよかったです♪

 
今回は、FMとやま主催の招待制のライブでしたが、
また、FMとやまでは、今後もこのようなライブイベントを行っていく予定ですので、
そのときには、あなたも是非、いらっしゃってくださいね〜。

さて、今夜は、金沢にクオシモードのライブに行ってきます!
楽しみ—!!!

yukikotajima 10:22 am

羊はなライブ♪

2010年2月12日

先ほど、富山市民プラザ・アンサンブルホールに
「羊毛とおはな」のライブを見に行ってきました。

羊はなライブは、いつ見てもあたたかい。
その理由は、音楽が醸し出すあたたかさだけではなく、
彼らを支えるスタッフの皆さんのあたたかさによるものも大きいと思うの。

羊はな手作りグッズ、
羊はなライブを彩るステージなど、
いたるところに手作りがあふれています。
手作りだから、あたたかいのはもちろん、
そこに愛が込められているから、よりあたたかさを感じるのですね。

今回も、そんな人のぬくもりを感じた空間でした♪

さて、その羊はなの2人を支える羊はなバンド、通称、ゆかいな仲間たちの1人、
ベースのカズさんは、なんと、ジャズバンド「クオシモード」のメンバーでもあります。

羊はなバンドでは、頭に動物のカチューシャをつけちゃうくらいキュートですが、
クオシモードでは、細身のスーツに身を包み、クールな演奏を披露します。
去年、私は、そのギャップにキューンときちゃいました。
本当に素敵です!!!

クオシモードのライブは、
3月19日(金)20:00〜
金沢マニールで行われます。

お時間のある方は、是非!

yukikotajima 11:44 pm

スキマライブ!

2010年1月31日

今日、富山オーバードホールで行われた
スキマスイッチのライブに行ってきました。

デビューした時に一度だけ(!)FMとやまに来てくれたことがあるのですが、
あっという間に大ヒット!そして、すっかり富山は御無沙汰に…。
と言いつつ、富山ライブは今回2度目。
前回のツアーに続き、ツアーの中に富山を入れてくれたスキマスイッチに感謝!

今後も富山がツアーから外されることは無いように思います。
だって、スキマスイッチ自ら、富山の熱さとこわさを知ったと思うので。(笑)

前回に続き、今回も熱いライブ、そして、熱いお客さんでした。
アンコールが終わってからも、なかなか帰らないお客さん。
というか、まだメンバーがステージ上にいるにもかかわらず、
すでにWアンコールを催促する鳴りやまない拍手。

引っ込もうにも引っ込めないスキマの2人。(笑)

結局、特別にWアンコールをやることに。
あの時のお客さんの歓喜の叫び。
凄かったですね〜。

今回は、スキマスイッチ以上に、
スキマスイッチに魅せられたお客さんのパワーを感じたライブでした。
その熱さ、私は大好きです〜!

yukikotajima 10:19 pm

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND ライブ!

2010年1月24日

昨日の夜、富山市のラッコントで行われた
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDのライブに行ってきました。

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDは、
「BRAHMAN」のメンバーの4人と、
パーカッショニストのKAKUEI、
ヴォーカルで、スコットランド系アメリカ人のバイオリニストMARTIN
を加えた6人によるアコースティック・バンドです。

私は、BRAHMANの富山ライブは、以前、行ったことがあるのですが、
OAUのライブは初めてでした。

OAUのライブは、音楽の波の上をたゆたいながら、
皆で一緒に旅に出ているような気分になった、
癒されたり、興奮したり、笑ったりの、大満足のライブでした。

私は、ステージの真ん中で演奏していた
KOHKIさんのギター演奏&時々はにかむ笑顔にくぎ付けになっていたのですが、
たまたまライブ後、KOHKIさんとお話をするチャンスがあって、
「ライブ中、時々、とても楽しそうに笑っていましたね!」と言ったところ、
「このバンドは、アドリブが多くて、
 その時の気分次第で、演奏をどんどん変えていくから、
 演奏をしながら、おっ!そうきたかっ!と思って、笑っちゃったんだ。
 でも、演奏をしていて、とても楽しいよ。今日も本当に楽しかった。
 お客さんの反応もよかったしね!」
というようなことを楽しそうにおっしゃっていました。
それにしてもKOHKIさん、気さくでいい人でした。
お話をして、ますますファンになりました。かっこいい・・・。

確かに、演奏中、ステージの中央にいるKOHKIさんのところに吸い寄せられるように、
メンバーの皆さんが、お互いの目を見ながら、笑顔で演奏をしている様は、
ライブだからこその光景で、見ているこちらもとても楽しかったです。

OAUの音楽の波に乗った大航海の旅は、
2時間というライブ時間以上に大満足、とても楽しい時間でした。

今も、余韻にひたりながら、去年11月リリースの最新アルバムを聞いているのですが、
うん!やっぱり、とってもいい〜。

そういえば、会場を出ようとしたところ、
なんっと、TOSHI-LOWさんにも挨拶をさせていただきました。
ライブ中は、一切喋らない方なので、ちょっと緊張しましたが、
その緊張も一瞬でとけました。
かなり話しやすく、そして、優しく面白い方でした。

一緒にライブを見に行った、TOSHI-LOW LOVEの久和アナは、
「TOSHI-LOWと喋った〜!!!」
と、その後も大興奮でした。(笑)

そういえば、入社当時は、よく、2人で様々なアーティストのライブを見に行って、
帰りの車の中で、キャーキャー騒いでいたなあ、ということをふと、思いだしてしまいました。

年を重ねても、ときめく気持ち、感動する気持ちを忘れたくないな、と思った一夜でした。

なんか、この間の斉藤和義さんのライブに続き、
今年は、ライブ後の感動が今までよりも大きい気がする。
まあ、そんな自分が好きだったりするのですが。(笑)

yukikotajima 10:46 am

斎藤和義さん!

2010年1月16日

昨日、CLUB MAIROに斎藤和義さんのライブに行ってきました!

楽しすぎて、今も興奮状態が続いています。ルンルンです。
歩きながらも、気分はスキップ♪スキップ♪
鼻歌交じりで、とっても幸せ。
今日も富山は、雪に覆われ寒〜いですが、
私が通れば、雪がみるみるとけてしまいそうなくらい、心は春色です♪

いつかライブを見てみたいと思いながら、
なかなか縁が無く見られなかった斎藤和義さんのライブ。
想像以上に素敵でした!

歌や演奏がうまいことへの感動はもちろんですが、
彼自身から放たれる独特なオーラ?というか色気ですね、が、すごいのです。
やや甘えたような歌声、気持ちのいい間、自然体の喋り。
もう、その全てが好き!
久しぶりに、ライブを見て、キューンときて、胸がじわんと熱くなりました。

すっかり恋する女子です。(笑)

ライブ終了後、ご本人に挨拶をさせていただいたのですが、
緊張するかな?と思いきや、
あまりにも自然体な方だったので、
舞い上がることなく、(笑)いたってフツーに会話させていただきました。

また、富山にライブにきてほしいなあ。

そうそう!
ライブ中、さわりを少し演奏されていましたが、
斎藤和義さんは、1月30日(土)公開の映画『ゴールデンスランバー』
の主題歌&音楽を担当されています。

一足早く、私は映画を見ているのですが、
斎藤和義さんの音楽によって、映画の興奮度がさらにアップ!
相当いい感じです。
また、「ゴールデンスランバー」のカバーも素敵です。

映画も是非ご覧ください!

yukikotajima 2:24 pm

音楽と髭達 09 

2009年9月2日

先週土曜日に長岡で行われた『音楽と髭達』に行ってきました!

去年は、悪天候のため途中で中止になってしまいましたが、
今年は、逆にいいお天気すぎて暑いくらいでした。

ちなみに、今年は・・・
ファンモン、キョンキョン、エレカシ、スカパラ、
スキマスイッチ、ユニコーン、湘南乃風、KREVAの順にライブが行われました。
そして、転換時には、よしもとのお笑いステージがありました。

お笑いパートの司会は、スクール・オブ・ロックのやしろ教頭だったり、
和製ビヨンセがおなじみのビヨンセの曲に合わせて踊ったりと、
サプライズとしてはとっても豪華!

会場内は、スタンディング、シート、テントの3つのゾーンに分かれていました。
私は、シート・ゾーンでシートに座ってのんびり鑑賞していたのですが、
ライブが進むにつれ、シートに座って遠くから静かに見ていることに我慢ができなくなり、
エレカシで心のエンジンの加速が始まり、
ついに、スカパラのライブ途中に、山をかけおり
(観客席は芝生が敷かれたなだらかな山なのです)、
スタンディングゾーンに溶けました。
久しぶりに興奮しました!
炎天下の中、踊りながら、自分にもまだこんな体力&気力が残っていたのか、
と思ったら、どんどん楽しくなってきて、笑えてきました。

その後、一度はシートゾーンに戻り、
(会場内は一方通行のため山を登らなければならず、これが結構辛いのです)
ユニコーンでは、シートゾーンでスタンディング。
(私以外ものシートゾーンの人々も皆立っていました&歌っていました)

そして、湘南乃風では、またしても山をかけおり、
ステージの近くでタオルをブンブンふってきました。(笑)

湘南乃風の熱さとかっこよさに、すっかり惚れてしまった私は、
早速、CDを聞いて復習中♪

熱い男はやっぱりかっこいい!

クレバは、去年雨のためステージに立てなかった
ミュージシャンの歌を少しずつ歌って、去年の悔しさをはらす、
というサプライズを披露し大盛り上がりでした。

そういえば、新潟のB級グルメの「イタリアン」を食べました。
私は、あの味、好きです。
美味しかった!

久しぶりの夏フェス、思いっきり楽しんできました♪
行く前は、久しぶりの夏フェスに、やや不安も感じていましたが、行ってよかった!
夏の終わりに夏フェススイッチが入ってしまった感じです。
あ〜、もっと色々行きたかったな〜!

yukikotajima 9:58 pm

ロンショ⇒カターレ富山

2009年8月16日

今日、カターレ富山VSアビスパ福岡の試合を見に行ってきました!
試合開始は18:00〜でしたが、
LONG SHOT PARTYのライブを見るため、会場に着いたのは16:30。

ロンショの新曲「ハートビート」が、
スカパー!Jリーグ中継オフィシャルソングになっていたため、
試合前にライブがあったのでした。

17:00前でもまだまだ厳しい日差しが照りつける暑い中での野外ライブ。
いや〜、暑かった!
扇子をあおぎながらライブを見る私の横で、
飛んで跳ねてのカターレ富山の青いシャツ軍団。
汗が飛び散る熱いライブでした。

ライブの後、かき氷を食べ、クールダウン。
実は、この夏初のかき氷。日陰で風に当たりながらシャリシャリシャリ。

元気を取り戻し、会場へ。
18:00から、アビスパ福岡との試合がスタートしました。
会場内の様子は、ご家族連れが多かったかな。
お盆の最終日を親子でサッカー観戦で過ごす。
ちょっとあこがれちゃいます。
ちなみに、お客さんの数も5,325人。今シーズン最多だったそうです。

ここのところ、6戦負けなし(4勝2分)のカターレ富山。
今日は、第2クールの最終戦でした。

結果は、1−1の引き分け。
前半、先に福岡に得点を許し、
後半、桜井選手の得点で同点に。

試合後、監督や選手の話を聞きました。

楚輪監督は、「気持ち」という言葉をよく使っていました。
「前半は気持ちが見えなかった。
 ハーフタイムでは「気持ち」をもって戦おう!ということを選手に伝えた。
 その「気持ち」を出すために桜井を入れた」のだそうです。
その桜井選手が、後半に1点入れて、同点に追いつき、ホッ。
試合後は、満面の笑みで「嬉しい」と話していました。
このまぶしい笑顔が何度も見られるといいなあ。

そして、逆に悔しそうな表情をにじませながら話をしていたのは、GKの中川選手。
「負けはしなかったけれど、でも、勝ちたかった試合だから、悔しい。
 後半はうまい具合にリズムを作れた。このリズムを前半からつかめればよかった。
 ボールを保持していたのは富山の方が多かっただけに悔しい!」
ストイックな中川選手らしい言葉でした。

そういえば。
野嶋選手が出た試合は「負けない」のだとか。
今日も引き分けでしたので、これで10試合連続で負けなしなんですって。
この不敗神話。どこまで続くかな?

ちなみに、次回のホームゲームは、
9月2日(水)19:00〜
現在、1位のセレッソ大阪と対戦します。

yukikotajima 11:23 pm

サマボ

2009年7月20日

おとといの土曜日、サマボことサマー・ボイス・カーニバルに行ってまいりました。
富山の夏フェス、とでもいうべき音楽イベントです。

県内外のアーティストが勢ぞろいし、土日の二日間、
昼から夜まで太閤山ランド野外劇場でライブを繰り広げるものです。

私は、サイゲンジさん、ティック、そしてファンキストのライブを見ました。

去年に続き、太閤山ランドに入ってから道を間違え、遠回りして野外劇場へ。
どんどん近づくサイゲンジさんのパワフルな歌声。
最初から見られなかったことを悔みつつ、一瞬で会場内のテンションに溶け込む私。
そして、一緒にファンデも溶けまくる私。
道を間違え走って会場へ向かったため、
椅子に座るや否や大量の汗が噴き出てきたのでした。
でも、その分、夏気分を味わえましたが〜☆

サイゲンジさんのライブは、いつもとても楽しそうです。
本人が楽しんでいるから私も楽しい。
そしてとても自然体。
歌声も演奏もパワフルなんだけど、肩の力は抜けていて、とても自然体。
そんな彼の作り出す世界観が、野外の空気にぴったりはまっていて、とても素敵でした。
会場内の天井につるされたブリキの魚たち&まるで海の波のような青い布と、音楽が、
気持ちよくつながっているように思えました。一体感がありました。

次に登場したのが、金沢出身の3ピース、ティック。
さわやかでした〜。
ティックのライブは、清涼感がありました。
風に揺れるブリキの魚たちが、
ティックの曲にのせてユラユラ揺れていて、本当に泳いでいるみたいで、
まるで、海の中にいる気分。
気付けば、私の汗もすっかりおさまって、すがすがしさでいっぱいでした。

ラストは、去年初めて見た瞬間ファンになったファンキスト。
「みんな前においでよ」というボーカルの染谷さんの一言で、
会場内、スタンディングのライブハウス状態。
梅雨どき富山が一瞬で常夏の南国にチェンジ〜!
パワフルでエネルギッシュで、本当に楽しかった。
でも、ファンキストは、イキオイだけではないんです。
ちゃんと伝えているんです。メッセージを。
だから、ギュッと心をつかまれるんだろうなあ。

今回のサマボ。
去年に続き、音楽ももちろん素敵でしたが、大きなブリキの魚さんたちにも癒されました〜。

あ、海にも行きたくなってきた。
そういえば、今日は海の日でしたね!
梅雨が明けたら行ってこよっかな〜。
かき氷を食べに。

yukikotajima 8:38 pm

オレペコライブ@ラッコント

2009年7月10日

先ほど、富山市のラッコントで行われた
オレンジペコーのライブに行ってまいりました。

デビュー以来、オレペコのライブは何度も拝見していますが、
変わらない部分と、いい意味で変わったところのバランスがとてもいいのです!
今回は、今までで一番パワフルなライブだったように思います。

トモジさんは、笑顔も踊りも歌声も、すべてがはじけていました!
踊っている様子も、とってもキュート♪
そしてカズマさんも、今回は、はじけた歌声を披露していました。
照れながらも大きな声で歌い上げている様子は、
今までにないカズマさんの姿で、こちらもある意味とってもキュート♪

そうそう、いいはじけっぷりと言えば、
お客んたちも、かなりはじけていました。
ライブ終了後、一人ひとりのお客さんの表情をこっそり拝見していたのですが、
皆、満たされた顔をされていました。
リリースされたばかりのNEWアルバムを購入している方も多かったです。
きっと帰りの車の中でライブの余韻に浸りながら帰ったんでしょうね!

私も、このライブ後の余韻。大好きです☆

yukikotajima 11:29 pm

ユーミンコンサート☆

2009年7月2日

昨日、大雨の中、行ってきました。
ユーミンのコンサートに!!!

松任谷由実さんのコンサートは初でした。

私の友人の一人にユーミンの大ファンがいて、いつも話を聞いていたので、
すっかり見に行ったような気持ちになっていましたが、
いやいや、百聞は一見にしかず、ですね。
見に行ってよかった!
そして、彼女がいつも興奮混じりに熱く語っていたのがよ〜くわかりました。

コンサートというよりもショーに近く、
物語性もあって劇のようでもあり、
まるで夢の世界にいるような感じでした。

もう何百回と歌っているであろう曲も、
まるで初めて世に出す曲のように大切に歌っているように感じられました。
ずっと新鮮さを保っている感じ。
みずみずしくて、でも、深みもあって。

それから、こんなことを言うのは、とても生意気かもしれませんが、
ユーミンは、とてもキュートな女性でした。
はじけたかわいさがあって、あぁ、私もこんな大人になりたいな、と思いました♪

ひと時の華やかな夢の時間。
もちろん目覚めは最高でした☆

yukikotajima 7:59 pm

座り続けた週末。

2009年6月21日

昨日、今日と椅子に座り続けました。笑

まず、昨日は、クロスランドおやべで行われた
『虎平太まつり2009〜越中男唄慕情』に行ってまいりました。
男性アーティストばかり7組によるアコースティックギター弾き語りライブです。

16:30スタートで、終わったのは、21:00。
休憩なしの4時間半!
でも、あっという間だったなぁ。

では、登場順に簡単にライブレポです。

★山崎雄弘さん

富山出身のゆうさん。
久しぶりに見たライブは、今までで一番大きく見えました。
以前は、年齢性別のわからないところが、
ゆうさんの魅力の1つのようにも思えましたが、
今回は、キリリと強さのある男らしいライブで、
ちょっとドキッとしてしまいました。

★坂本サトルさん

なぜ2番目なのかというと、
ライブ終了後、すぐに東北へ行かなければいけなかったから。
圧倒的な存在感&声量で、お客さんをくぎ付けにしていました。
次に登場する平さんのことを「印税王」と言い出し、
笑いを誘ったのもサトルさんでした。
一瞬にしてお客さんを引き込むそのパワーはさすがです。
ライブでもトークでも強く印象を残していました。

★平義隆さん(from The LOVE)

今回のライブの「キーワード」になっていたのが「印税王」。
(実は、嵐に提供した楽曲がヒットしたことがその理由です)
サトルさんが発したことで、最後まで皆が引っ張り続けました(笑)。
小柄な体のどこから?と思えるほどの伸びやかでソウルフルな歌声。
そして、顔全体を使ってくしゃっと笑うその笑顔。
ライブを見ていたお客さんたちの顔も優しい表情をしていました。

★タニザワトモフミさん

たぶん、今日登場のアーティストの中で一番たくさんライブを見ていると思います。
今回も私の大好きな歌声が存分にいかされた心地いいライブでした。
近所の森で撮ってきたという音に合わせたひいたウクレレの音色は、
あまりにも優しすぎて、心の奥の方をノックされたようで、
目の前がユラユラ。心もユラユラ。
ラピュタのカバーも心にぐっときました。
何度見ても毎回新鮮な感動を生み出してくれるタニザワさん。
すごく濃いひと時でした。

★伊藤多賀之(ex ブリーフ&トランクス)

濃いといえば、伊藤さんのライブは、別の意味で濃かったです(笑)。
一瞬にして、会場内の雰囲気をガラッと伊藤ワールドへチェンジ!
いや〜、笑いました。
絶妙なはずし具合の「不協和音 」、
チェ、チェ、チェという繰り返しが頭に残る「生活の知恵」、
そして、ブリトラ時代の「青のり」も聞けて大満足。
一瞬にしてファンになりました。本当に楽しかったです。

★広沢タダシさん

先ほどの伊藤さんの独特な世界観を心地よく断ち切ったのが、広沢さん。
CDを聞いた印象では、とても優しくて穏やかな人というイメージだったのですが、
心地よく裏切られました。
もちろん、CDも素敵なんだけど、ライブはその何倍も素敵でした。
声のちから。歌のちから。曲が、心にしっかりと根をはって残りました。

★ 阿久のぶひろさん(ex RAZZ MA TAZZ)

ラストを飾ったのは、阿久さんです。
歌っている最中に、ふと横を向く時があって、
その横顔に照明がちょうど当たって、とても色っぽかったです。
とても美しい人でした。
でも、ライブは、届けたい思いを歌にのせて、
まるで心の中を叫びを吐き出すかのごとく、力のこもったライブで、
そのギャップが素敵でした。

ということで、ライブレポでした。
4時間半をコンパクトにまとめるのは、難しいな〜。
一言で言うなら、とにかくいい時間を過ごせました。ということです(笑)。
 
★おまけ

クロスランドタワーにのぼってきました!
tower.jpg
エレベーターです。
100.jpg
100階ではなく、100メートルです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう。ブログの最初に書いた「座り続けた」という話。

今日は、サッカーのカターレ富山の試合を見に行ってきました。
残念ながら、ロスタイムに点を入れられ、引き分けとなってしまいましたが、
試合内容は、アグレッシブで面白かったです!
まぁ、勝てたら、もっと気持ちよかったのですが。

それにしても相手チームのヴァンフォーレ甲府のサポーターの皆さん、熱かったですね〜。
もちろん選手も。
最後の最後まで決してあきらめない強さがありました。
あの一体感。ちょっとうらやましくも思いました。

ということで、私の座り続けた週末でした。
私は、ただただ座っているだけだったけれど、
得るものはたくさんありました。
今度は、私から出す番!
明日かの1週間もがんばるぞ〜。

yukikotajima 9:30 pm

生!生!生!

2009年5月31日

今週末のご報告を。

昨日は、去年、「音の匠」に選ばれた、
富山県立山町出身のナレーター、中村啓子さんの朗読会に行ってまいりました。

NTTの時報や番号案内、NTTドコモの留守番電話サービスでおなじみの方です。
「おかけになった電話番号は電波の届かないところに・・・」の。

富山の方の声ということを、ブログをお読みの皆さんは、ご存知でしたか?

中村さんは、正確なアクセントを身につけるために
4冊のアクセント辞典を熟読されたそうです。
富山は独特なアクセントですので、きっとアクセントに関しては、
かなり努力されたのだろうと思います。

実際の中村さんは、常に笑顔と感謝の気持ちを絶やさない、
品のあるとても素敵な方でした。
声も美しいけれど、そのふるまいもとても上品で美しかったです。

朗読会も大変勉強になりました。

自分のがさつさが恥ずかしくなりました・・・。
色々な意味で勉強になった朗読会でした。

 

さて。
今日はというと、昼間は友人と富山市中心市街地へ。
山王さんが目的ではありませんでしたが、
せっかく行ったのだからと、雰囲気を味わってきました。

何に一番驚いたかって、
ゾウのバイクにまたがる巨大な仁王像には、思わず後ずさりしちゃいました。
明日までグランドプラザで見られるみたいですよ〜。

ほんのひとときでしたが、山王さんを味わった私は、
ナイトメアのライブを見に、クラブマイロへ。
初体験です。
ライブ経験者の知人から、
最初はちょっとビックリするかもしれないけれど、楽しいよ!
と言われていたのですが、やっぱり最初はビックリしました(笑)。
ある意味、本当のお祭りは、こちらかもしれないと思いました。
メンバーの演奏もソリッドで、その上、色っぽさもあってかっこいい。
でも、MCになると、気さくで楽しい。
かと思えば、演奏が始まった瞬間、ライブモードになる。
そのギャップに、ドギマギ、おろおろし続け、
やっと慣れた頃にライブが終わっていました(笑)。
でも、楽しかったからいいのですが!

最近、たくさんのライブを見ては、毎回、お客さんの熱さを感じていますが、
今回はの熱さは、色々な意味でナンバー1だったかもな〜。

それにしても、最近「熱い」スポットに引き寄せられるように、
出かけているような気がします。
私自身が「熱さ」を求めているのかしらね。

どんなジャンルでも、何かを好きで、それを信じ、夢中になっている姿は、美しいと思う。

熱い人や熱い場所に触れるのはもちろんだけど、
私自身も熱い人間でいつづけたい、と、
ライブ後に息を整えるお客さんたちの呼吸に合わせながら、
独り言をぽつり。

やっぱり生はいいもんだ!

yukikotajima 11:10 pm

ボウディーズ

2009年5月28日

昨夜、高岡のクローバーホールで行われたボウディーズのライブに行って来ました。

ライブは午後11時ごろからのスタートということで、
その前に夕飯をとるため、某カレー屋さんへ。
そこでは、1テーブル3000円以上カレーを食べると手相を見てくれるのです。
せっかくなので、帰り際、見てもらいました。
私が言われたことは3つ。

「結婚はできるけど、あなたに問題が・・・」
この先は、言えません。いや、言いたくない。(笑)

「海外生活を3ヶ月以上することになるよ」
英語を勉強せねば!というか、私が行くことになる国では英語は通じるのか?

「今の仕事は向いてるよ!」
これが一番嬉しかったです。
仕事、頑張ります!!!

とりあえず、仕事を頑張ることを誓った私は、クローバーホールへ。

お、いるいる!
たくさんのお客さんが外に出ていました。
今回はイベントでしたので、色々なアーティストが登場していました。
皆、お酒を飲み、いい感じでほろ酔いな雰囲気。
そんな中、会場に入ると、力強い歌声が・・・。
「あ〜!怒髪天」
ちょっとしか見られなかったけれど、さすがベテラン!
しっかりと私の耳に目にその存在を残していきました。

まだまだ怒髪天の余韻が残る中、登場したのは、
FMとやまのパワープレイにも選ばれていたボウディーズ!

私の前には、背の高いお兄さんが、1人。2人。3人。
み、見えない。
身長166センチ。さらにヒールを履いているにもかかわらず見えない。
途中からは、音を楽しもう!と見えないことをあきらめ、音に集中しました(笑)。

CDを聞いた感じは、とてもワイルドで、年齢も国籍も不明な感じでしたが
(実際、私は初めて聴いた時は洋楽だと思ってしまったし)、
ライブは、ワイルドさに加えて、若さも感じられて、
その若さゆえの勢いがあって、等身大のボウディーズが見られました。
ライブはもちろん、楽しかったです♪

ライブ後、メンバーの皆さんに挨拶させていただいてビックリ。
汗の量にもビックリしましたが、皆、若かった。
しかも、爽やかときたもんだ。

ライブ中、あまりメンバーの姿を見られなかった分、
そのギャップにビックリしました!

楽しい一夜でした。

上野アナもブログに書いてるけど、
週の真ん中でもこんなに熱くなれる富山の人たち!
素敵です!

yukikotajima 5:00 pm

スカーズ・ボロ

2009年5月22日

先ほど、ソウルパワーに、スカーズ・ボロのライブに行ってきました。

スカーズ・ボロ、ご存知ですか?

ELLEGARDENのドラム、高橋宏貴さんによる新バンドです。

4月に1st Mini Album『Scars Borough』をリリースし、
5月2日から全国ツアーがスタート!
そして今夜、富山でライブがあったというわけです。

エルレとはまた違った勢いのあるバンドで、とにかくパワフル!熱い!ライブでした。

最初は、腕を組んで後ろの方で見ていたお客さんが、
ライブが進むにつれ、我慢できずに前の方に飛び込んでいく様子が、
見ていて、とても気持ちよかったです。

ライブ後、高橋さんと少しお話をしたのですが、とってもいい人でした!
いや・・・最初は、正直ちょっとこわかったのですが(本人にも言いました。笑)、
まったくそんなこと無かったです。
気さくで面白くて、素敵なお兄さんでした♪

エルレといえば、ボーカルの細美さんも
新バンド・the HIATUS(ザ・ハイエイタス)を結成!
来月から全国ツアーがスタートします!
残念ながら富山にはやってきませんが、
6月17日(水)に金沢EIGHT HALLでライブがあります。

こちらも、見たい〜〜〜!

yukikotajima 11:48 pm

まさやん

2009年5月9日

昨日、山崎まさよしさんのライブに行ってきました。
ずっと見たいアーティストの1人でしたので、
とても楽しみにしていました♪

さすが、まさやん。
歌がうまいのは、言うまでもないことですが、
お話もとても楽しかったし、とても心地よかった。
まさやんは自然体なんです。
ここには、私とまさやんの2人しかいないかも〜♪
と勘違いしてしまいそうになるくらい。
言ってみればラジオっぽい感じかな。

多分、私と同じように勘違いをされていた女性!
多かったんじゃないかな。

私は直接お会いしたことは無いけれど、
きっと、自然体で心に寄り添うようにお話をされるんだろうなぁ。
と、1人頭の中で妄想インタビューを始めようとしている私がいました。(笑)

とても居心地のいいライブで癒されました。

そういえば、グッズもナチュラルな雰囲気で素敵でしたよ!
Tシャツも普段使いできそうでしたし、パーカーもキュートでした♪

まだまだツアーは続くようですので、
これから行かれる皆さん、是非、グッズもチェックしてみてね。
って、私に言われなくても、チェックするか・・・(笑)

来週水曜日には、ニューアルバム「IN MY HOUSE」がリリースされます。
楽しみだ!

yukikotajima 2:24 pm

いきものがかり

2009年4月30日

ビタミンシャワー☆

先ほど、教育文化会館で行われた
「いきものがかり」のライブに行ってきました。

ライブを見終わった瞬間、ふと頭の中に浮かんだ言葉が「ビタミンシャワー」でした。

きよえちゃんの元気イッパイの歌声は、聞いている人みんなを元気にする歌声で、
まさに、ビタミンボイスでした。
そして、歌が本当にうまい!
あんなに高音なのに、まったく外さず、
しかも、最後まで声がかれることなくのびやかな歌声のままでした。

きよえちゃんはもちろん、山下君や水野君も、穏やかで優しかったです。
そして、見に来ているお客さんも、優しくてあたたかかった!
ライブ終了後、メンバーの皆さんに挨拶をさせていただいたのですが、
富山のお客さんの反応のよさに感動されていました。
初めてのライブとは思えないようなあたたかさだった、と。

ちなみに、見にいらっしゃっていたお客さんは、
制服姿の学生さんが多かったように思いますが、
小さなお子さんもいれば、おじいちゃんやおばあちゃんもいて、
まさに、3世代で見にいらっしゃっているような感じでした。

この客層の幅の広さは、全国各地の会場でも同じような状況なんだとか。

特定の世代だけではなく、みんなから愛される「いきものがかり」。
次、富山でライブをされる時には、
かなり大きな会場でのライブになっているかもしれませんね。

そういえば、ステージ上にいるきよえちゃんを見ながら、
なんとなく、笑った顔の雰囲気や、立ち方、服装が、
後輩の上野アナに似ている気が・・・。

yukikotajima 11:30 pm

バスケ、ライブ、〆は『クローズZERO2』(23)

2009年4月26日

昨日は、一日めいいっぱい活動していました。
昼間も用事があって出かけていたのですが、
夜からの活動がすごかった。

まず、富山グラウジーズの会場へ。
後輩の上野アナと合流。
今シーズン最後の試合を見てきました。
(今日は、用事があっていけないので・・・)

残念ながら負けてしまいましたが、
水戸さんやカズさんの粘りあるプレーに、
来シーズンへの期待がもてたような気がします♪

今までお疲れ様でした〜。

試合終了のホイッスルとともに、
上野アナと走って向かった先は、オーバードホール。
富山を中心に活動している「アペラッチャコ」のライブを見ました。
思いっきり遅刻だったのですが、でも、間に合って良かった〜。

地球をイメージしたステージの中での演奏やダンサーたちのダンスは、
まるで宇宙の中をふわふわ漂っているような不思議な感覚になりました。
でも、MCになると、コテコテの富山弁(笑)。
そのギャップが素敵でした♪

スポーツ観戦&ライブを味わい、興奮気味の私と上野アナは、
このまま帰るのも、なんか勿体無い!と思い、なぜか、映画館へ(笑)。
『クローズZERO2』を見て、家に帰ったときには、もう夜中でした。

なんか、1週間の出来事を1日でやりつくしたような感じでした。
 

ちなみに『クローズZERO2』は、面白かったですよ〜!
「たじまゆきこ=イケメン好き」
という方程式から、はいはい。どうせ、イケメンを見に行ったのでしょ?
と思った方が、きっと多いことと思います。

認めます(笑)。

でも、それだけじゃありません!
まず、音楽の使い方がとてもかっこいい〜。
テンポが良くて、とても気持ちいい。
あ、でも、ケンカのシーンは、気持ちよくないけどね。(苦笑)
ひ〜っと、何度、目を覆ったことか。
でも、かっこよかったですが。
ケンカを肯定しているわけではないので、誤解しないで頂きたいのですが、
クローズは、武器を使わず素手で戦え!とか、本当に強い奴は誰か?とか、
時代が違えば、武士に通じるところもあるように思えて、
途中から、時代劇を見ているような気持ちになってしまって、
それもあって、かっこよく見えたというわけです。

そして、男たちの友情って、なんかいいな、とうらやましくも思ったり。

これまた、男たちが、皆、いい男で。
(やっぱりこの話題は外せませんね。笑)
帰りの車の中で、あの人、かっこいい〜!アレは、誰だ?
などと、上野アナとイケメントークをしながら、大盛り上がりでした。
こういう話ができるのも、女子同士ならでは!
これぞ、ガールズトークです。

いやいや、もう、ガールズじゃないでしょう〜って?

大丈夫。
クローズZEROに出演している高校生たちの中には、
私と同い年もいますから(笑)。

yukikotajima 9:39 pm

FUNKY MONKEY BABYS

2009年4月22日

私の今年のテーマは「軽やか」。
本当は、走る予定だったのですが、
ひざを痛め、断念・・・。

そのかわり、フットワーク軽く色々なところに出かけています。

冬の間は、たくさんの映画を見ましたが(もちろん今も見ています)、
春になってからは、たくさんの桜を見ましたし、
と同時に、私のライブ熱が再燃!
春になって、富山でのライブが増えたこともあり、行きまくっています。

今月に入ってから、何組行ったんだろ・・・。

ピアニスト・ソルトさんからスタートし、
アクアタイムズ、タニザワトモフミさん、たむらぱん、
ベースボールベアー、ラッドウィンプス、
そして、昨日は、FUNKY MONKEY BABYSのライブに行ってきました。

おっ!7組目です。

仕事が終わらず、遅れての参加になったのですが、
会場内に一歩足を踏み入れると、足の置き場をやっと確保できたくらいの人の多さ。
そして1曲終わった瞬間、会場内のドアが開放され、
スタッフの皆さんが、大きなダンボールをうちわがわりにして、空気を送っていました。

どうやら、ライブ前半に、エアコンが壊れ、そこから水が放出したようで、
ライブハウス内の湿度あがってしまったようです。
その影響で、スピーカーの調子が悪くなり、10分間のライブ中断。

そのおかげか(!?)
なんと今回のツアー初のダブルアンコール!!!をしてくれました。

メンバーの皆さんも、色々な意味で心に残るライブだった、と言っていました。

もちろん、トラブルが起こらなかったとしても、心に残るライブだったと思いますが、
今回は、それ以上に、一人一人の胸に刻まれたライブになったんじゃないかな。

そして、そういうトラブルがあったときこそ、人の本質が見えるわけで。

あらためて、今回、ファンモンの性格のよさを知ることができたように思います。
おととし初めてライブを見た時も、なんていい人たちなんだ〜!!!と感動しましたが、
売上1位をとっても、日本武道館ライブが決まっても、
以前と全く変わらないファンモンに安心。

ファンモンが、世代性別問わず、たくさんの方から愛されているのがわかりました。

本当にありがとう!
楽しいひとときでした☆

yukikotajima 9:31 am

ラッドウィンプス

2009年4月21日

昨日、ラッドウィンプスの富山初ライブに行ってきました。
15分おしでライブスタート!
メンバー登場とともに、会場内のお客さんは、
まるで磁石のごとくステージに吸い寄せられ、
イントロクイズでもしているかのように、曲が始まった瞬間、本当にその瞬間、
「お〜」とか「きゃ〜」とか、感動の叫び。
そして、大合唱。ボーカルの洋次郎君の声を打ち消すくらいの全員の大熱唱。
それが1曲目からだったから、ビックリです。
お客さんたちに圧倒されるばかりでした。
こんなに熱狂的なお客さんたちを見たのは久しぶりでした。

1曲目を聞き終え、2曲目、3曲目と進んでも、
お客さんたちのパワーは衰えることなく、
どの曲もイントロが聞こえた瞬間、感動の叫び声を発し、大熱唱!

ラッドウィンプスのメンバーの演奏も歌も、
CD以上のパワフルさで、とても力強かったです。
CDを聞いた感じは、もっと繊細なイメージがありましたが、
ライブは、やっぱり違いますね!
いいライブでした!

メンバーの皆さんは、前日に富山入りしていたらしく、
富山市長選やっていたね!とか、白えび食べたよ!とか、富山の話題もさりげなく披露。
そして、ことあるごとに「楽しいよ」を連呼。
富山のお客さんの心をがっちりつかんだだけでなく、
女子たちは、もうメロメロになっていました。

素直に喜びをあらわし、感謝を口にする。
会場全体に、ピュアな気持ちが充満していました。

「カリスマ」

ちょっともう言葉が古いかもしれないけれど(苦笑)、
人を惹きつけてやまない彼らを見ていたら、そう思えてなりませんでした。
この先、どれだけ大きくなっていくんだろう。

どんなに大きくなっても、また、富山にきてね〜! 

yukikotajima 9:59 am

ベースボールベアー

2009年4月17日

先ほど、富山市のソウルパワーで行われた
ベースボールベアーのライブに行ってきました。

いや〜熱かったし暑かった(笑)。

仕事があって、途中から参戦したのですが、
会場に入って10秒で、体中から汗が噴出してきました。
暴れてもいないのにですよ(笑)。
でも、そのおかげで途中参戦でも、すぐにライブに入っていけましたが!
岩盤浴よりも汗をかいたような気がします(笑)。

久しぶりに、これぞ、ライブ!!!というものを体感したような気がしました。

ベースボールベアーのライブは、ずっと行きたかったライブの1つだったので、
今回は、かなり楽しみにしていましたが、期待を上回るライブでした♪

私が、彼らを好きな理由は、曲やボーカルの小出くんの声が好きなのはもちろんですが、
彼らから発せられる「勢い」と、やや、ツンとすました雰囲気が、好きなのです。
媚びないけれど、でも、自分勝手ではない感じ。
そのあたりのバランスがとてもとれているような気がします。

ライブも想像していた以上によかったです!
MCも面白かった〜!
小出くんは、頭の回転がはやい。
ちょっとした会話を面白く広げたり、アクシデントを笑いに変えたり、
自由自在なんです!
ほんっと楽しかったなぁ。

今回が初の富山ライブだったそうですが、
たぶん、また来てくれるんじゃないかなぁという気がしてなりません。(笑)

その前にどうしても見たい方は、
5月9日(土)に、金沢エイトホールでライブがありますので、
ぜひ、ご覧になってみてください♪

私もまた行こうかなと真剣に考えています!

yukikotajima 11:15 pm

アクアタイムズライブ♪

2009年4月8日

昨日、オーバードホールで行われた、アクアタイムズのライブに行ってきました。

仕事の都合で遅刻をしてしまったのですが、
会場の扉を開けた瞬間、まぶしかった〜!!!
アクアタイムズの醸し出す光と、それを受け止めたお客さんたちから発せられる光。
ハッピーオーラが会場全体を包んでいました。

私は、アクアタイムズのライブは、初めてだったのですが、
盛り上げるところと聞かせるところのバランスが絶妙!
そして、「メッセージ」をちゃんと届けたい!
という純粋な思いが、まっすぐ伝わってくるライブでした。

特に、ボーカルのフトシさんが、
曲に入る前に、必ず、まるでポエトリーリーディングのように、
または、DJのイントロのせのように、
その曲についての思いを語るのですが、
そのメッセージが、どれも本当に素敵で、
1度限りではなく、心が折れそうになった時に何度も聞きたいと思いました。
それこそ、それだけを集めた詩集があったら、いいのになぁ。

言い回しは違いますが、私が、一番心に残ったのが、これ。

人は、自分ばかりが大変だと思ってしまいがちだけど、
自分自身に向けられる興味を、他の人にも向けてみて。
きっと優しくなれるから・・・。

ちょっと違うかもしれませんが、たしか、そのようなことを言っていました。

私自身も、最近、いつもそのことを考えています。
でも、頭ではわかっていても、なかなか出来ないのですけどね・・・。

昨日のライブで、この言葉を聞いた人が、
また別の誰かに、この言葉、この思いを伝えて、
人を思いやれる気持ちをもった人が増えたら、いいなぁ。

やっぱり、世界を変えるのは、人の気持ちを変えるのは、「音楽」なのかもな、と、
ライブの余韻に酔いしれるお客さんの表情を見ながら、確信しました。

yukikotajima 11:05 am