ブログトップページはコチラ

サラバ!(上・下)

2014年12月10日

すごい本を読みました。

前のめりになって本に顔を近づけ、
私の目だけが、上から下へ、下から上へ動き続けました。
しかも顔はニヤニヤ。

誰にも見せられない姿です。(笑)

でも、間違いなく、この本を読む私の姿はそんな感じだったと思います。
しかも、ずっとそんな状態でした。

ノンストップってこういうことを言うのね、
というくらいに本を読むことをやめられませんでした。

私がすっかり心を奪われてしまったのは、

西加奈子さんの最新作

『サラバ!(上・下)』

です。

この本は、西加奈子さんが作家生活10周年を記念してお書きになったものです。

ちなみに、西加奈子さんは、イラン・テヘラン生まれ、エジプト・カイロ、大阪育ち。

『ふくわらい』という作品は、私も以前ご紹介しました。

 『ふくわらい』の感想は コチラ

いま、過去の自分の感想を読んで、
「ノンストップ」という言葉がこちらでも使われていることに気付きました。(笑)

つまりそういうことのようです。
西さんの作品は「ノンストップ」で読みたくなってしまうのです。

そして、『サラバ!』も『ふくわらい』もラストに光を感じました。
ああ。まぶしいなあって、目を細めてしまうような。

本を読んでいるだけだから、文字しか見えていないのだけれど、
でも、西さんの作品は、たくさんの色が見えてきます。
本を読んでいるというより、本の世界の中にいる感じなのです。

『サラバ!』は、特に主人公と一緒に長い長い旅をしている気分でした。

***

本の内容を少しご紹介しましょう。

主人公は、圷歩(あくつあゆむ)君。

1977年5月、父の海外赴任先のイランで生まれます。
しばらくはイランで暮らしていた歩ですが、イラン革命がおこり、大阪へ。
その後、小学生になってから、今度はエジプトへ向かいます。

実は、このイランで生まれ、大阪、エジプトで暮らすというのは、
西さんの人生そのものなのです。
当時の町の描写がいきいきと描かれているのは、
実際に経験されていることだからなのだと思います。

物語は、歩の目線で進んでいくのですが、
歩君は、見た目がよく、性格もわりと大人ということで、
子供のころはかわいい男の子として愛され、
大きくなってからはそれはそれは女性たちからもてました。

物語には、歩の家族もよく登場します。

父は、いたって普通の人なのですが、
母は、常におしゃれでいることを忘れないチャーミングな人でした。

そして、この本にアクセントを与えているのが、歩の姉です。
かなりの変わり者です。

物語に問題が生じる時は、たいてい姉が原因です。
毎回、やらかします。
しかも、予想をしていないことを。

本を読みながら「おおー!次はそうきたか!」と
姉の次なる言動が楽しみでありませんでした。

歩君からは「他人だからそんな風に笑えるんだよ!」と怒られそうですね。(笑)

物語は、歩君が37歳のときで終わります。
ちなみに、西さんの今の年齢です。

いったいこの家族はどうなっていくのだろう?
と思いながら読んでいましたが、
全く予想もしていない出来事が次々に起きて、「えぇー!!」の連続でした。

歩君の人生は?

変わり者の姉は?

その他にも彼らの人生に関わってきた様々な方たちを巻き込みながら、
物語はどんどん膨らんでいきます。

膨らみ続けた物語のラストは・・・。

***

ぜひぜひぜひ読んでみてください!
と〜っても面白いですから。

今、もし何かオススメの本は無いかと聞かれたら、
私は間違いなくこの本をすすめます。

西加奈子さんの『サラバ!』。

上下巻で2冊もあって分厚いので、
本を目にした瞬間、「無理!」と思ってしまいそうですが、
きっと読んでよかったー!と思えるはずです。

そうそう。
この鮮やかな本の帯も西さんが描かれたそうですよー。
多才ですね。

西さんの他の本もすべて読みたいなあ。

最近、読みたい本が本当に多くて困ります。

『サラバ!』は、今日のユキコレ(13時45分頃〜オンエアー)でご紹介します!
すでにお読みになった方は、是非感想をgrace宛にお寄せください♪

ちなみに、次のユキコレも1冊にしぼれなかったので、2冊の本をご紹介します。(笑)
次回もお楽しみに〜。

yukikotajima 12:09 pm