ブログトップページはコチラ

夏の高校野球

2021年7月19日

7月14日に北陸地方の梅雨明けが発表されました。
いよいよ夏本番ですね。

本番というと、高校野球の地方予選も各地で行われています。
皆さんの地域(県外にお住まいの方でこれを読んでいる方向けです)は
いかがでしょうか。
今年の夏の高校野球は、「バーチャル高校野球」のサイトで、
無料ライブ配信が行われています。
なので、
こんなに暑いんじゃ高校野球見に行けないよ…という方でも、
試合を見ることができるようになっています。

富山県では、県内のケーブルテレビで高校野球の中継が行われています。
涼しいお家にいながら、球場の熱戦を見ることができるわけですから、
便利な世の中になったな…と感じますね。

さて、その高校野球ですが、
試合が始まると、どことなく母校愛を感じる方が増えるのではないかと思います。
もう卒業してからずいぶんたつけれども、
今年は自分の母校はどうだろうか、
わずかながら思った方、いるのではないでしょうか。
試合の結果を知って、SNSで盛り上がった方、いかがでしょうか。

かくいう私は、めちゃくちゃ母校愛がある、わけではありません。
一応校訓は言えます。
(それだけでも十分あるじゃん、という方もいると思いますが)
毎年お盆の時期に行われているであろう、高校の同窓会には参加したことはありません。
この同窓会は、それこそ大先輩から若い後輩までがいっぺんに揃う、
格式のある同窓会を指します。
(これを書いたら、「せっかくですから、どうぞ!」って、招待状が来そうでコワイ笑)

それは置いときまして、
富山って、ちょっと独特な考え方なのでしょうか、
「どこの大学の出身ですか?」
に対する答えよりも、
「どこの高校の出身ですか?」
に対する答えのほうが、
何かと通用しやすい地域のように感じます。
たぶん、富山に住んでいる社会人の方でしたら、
先ほどの2つの質問のうち、
出身高校を先に訊かれた経験をお持ちかと思います。
実際私もそうでした。
いわゆる学閥、ではなく、高校閥、とでもいったほうがいいでしょうか。
そんな風潮があるように感じます。
それこそ、同じ高校を出た、なんて話になったら、
「何回卒だ?」
とか、
「あの校歌や応援歌は歌えるか?」
とか言われたり、
「私の時代はああだったこうだった」
と、ひとしきり盛り上がります。
昔、とあるバーに飲みに行ったときに、
たまたま居合わせたお客さん、私含めて5人が、
全員同じ高校の卒業生ということが分かり、
その5人の年代をお互いに確認したり、
そのバーに響き渡るくらい大きな声で、
校歌を歌ったりしたことがありました(笑)
あれは楽しかった~。もうずいぶん前の話ですが、
なぜか覚えているもんなんですよね。

上の写真は、先日見に行った高校野球の試合で、
勝利した学校の校歌を演奏する、という場面です。
残念ながら、この状況なので、
大きな声で校歌を歌うことはもちろんできませんが、
球場いっぱいに校歌が響き渡る光景は、
それが母校であれば何度でも見たいですよね。
そして、生徒たちが精いっぱい大きな声で
校歌を歌える日が、
早く来るといいですね。

夏の高校野球富山大会は、
22日の3回戦から、
熱戦が再開されます。
私も、時間があれば、
スコアブックを書きながら観戦したいと思います。
球場のバックネット裏で、
1人で汗だくになりながら
スコアを書いている
男の人を見かけたら、
私、かもしれません。

takanobu827 3:06 pm

スポーツのエンタテインメント

2021年7月12日

どうも、今井隆信です。

7月に入り、高校野球の富山大会も始まりました。

東京オリンピックも間近に控えていて、いよいよスポーツの夏、という感じがしてきました。

今、このブログの原稿を、先月行われた、高円宮牌2021ホッケー日本リーグ男子H2、フリークス東京対小矢部RED OXの試合を横目で見ながら書いています。

ホッケーというと、アイスホッケーのイメージが強いかと思いますが、今横目で見ているのは、フィールドホッケー、芝の上で行うホッケーです。

サッカーと同じ、GKを含む11人の選手が、スティックを使ってボールを相手ゴールに入れて得点を競うスポーツで、ヨーロッパでは人気競技の1つになっています。

日本では、女子が、何回もオリンピックに出場していましたが、今回の東京オリンピックで、53年ぶりに日本男子も出場することになっています。

富山出身の選手は、日本代表のキャプテンを務める山下学選手、前回のアジア大会で、最後の最後に金メダルを呼び込むシュートを決めた、村田和麻選手の2人が選ばれています。

ホッケー男子は、24日から予選リーグが始まるので、ぜひ活躍を期待したいですね。

 

さて、話題をホッケー日本リーグの試合に戻します。

今横目で見ているフリークス東京対小矢部RED OXの試合は、結果は、2-0で小矢部が勝利しました。今、後追いで見ているわけです。

試合前から試合中、ハーフタイム、割と静かです。選手の声や審判の笛、選手同士が接触する際のスティックの音やボールの音以外、それほど聞こえてくるものはありません。この試合会場が無観客、リモートマッチであるという事情もありますが。

今、富山県内のスポーツは、エンタテインメント性がどんどん上がっていて、試合を盛り上げる演出はもちろん、試合前後の時間帯の楽しみ方にも様々な知恵が出され、工夫がされています。実際に試合会場に行かれた方でしたら、その辺りの変化はよくご存知かと思います。

あくまで私見ですが、スポーツの試合にはいくつかの段階があるように感じます。

  1. 競技者がゲームを行うための試合
  2. 競技者のゲームを観客が楽しむ試合
  3. ゲーム以外の要素を含めて、競技会場に足を運ぶ事を楽しむ試合
  4. 競技会場に足を運ぶ前も後も含めて総合的に楽しむ試合

たぶん、もっとこんな段階もあるよ、という意見あがると思われますが、パッと思いつく段階として、このようなイメージができるかと思います。

4の総合的に楽しむ試合の段階まで来ていると思われるのは、野球のNPB、プロ野球やサッカーのJリーグ、プロバスケットボールのBリーグなど、いわゆるトップリーグと呼ばれるスポーツと考えます。

が、トップリーグと言っても様々なスポーツでトップリーグがあって、競技によっては、まだまだ楽しませる余地があると感じるものもあります。

今年の春、高岡で、一般社団法人日本ハンドボールリーグ初代代表理事の葦原一正(あしはらかずまさ)さんの講演会が行われました。残念ながら私は講演会に行くことはできませんでしたが、葦原さんは、ハンドボールのエンタテインメント化を、日本ハンドボールリーグを通して進めようとされています。葦原さんは、これまで様々なプロ野球球団でキャリアを積まれ、バスケットボールのBリーグの理事もされていました。今年4月から、ハンドボールリーグの代表理事に就かれています。

で、ハンドボールのエンタテインメント化の記事を読んで、葦原さんが言わんとされていることはいちいちごもっともで、この部分にある程度の予算と人員を組むことができれば実現できる、はず、と私も思っていました。

富山県には、プレステージインターナショナル・アランマーレという、女子のハンドボールチームがあって、日本リーグに所属しています。これまで何度も試合会場に足を運びましたし、リーグ参戦当初MCも務めました。エンタテインメントの要素を取り入れて会場を盛り上げようという努力もよく知っています。もっと予算と人員が組めれば、という想いが、やはりあります。

アランマーレは、ハンドボールのチームの中では、この点積極的に進めている方だと思います。日本ハンドボールリーグではネット中継も行われていますが、会場によっては、この点が…、というところもあります。各会場、運営を預かるチームの考え方なのでしょうが、ハンドボールのトップリーグであるにもかかわらず、競技者のゲームを観客が楽しむ試合として、これで満足できるのだろうかと。

日本ハンドボールリーグはこの後8月末に開幕しますが、葦原さんが、エンタテインメント化の部分で、各会場をどのように進めていくのか、そして各会場を運営するチーム、関係者がどう形にしていくのか、注目です。

 

ここで話をホッケーに戻します。

これまで、小矢部RED OXの試合会場のMCを何年も務めていますが、ホッケーは。このエンタテイメント化の部分では、まだまだやれることがあるスポーツだと考えています。もちろん。人員と予算がある程度組めるということが前提にあります。ここが難しいところなんだと思いますけどね。

今、ホッケーの日本リーグが行われています。今シーズン女子の試合は有料でネット中継していますが、一部男子の試合は、YouTubeで無料中継が行われています。

以前は、このホッケー日本リーグの試合は、それこそ先ほど挙げた段階の中にある「競技者がゲームを行うための試合」でした。このブログの冒頭で書いた、リモートマッチにほぼ近い雰囲気でした。しかし、今、有観客の試合では、試合の合間にBGMが流れていたり、ゴールが決まった瞬間に曲が流れたりと、少しずつ次の段階に進んできています。

ですが、海外のホッケーの試合をネットで見ると、盛り上がり方が全然違うんですよね。ホッケーそのものの認知度もあると思いますが、会場の演出が、「うまいな〜」を感じさせるところがあるんです。

一昨年から、小矢部市で、「三井アウトレットパーク北陸小矢部杯」のホッケー大会が行われています。ここにも携わっていますが、限られた予算や人員の中でどうやって大会を盛り上げていくか、私自身も海外のホッケーの試合の映像を見ながら試行錯誤しています。

この後9月に、小矢部市で、日本リーグの試合が4日間予定されています。地元小矢部RED OXの試合のMCを務めることになっていますが、観客の皆さんが楽しめるような、いい会場にできれば、と考えていますし、知恵を絞らなくては、とも考えています。

 

 

 

takanobu827 12:16 pm

2021 V・チャレンジリーグ

2021年6月29日

最近、このブログがスポーツ観戦記になりつつある、今井です。

先週末は、黒部市体育センターで、「2021 V・チャレンジリーグ 女子東部大会」が開かれました。
この大会は、バレーボールのV1、V2のチームを東と西に分けてリーグ戦を行って順位を決めるというものです。
女子西部大会は、今週末の開催です。

東部大会は、地元KUROBEアクアフェアリーズをはじめ、東日本大学選抜のチームも含めて
12チームが参加しました。
この12チームを、4チームずつのブロックに分けて総当たり戦を行い、
そのあと順位決定戦を行いました。

地元KUROBEアクアフェアリーズは、
Bブロックで、埼玉上尾メディックス、プレステージインターナショナル・アランマーレ、リガーレ仙台
と戦い、ブロック1位で通過。
そのあとの順位決定戦で、Aブロック1位のNECレッドロケッツに勝利したものの、
Cブロック1位のPFUブルーキャッツに敗れて、準優勝となりました。

3月の砺波でのホームゲーム以来のアクアの選手の登場に、
「お、来たな~」という感じがしました。
これからまた長いシーズンを戦うことを考えると、
けが人をなるべくなくして、いい状況をキープしてもらいたいな、
と思いました。
今シーズンは、舛田紗淑選手がキャプテンです。
チームも若返った感があるので、
いい結果を期待したいです。

そんなサマーリーグですが、
上の写真を見るとわかるように、
1つのアリーナで2つの試合が行われる形でした。
そして、

ほかのチームの試合で、アクアの選手が、ゲームスタッフを務めるという、
リーグ戦ではあまり見られない光景も見ることができました。
ラインズマンと、記録席にいる、水色のシャツが、アクアの選手です。

そんなサマーリーグ、V1、V2のチームが集まるということで、
普段なかなか試合を見ることが難しいチームも来ていたわけで。
その中で気になったのが、「リガーレ仙台」

なぜこのチームが気になったのか。
・まずサマーリーグの段階でメンバーが11人しかいない、少数精鋭のチーム
・写真では緑色のユニフォームの佐藤あり紗選手が、監督兼選手
・チームは、今シーズンからV2リーグに参入
・総当たり戦では、V1の埼玉上尾メディックスをストレートで破り、
ブロック2位で通過
なのです。
最終日は、V1の日立リヴァーレと対戦し、
セットカウント1-2で敗れましたが、
今シーズンのV2の台風の目を予感させるものがありました。
ちなみに、リガーレ仙台は、総当たり戦で、アクアから1セット取ったので、
力はあると思います。

Vリーグは、2021-22シーズンが10月に開幕します。
あと3か月、選手の加入なども予想されるので、
どんなチームになっているのか、この後も注目です。

もう1つ書き忘れてた!!
元アクアフェアリーズの色摩知巳選手のプレーが見られたのも、
嬉しかったです。
現在は、V2のGSS東京サンビームスでプレーされています。

takanobu827 11:09 am

カターレ富山

2021年6月14日

どうも、今井隆信です。

6月13日(日)、カターレ富山のホームゲーム、
ロアッソ熊本戦に行ってきました。
今シーズン、石﨑信弘監督を擁し、左伴繁雄社長の下、
J2昇格を目指して日々戦いを続けているカターレ、
先日、石﨑監督は、Jリーグ通算700試合指揮という偉業を達成され、
左伴社長は、J2昇格に向けて様々な形で発信をされています。
以前、左伴社長の記者会見に伺って少しお話をさせていただきましたが、
決してオーバーアクションをしなくても、
大きな声を出さなくても、
情熱が伝わる方で、
お話を聞いていて、こちらが力をいただくような、そんな方です。

さて、話をゲームに移しましょう。
今だコロナ禍、試合を行うのもそうだし、
試合会場の雰囲気を作り上げるのも…
と思って会場に向かうと、
様々なテントたお店が並んでいて、
「こんなににぎやかな会場だったっけ?」
と思いました。
もちろん、感染防止対策を行ったうえでの賑わいに、
「これで試合で盛り上がらないともったいない!!」
と感じました。

写真は、メインスタンドの後ろの通路から、
外の様子を撮影したものです。
スタジアムの周りは、ずっとこんな感じでした。
会場に来る前に軽く食事をしたのですが、
「ここで買って食べればよかった…」
と後悔しました。
そして、試合が始まる直前になると、

メインスタンド側を撮影したものです。
もちろん、感染拡大防止のため、1席ずつ間隔を取っての着席でしたが、
ぎっしり感がありました。
3,857人でこれだけの雰囲気ができるわけですから、
当初クラブが目標としていた5,000人までいくと、
もっともっと盛り上がるんだろうなと強く感じました。
本当に、5,000人の前で試合が行われる日が、
早く来るといいですね。

試合のほうは、
前半早い段階で1点をカターレが先制しましたが、
その後追加点を挙げられず、
後半に熊本に追いつかれ、
最後の最後まで勝ち越しを狙いましたが、
1-1のドローに終わりました。
カターレは、6勝3分け1敗、勝ち点21で、現在2位です。
次のホームゲームは、
6月26日(土)18:00~
富山県総合運動公園陸上競技場で
FC今治戦です。

きのうのカターレの試合では、
富山グラウジーズのブースターさんを何人も見かけました。
ブースター、ファン、サポーター同士が
地元のスポーツチームを互いに応援しあうというのは
いいですね。
以前、ツイッターで、
「久世さん(カターレ富山のスタジアムDJさん)が
グラウジーズの試合に出ても、
MCタカさんが、カターレの試合に行っても
いいんじゃないか?」
というツイートを見ましたが、
私は、サッカーの試合のDJをやったことがないので、
1度やってみたいですし、
久世さんのバスケのMCも聞いてみたい!!
実現できるかどうかはわかりませんが。
でも、いろいろな形で、県内のスポーツチームが
もっと交流できるようになると、
市民レベルで、ビルドアップする感じで
盛り上がっていけるのではないでしょうか。

いろいろな意味で、富山県内のスポーツ、
まだまだギアを上げていけると思います。

takanobu827 3:42 pm

野球のスコアブック

2021年6月7日

どうも、今井隆信です。
気が付いたら、ブログの写真が変わっていましたね。
これは、2週間ほど前に撮影したものですが、
白いものが増えたな…、と痛感する今日この頃です。

先日、富山GRNサンダーバーズの試合を観戦してきました。
長いことサンダーバーズの試合の取材をしていたので、
おのずと野球のスコアをつけられるようになりました。
が、先日は、ちょっと変わったスコアを付けました。
ちょっと変わったといっても、どう変わったのかは、
見ていただいたほうが早いと思うので。


この写真は、野球のBCリーグの公式記録です。
普通、野球のスコアブックというと、この写真のイメージですね。
一方、私が書いたスコアブックは、


よく見ると、ぜんぜん書き方が違います。
先ほどBCリーグの公式記録として掲載した写真は、
「早稲田式」と呼ばれるスコアブックの書き方です。
そして、私が書いたものは、
「慶応式」と呼ばれるスコアブックの書き方です。
「早稲田式」は、広く一般の野球のスコアの書き方として
普及しているのに対し、
「慶応式」は、主にプロ野球(NPB)のスコアの書き方として
採用されています。

なぜこのようなスコアを書いたかというと、
先日、富山GRNサンダーバーズの吉岡監督の取材に行ったときに、
このスコアの書き方の話が出たので、
じゃあやってみよう!ということで書いたわけです。

実際に書いてみると、
「早稲田式」「慶応式」共通しているところとそうでないところがあって、
共通していないところの対応が大変でした。
ヒットで出塁した場合の書き方、アウトになった時の書き方、
図の中のどこが1塁でどこが2塁とか、
常に書き方のルールを横において、
疑問に思ったら、バサバサバサっとルールを見て書いて、と、
久しぶりにスコアを書くのにいっぱいいっぱいになりました。
ただ、今回慶応式でスコアを書いてみて、
早稲田式、慶応式それぞれの良さも確認することができました。

率直な感想を言うと、
慶応式の書き方のほうが、より細かい状況が記録できますね。
その分、試合から目を離すとえらいことになりますが…。
でも、いい勉強になりました。

takanobu827 12:58 pm