ブログトップページはコチラ

影踏み鬼

2015年4月29日

今日ご紹介する本は、

葉室 麟(はむろ・りん)さんの

『影踏み鬼(かげふみおに)新撰組篠原泰之進日録(文藝春秋)』

です。

葉室 麟さんと言いますと、
『蜩ノ記(ひぐらしのき)』が直木賞を受賞し、映画化もされました。

本をお読みになったり、
映画をご覧になったりした方もいらっしゃるのでは?

『蜩ノ記』は、私も大好きな作品です。

『影踏み鬼』は、そんな葉室さんの今年1月に発売された時代小説、
それも新撰組の物語です。

近藤勇、土方歳三、沖田総司といった
よく知る新撰組のメンバーももちろん登場します。

でも、主人公ではありません。

この物語の主人公は、篠原泰之進(しのはら・たいのしん)です。

ご存知ですか?

伊東甲子太郎を慕って新撰組に入隊し、
後に赤報隊に身を投じた久留米脱藩隊士です。

東国ではなく久留米です。
新撰組というと東国の人たちの印象が強いですが、
九州出身で隊士になった人も結構いるのだとか。

そんな彼の眼を通じて見た、
新撰組の隆盛と凋落が描かれた時代小説です。

篠原泰之進は、たぶん女性からは好かれると思います。(笑)

おきてを破ったら切腹!
という色々厳しい新撰組の中でも、
篠原泰之進は自分らしさを貫いていきます。

たとえば、彼は新撰組に入ると約束した日よりだいぶ遅れてやってくるのです。
理由は女性に会っていたからです。
いや、正確には女性を守っていたのです。

普通だったら、そんな男は新撰組にはいらない、
それこそ、切腹だー!と言われてしまいそうですが、
彼は新撰組に入れます。

新撰組に入ってからの日々はというと、
もちろん、仕事はしっかりします。
なんといっても強いですから。

仕事はきっちりこなし、家族も守る。
でも、愛の伝え方は不器用。
そこがまた素敵なのですが。(笑)

ね?女性が好きそうでしょ?

敵味方がころころ変わっていく時代の中で、
彼は、ぶれずに自分にとって大事なものを大切にしながら生きていきます。

『影踏み鬼』は、泰之進が新撰組に入ってからの日々を中心に描かれています。

泰之進には、新撰組はどのように見えたのか?

ぜひあなたものぞいてみて下さい!

***

新撰組ファンの方はもちろん、
GW中に、何か本を読んでみたいなあという方も是非!

また、この本を読むと、他の新撰組の本も読みたくなるかも。

私は以前、NHK大河ドラマの『新撰組!』を見たときに、新撰組にはまり、
色々小説を読んだのですが、あらためて読んでみたくなりました。

最後に、かなり個人的な感想ですが、
この本には、大河ドラマではオダギリジョーさんが演じていた
齋藤一もたくさん登場するのですが、
この作品の齋藤一がオダギリジョーさんそのものの雰囲気で、
そういう意味でも楽しめました。(笑)

映画化されることがあれば、またオダギリジョーさんに演じていただきたいなあ。

yukikotajima 12:19 pm

冷蔵庫を抱きしめて

2015年4月22日

今日ご紹介する本は、荻原浩(おぎわら・ひろし)さんの

『冷蔵庫を抱きしめて(新潮社)』

です。

荻原さんといいますと、
渡辺謙さん主演で映画化もされた『明日の記憶』が有名ですが、
私は新幹線内で読めるフリーペーパー
「トランヴェール」の旅エッセイも好きでした。

でした、と過去形で書きましたが、
実は先月で連載が終わってしまったのです。

さみしい…

と思っていたら、新刊が出ていました。

やったー!

『冷蔵庫を抱きしめて』という短編集です。

タイトルを見ただけでは、全く何の話かわかりませんでした。

表紙のイラストは、タイトル通り女性が冷蔵庫を抱きしめている絵で、
本屋さんで見るとかなりインパクトがあります。

内容は、現代人の心の闇を描いた短編集です。

人知れず悩んでいること、あなたにもありませんか。

子供のようにワーワー泣き叫んだり暴れたりしたら
楽になるかもしれないと思うけれど、
そんなの絶対にできない。

だから、我慢をするしかない。
心に鍵をかけてしまえばいい、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、忘れたふり、気づかないふりをしただけでは、何も変わらないのですよね。

この本にも、心に闇を抱えている方たちがたくさん登場します。

何かしら悩みを抱えている方は、
きっと、この本の登場人物たちと自分自身を重ねてしまうんじゃないかな。

これは自分だ、と。

そして、彼らがどのように心の闇と闘っていくのか気になり、
ページをめくる手が止まらなくなると思います。

私は、止まらなくなりました。

***

私が、もっとも心動をかされたのは、最初に収録された作品。

主人公は、2歳の娘をもつシングルマザーです。
彼女は付き合っている男性からDVを受けています。

その暴力は娘にも向けられ、
娘を守るため、彼女は男性に気付かれないよう、あることを始めます。

同じように暴力に苦しむ女性たちの中には、
この方法があったか!とこれを始める人が増えるかも!

このお話を最後まで読んだとき、涙が出ました。

他にも、マスクをつけないと人前に出られなくなってしまった男性の話や
心の中で思ったことを無意識のうちに口に出してしまう男性の話などがあります。

この無意識に喋ってしまう男性は、デパートの洋服売り場の店員をしているのですが、
太めの女性には「クイーンサイズコーナーはあちらです」、
香水がきつめの女性には「くさい」などと言ってしまうのです。

悪気はないんです。
だって彼には口に出したという自覚がないから。
でもばっちり相手に聞かれているのですが。

さて、この男性は結局どうしたと思いますか?

彼は、いろいろ頑張ります。前向きに。

そして…。

といったお話が全部で8話収録されています。

***

まもなく5月。
5月病なんて言葉もありますが、ちょうど疲れの出てきやすい頃ですよね。

新年度から気合を入れて頑張ってきたものの、
ちょっと疲れちゃったなという方や、
私さえ我慢すればいいんだと心に鍵をかけてしまっている方、
試しに読んでみて下さい。

ちなみに、本の帯には、こう書かれています。

「あなたの心、解放します」

***

それから、この本を読む時は、最後までしっかりページをめくってくださいね。

なぜかって?

それは読んでのお楽しみ!

yukikotajima 9:10 am

30秒でありがとう!

2015年4月8日

こんにちは。

せっかく桜が咲いたのに、
開花した翌日の木曜日以外、
全て雨か曇りのすっきりしない天気がつづていましたが、
やっと晴れてきました!

しっとりした桜もいいけれど、
青空とのコントラストこそ美しいなあと思います。

貴重な晴れ間。
大切にしたいですね。

さて、先週の月曜からgraceでは、
FMとやま開局30周年を記念して、
「30」をキーワードにお届けしています。

毎日お届けしていましたが、
今日と明日で最後となります。

今日、 4/ 8(水)のテーマは

「30秒でありがとう」

です。

身近な人に30秒でありがとうメッセージを伝えてみませんか?

メッセージは、メール、ファックス、ツイッターでお寄せ下さい。

30秒コメントは、私、田島がラジオでご紹介します。

ちなみに、30秒の文字数はこんな感じです。

『リスナーの皆さん、いつもラジオを聞いてくださり、ありがとうございます!
 「ラジオ聞いてるよ」と言われるたびに、毎回心がじわっと熱くなります。
 あるおばあちゃんから「富山に来てくれてありがとう」と言われたときは、
 泣きそうになりました。

 ラジオから流れる曲や言葉から元気をもらうという方もいらっしゃると思いますが、
 私こそリスナーの皆さんから元気をもらっています。
 本当にありがとうございます!これからもどうぞよろしくお願いします』
 
早口でしゃべって、ちょうど30秒くらいです。

ですから、これより気持ち少ないくらいだとちょうどいいかな。

でも、感謝の気持ちが強すぎて、30秒をオーバーしてしまう!
という方は、それでもOKですよー。(笑)

お気軽にメッセージをお寄せください♪

メッセージをくださった方の中から抽選で30名の方に、

grace初!オリジナルステッカー

をプレゼントします。

水・木ディレクターの手作りです。

 メッセージフォームは コチラ

yukikotajima 12:08 pm

ハケンアニメ!

昨夜、2015年の本屋大賞が発表されました。

「本屋大賞」は、過去一年の間に書店員が自分で読んで
「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」
と思った本を選び投票し、大賞が決定するものです。

つまり、全国の書店員が選んだ、一番売りたい本というわけです。

そして、実際に大賞となった作品は売れます。
映画化されることも多く、過去の大賞作を見ても、

『海賊とよばれた男/百田尚樹』

『舟を編む/三浦しをん』

『天地明察/冲方丁』

などは映画化されていますので、
今年の受賞作も話題になることは間違いないと思います。

2015年今年は・・・

上橋菜穂子さんの『鹿の王』

が受賞されました。

おめでとうございます〜。

私、昨日の日中にツイッターで
本屋大賞は『鹿の王』だと思う!とつぶやいたのですが、
予想が当たりました。(笑)

だから余計に嬉しい♪

ノミネートされた10作品の順位はこちらです。

1位 『鹿の王/上橋菜穂子(KADOKAWA 角川書店)』

2位 『サラバ!/西加奈子(小学館)』

3位 『ハケンアニメ!/辻村深月(マガジンハウス)』

4位 『本屋さんのダイアナ/柚木麻子(新潮社)』

5位 『土漠の花/月村了衛(幻冬舎)』

6位 『怒り/吉田修一(中央公論新社)』

7位 『満願/米澤穂信(新潮社)』

8位 『キャプテンサンダーボルト/阿部和重・伊坂幸太郎(文藝春秋)』

9位 『アイネクライネナハトムジーク/伊坂幸太郎(幻冬舎)』

10位 『億男/川村元気(マガジンハウス)』

 本屋大賞 についての詳細は コチラ

ちなみに、私は、このうち6作品を読んでいます。

*マーク のついたものです。

本のタイトルをクリックして頂くと、
過去の私の感想を読むことができます。

1位の『鹿の王』はすでにご紹介していますので、
今回はまだご紹介していない作品にしますね。

というのも、本屋大賞にノミネートされた作品は、
どれも面白いのです!

・・・

今日ご紹介するのは、3位の辻村深月(つじむら・みづき)さんの

『ハケンアニメ!』です。

雑誌「an・an」に連載されていたので、
ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

正直、本屋大賞にノミネートされていなければ、
私はこの本を読むことはなかったと思います。

というのも、私は普段アニメをほぼ見ないので、
『アニメ』というタイトルとかわいいアニメの表紙を見るなり、
ついていけそうにないなあと思ったからです。

でも。

結論から言うと、とても面白かったです!!!

ちょっと前の私に言ってやりたいです。
読む前から勝手にイメージだけで判断するな、と。

もちろん、アニメ好きの方は、より楽しめると思いますが、
アニメを見ない方でもきっと楽しめるはずです。

特に共感できるのは仕事好きな方。

それも、仕事は好きだけど、
怒りや不満ももれなく感じている方こそ、
この本ははまると思います。(笑)

私も穏やかそうに見えて(いやいや、そんなことないって?笑)、
言いたいことをはっきり言ってしまう方なので、
仕事中、熱くなりすぎることもあります。
でも、言い過ぎた後は、ちょっとやりすぎたかなと一人こっそり反省もしますが…。

『ハケンアニメ!』には、そんな私のような(!)
不器用だけど仕事が好きな女性たちがたくさん出てきます。

彼女たちに出会って、私だけじゃなかったんだ!と安心。
そして、思う存分、私らしく仕事をしようと思えました。(笑)

・・・

簡単にストーリーをご紹介しましょう。
『ハケンアニメ!』は、アニメ業界を舞台にしたお仕事小説です。

全てカタカナで『ハケンアニメ!』です。

「ハケン」というのは、派遣ではなく覇権です。
覇者としての権力ということです。

そのクールで一番成功したアニメを覇権アニメと呼ぶそうです。

この物語は、3部構成となっていて、
アニメ業界で働く3人の女性の目線で物語が紡がれています。
そして、それぞれの物語が重なりながら、物語が進んでいきます。

1人の目線ではないので、様々な角度からひとつの仕事が見えてきます。
そして、色々な考え方と出合えます。

客観的に仕事の現場をのぞいている気分で、
共感したり、自分と重ねて反省したりしながら読み進めました。

特に私が気になったのは、
アニメ監督に女子アナがインタビューをするという場面です。

このインタビューがあまりにも酷いのなんのって。
人の話を聞かず、自分の考えを押し付けるインタビューアーほ最低です。
私も仕事上インタビューをすることが多いので、気をつけねばと思いました。

熱血お仕事小説としての面白さはもちろん、
物語のテンポ、魅力的な登場人物なども含め、大変読みやすい作品でした。

また、アニメ業界のことをのぞけたこともよかったです。
これからは、アニメの見方が変わりそうです。

とってもいい本に出合えました。

新年度から気持ちを新たに頑張ろう!と意気込んだものの、
うまくいかないなあと空回り気味という方は、
悩んでいる時間をまるまるこの本を読む時間にあててみてください。

きっと読み終えたときに、心が晴れ晴れとして、
よしここからまた頑張ろう!と思えるんじゃないかな。

・・・

そうそう!

本の表紙をぺらっとめくると裏側に特別短編がありますので、こちらもお忘れなく。
また、Web上では別の番外編が読めますので、合わせてお読みください♪

yukikotajima 11:07 am

2015年度もよろしくお願いします。

2015年4月1日

今日は、4月1日。

祝!FMとやま開局30周年!

私が富山に来て、15年目です。

FMとやまに入社したのが2001年4月。
2011年3月にFMとやまを退社し、
フリーアナウンサーになって5年目です。

でも、退社後もFMとやまで番組を続けているので、
「あれ、ユッキーってフリーだったの?」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが。

今年度も再びFMとやまで番組を継続することになりました。

今日は、初めてマイクの前に座った時の
緊張感と嬉しさの入り混じった高揚感を思い出しながら
graceをお届けしていこうと思います!

今年度もよろしくお願いします。

graceは、今日も13時30分からの放送です。聴いてね〜♪

そのgraceの1コーナー「キノコレ」で
紀伊國屋書店富山店の奥野さんからご紹介頂く本はこちら。

『病気にならない「白湯」健康法
 1日3杯飲むだけで、免疫力が一気に高まる!/蓮村誠』

 奥野さんの紹介文は コチラ

私も夜寝る前に飲んでいます。
ですから、興味深く読みました。

でも、この本を読むと朝飲むのがいいとのことなので、
これからは朝起きてから白湯を飲むことも習慣にしていこうと思います。

白湯の飲み方や体にどういいのか?気になる方は、
この本を読んで確かめてね。

それこそ、新年度の今日から何か始めたい!と思う方は、
「白湯生活」を始めてみては?

yukikotajima 11:42 am