ブログトップページはコチラ

南部弁クイズ第5弾!

2024年2月19日

先週のSTEP!の「みずなしまほの『これ、いいね!』」では、

青森の方言講座第5弾をお届けしました!

 

青森方言は、

日本海側エリアの津軽弁

太平洋側エリアの南部弁、

そしてまさかりの形をした下北半島の下北弁です。

 

私は、太平洋側地域の南部弁を話して、

育ってきました!

 

いつもは、南部弁クイズなんですが、

今回は、『津軽弁と南部弁の意味は同じだけど、言葉が違うよ』クイズをお届けしたいと思います!

 

津軽弁と南部弁は、同じ青森なので、

どちらも同じ方言も結構あるんですが、たまに違う言葉があったりするんですよね。

また、同じ言葉なのに微妙に意味が違う言葉もあるんです!

 

今回は、津軽弁と南部弁を比較するようなクイズになっています!

*答えは、ブログの最後に記載しています

 

第一問

津軽弁で「だらっこ」

南部弁で「じぇんこ」という言葉は、何という意味でしょうか?

 

だらっこもじぇんこも、同じ意味です!

 

例文を出すと、「のどかわいてジュースほしいすけ、じぇんこ(だらっこ)けろじゃ」です。

のど乾いたっていうのがヒントで、外出先で喉が渇いたら、みなさんはどういう行動をとりますか?

 

 

第二問

津軽弁では「まいね」

南部弁では「わがね」という言葉は、どういう意味でしょうか。

 

「わがね」はよく使う言葉です!

耳馴染みのある言葉だったので、津軽弁だと「まいね」になることを最近まで知りませんでした(笑)

 

例文は、「明日遅れてくればわがね(まいね)よ」です。

 

どうでしょうか?

「わがね」「まいね」の意味は分かりましたか?

 

第三問

「めぐさい」という言葉。

津軽弁と南部弁では、微妙に意味が違ってきます。

それぞれ、どういう意味でしょうか。

 

津軽弁の例文です。

「めぐさいはんで、写真ばやめでげじゃ」

 

南部弁の例文です。

「そったらめぐさい格好で行くのが?」

 

それぞれの意味は、分かりましたか?

 

*答えは、ブログの最後に記載しています。

 

 

今回の津軽弁・南部弁クイズはいかがだったでしょうか。

津軽弁に関しては、まだまだ分かっていないことも多いので、

勉強したいと思います。

 

今日は、青森の方言「津軽弁」と「南部弁」をご紹介しました!

 

*********************

≪クイズの答え≫

第一問 津軽弁で「だらっこ」

南部弁で「じぇんこ」という言葉の意味

 

正解:小銭

津軽弁でだらっこ、南部弁のじぇんこは小銭という意味になります。

 

例文「のどかわいてジュースほしいすけ、じぇんこ(だらっこ)けろじゃ」は、

喉が渇いてジュースを買いたいから、小銭ちょうだいという意味になります。

他にも、お財布に小銭しか入っていないときに、

「財布さ、じぇんこ(だらっこ)しか入ってないべ」などと使ったりします!

 

第二問 津軽弁では「まいね」

南部弁では「わがね」という言葉の意味

 

正解:駄目

 

例文「明日遅れてくればわがね(まいね)よ」は、明日遅れてきたら駄目だからね!という意味になります!

 

他には、南部弁の使い方にはなりますが、

A:「時計動かなくなっちゃたんけど、直せるかな~」

B:「どれ、みせてみろ!あ~これは、わがね!新しいの買った方がいいべ。」

 

この場合は、もう修理できない!もうダメだね。という意味で使っています。

 

ダメダメと強調したいときは、南部弁の場合は「わがねわがね」と繰り返し使います。

 

第三問 「めぐさい」という言葉。

津軽弁と南部弁では、それぞれ、どういう意味でしょうか。

 

正解:津軽弁の「めぐさい」が恥ずかしい

南部弁の「めぐさい」は見苦しいという意味です。

 

津軽弁の例文「めぐさいはんで、写真ばやめでげじゃ」というのは、

恥ずかしいから、写真はとらないでという意味になります。

 

南部弁の例文「そったらめぐさい格好で行くのが?」というのは、

そんな見苦しい服装で出かけるのか?という意味になります。

 

*********************

mizunashi 12:00 PM

竹林堂本舗

2024年2月16日

バレンタインも終わりましたが、今年はどんなバレンタインだったでしょうか。

私は、会社でお世話になっている方に、お礼チョコを渡しました!

今週は、たくさんチョコレートを食べたよ!という方も多いかもしれませんね。

洋菓子もいいですが、ちょっと気分を変えて和のスイーツはいかがでしょうか。

 

今回は、今日2月16日に再オープンした老舗和菓子店「竹林堂本舗」をご紹介します!

 

竹林堂本舗は、山崎善次郎が1773年に創業しました。

初代善次郎さんが、小麦粉と甘酒で練った皮で案を包み込んで「甘酒まんじゅう」を作り始めたのがお店の始まりです。

 

長年、多くの人に愛される富山を代表する銘菓です。

6月1日は、日枝神社の春季例大祭「山王まつり」といえば、

竹林堂本舗の朔日饅頭!という方も多いのではないでしょうか。

 

そんな竹林堂本舗ですが、

職人の方々の高齢化や機械の老朽化、

さらに新型コロナウイルスの感染拡大で冠婚葬祭における饅頭の需要が減少するなど、

2022年4月に、休業しました。

 

創業249年目にして、休業を余儀なくされた竹林堂本舗ですが、

なんと今日、復活しました!

伝統を受け継ぐ甘酒まんじゅうと、

新しくできた和スイーツブランド「善次郎」のお菓子などが販売されています!

 

リスナーのみなさんの中にも、もう今日さっそく竹林堂本舗に行ってきたよ~!という方もいらっしゃるかもしれませんね!

 

私は、オープン前日にお店に伺ったんですが、

モダンな雰囲気の店内で、今までのイメージとはガラッと変わった竹林堂本舗で驚きました!

とってもオシャレな店内でした。

 

まずは、新しくできた和スイーツブランド「善次郎」についてご紹介しましょう!

この善次郎ブランドに携わっているのが、世界的パティシエの辻口博啓さんです。

辻口さんご自身も、石川県にあるご実家の和菓子屋が廃業し、

その名前をつけたブランドを立ち上げているので、

「竹林堂本舗の歴史が途絶えるのはもったいない!」と、復活に協力することになったそうです!

 

去年の2月に辻口さんが竹林堂本舗を訪れ、

およそ1年かけて、商品開発を行ってきました!

 

また、ブランド名の善次郎というのは、

竹林堂本舗の代々の創業者「善次郎」から名前を付けたそうです。

今までの伝統を引き継ぎつつも、竹林堂本舗のイメージをガラッと変えるブランドになっています。

 

そんな善次郎ブランドのお菓子は、2種類あります。

 

まず、ひとつは「善次郎まんじゅう」です。

竹林堂本舗の伝統的な甘酒まんじゅうを辻口さんが再構築したおまんじゅうです!

image5

味は、3種類あります!

まず一つは、和栗味噌です。

甘酒を使った生地に味噌を練りこみ、国産の栗をふんだんにつかった白あんを詰めたおまんじゅうですよ~!

コク深い味わいと、栗本来の豊かな風味が楽しめます!

 

2つ目は、ショコラの善次郎まんじゅうです。

ベトナム産とペルー産のハイカカオチョコレートを使用した贅沢なおまんじゅうです。

なんと、皮には黒コショウを隠し味として入れ、エゴマをトッピングしています!

甘酒の生地とチョコレートのコラボレーションが気になりますよね~!

 

そして、3つ目は、ピスタチオの善次郎まんじゅうです。

image3

甘酒を使った生地と中の白あん、両方に「ナッツの女王」と言われているピスタチオを加えているそうです。

まろやかで濃厚なピスタチオの風味を全面に押し出した一品です。

おまんじゅうに、ピスタチオ!?と驚きましたが、

竹林堂本舗の女将山崎佐和子さん一押しの商品です!

 

1つの包装に2個入り、それが3つ入って、税込み900円です。

 

そして、善次郎ブランドもう一つが「善次郎 糀フィナンシェ」です。

糀を生地に練りこむことで、しっとりとした食感に焼き上げた新感覚のフィナンシェとなっています。

image4

糀フィナンシェも3つの味があります。

一つは、抹茶大納言です、

京都の宇治抹茶をふんだんにつかっています。また、大納言小豆の甘さと食感がアクセントのなり、和の味わいが楽しめますよ~!

 

2つ目は、富山棒茶です、富山の藤岡園の富山棒茶を贅沢に使用しています。

富山棒茶は、緑茶の茎の部分を遠赤外線で焙煎したほうじ茶で、甘みと柔らかな味わいが特徴です!

糀とお茶もよくあいそうですよね!

 

3つ目は、プレーンです。他の二つよりも、糀をたくさん使っています!

豊かな糀の風味と香り、しっとり新食感です!

 

善次郎糀フィナンシェは、3個入りで税込み750円です。

 

どちらも竹林堂本舗の店頭で購入できますよ!

image2

ぜひ、伝統と新しさが融合したスイーツを味わってみてくださいね!

 

また、店頭では今までと変わらない「甘酒まんじゅう」の販売もありますよ!

自家製の甘酒を混ぜ合わせ、ゆっくりと発酵させた生地を使い、甘酒独特の香りや酸味が特徴の竹林堂本舗伝統の商品です。

image0

ただ、休業前の職人さんが高齢化で定年を迎えてしまったことや、

休業したこともあり、復活の甘酒まんじゅう作りはかなり苦労されたとのことです。

 

何十回と試作を重ねて、以前の甘酒まんじゅうの味たどり着いたそうです!

昔のままの甘酒まんじゅうがまた、竹林堂本舗で味わえるのは、すごく嬉しいですよね!

 

さらに、「立山グランベルク」というお菓子もあります!

立山連峰をイメージしたお菓子で、

酒粕を使ったクッキーにホワイトチョコレートベースのクリームとチーズを加えています。

クランベリーやイチゴなどのドライフルーツがトッピングされ、とっても可愛らしいお菓子です!

image1

すでに、富山駅前のととやまや県内の道の駅などで販売されていましたが、

今回、竹林堂本舗での店頭販売も決まりました!

 

そして、今回再オープンと和スイーツブランド「善次郎」の誕生をお祝いして、オープニングイベントが今日から明後日18日まで行われています。

各日先着100名様限定で、竹林堂本舗の甘酒まんじゅうを無料で1個プレゼントするそうです!

明日、明後日もイベントが行われます!

 

251年の伝統を引き継ぎつつも、新しく生まれ変わった竹林堂本舗に、

ぜひみなさんも行ってみてくださいね~!

 

今回は、今日再オープンした富山市中央通りにある老舗和菓子店「竹林堂本舗」をご紹介しました!

 

*********************

竹林堂本舗

場所 富山市中央通り

営業時間 午前10時から午後6時まで

定休日 火曜・水曜

HPはコチラから。

*********************

mizunashi 8:00 PM

とやま土人形工房

2024年2月13日

暦の上では春になりましたね!

もう雛人形を出した方もいらっしゃると思います!

私の実家も、「雛人形を出したよ!」と連絡が来ました。

今回は、ひな祭りにむけて、

富山市民俗民芸村内にある土人形工房で、

自分だけの雛人形を作ってきました!

 

2年ほど前に、別の番組のコーナーで、土人形工房ご紹介させていただいたんですが、

STEP!では、初めての紹介になります!

(その時のブログは、コチラ。)

 

まず、土人形についてご紹介しましょう!

とやま土人形は、江戸時代後期に始まりました。

1848年から1854年に富山十代藩主前田利保公が、

名古屋の陶器職人であった広瀬秀信を富山に呼びました!

そして、窯を気付いて、千歳焼を作っていました。

広瀬秀信の子・安次郎が陶器づくりのかたわら、

天神臥牛を焼いて献上しました!

これが、とやま土人形の起源となっています。

 

その後、民間信仰や縁起物、またおもちゃとして、土人形が作られるようになりました!

広瀬家から技法を学んできた渡辺家が、

土人形の技法を守り続けてきました!

しかし、3代目の後継者がいなかったため、

技法を後世に伝えるため「とやま土人形伝承会」が設立されました。

 

今は、とやま土人形伝承会のメンバーの皆さんが、

日々土人形づくりを行っています!

 

私が行った日も、土人形工房で、みなさん作業をしていました!

粘土で土人形の型を作っている方や

絵付け体験を行っている方もいました!

とやま土人形伝承会のメンバーの皆さんが、作った作品は、

1階のお店で購入できます!

image1

作る方によって、色合いや顔つきが変わってきますので、

お気に入りが見つかると思います。

 

そして、今回私は、素焼きの土人形や土鈴(鈴が入っている人形)に絵付けを行ってきました~!

 

あと、1か月もするとひな祭りがあるので、

抱き雛を作ってきました!

お内裏様とお雛様が肩を寄せあっている形です!

image3

高さも10センチほどで、かわいらしいサイズです。

 

抱き雛のほかにも、今年の干支「辰」や、

招き猫、そして土鈴のふくろうやこいのぼり、ライトレール、

そして貯金箱になっている貯め猫、貯め犬がありますよ!

 

ぜひ、好きな型を選んで絵付けを行ってみてください!

 

そして、色を塗る型を決めたら、

お手本を選びます!

10体ほど、お手本があり、

私は、3体お手本に選びました。

こんな柄にしよう!色はこの組み合わせにしよう!と考えるのも、

楽しいです!

今回は、自分の好きな色を取り込みたいなぁと思ったので、

お内裏様の袴を黄緑にする!と決めて、

他の色を決めていきましたよ!

 

絵付けに使える色は、約20色あります!

image0

事前に用意していない色でも、

この色が欲しいですというと、土人形工房の方が色を出してくれます!

私も、「紺色」と「ゴールド」「シルバー」を追加で、出していただきました!

 

そして、土人形の絵付けつかう色は、塗った後すぐ乾きます!

なので、ベースの色を塗った後に、

その上から細かい模様を描くこともできますし、

はみ出しちゃった!失敗しちゃった!というときも、修正ができます。

不器用な私にとっては、本当にありがたいです!

 

まずは、素焼きの土人形にベースとなる色を付けていきます!

今回の抱き雛は、大まかに分けると、

お内裏様の羽織、袴、お雛様の着物、

それぞれの顔パーツに分かれます!

 

袴に黄緑を塗り、お内裏様の袴は、紺色、

そしてお雛様の着物は赤を、少し太めの筆を使って塗っていきます!

 

そのあとは、細い筆で着物の細かい柄を書いたり、

お顔をかいたり。

 

顔が本当に難しかった・・・

小さいお顔に、目と口、そして眉を書いていくんですが、

問題は目ですよね(笑)

 

線が太くなって目に見えなかったり、

右目は上手く描けたのに、左目失敗したりとか(笑)

 

お雛様の右目は一発で成功したんですが、

それ以外は、すべて3回ほど書き直しました。

 

一度、失敗したところをお顔のベースとなっている白で塗りなおして、

目を書いて、失敗したらまた白で塗って、目を書いてと繰り返していました(笑)

 

目が書けなくて、悩んでいたら、

工房の方に、何回か紙に書いて練習してから描いてみたら?とアドバイスをいただきました。

アドバイスを受けて、何度も練習したことで、

なんとか顔を仕上げることができました(笑)

image2

工房の方が近くにいるので、わからないことがあっても優しく教えていただけるのも嬉しいです!

 

やっぱり普段筆を使わないので、

難しいんですが、ちょっぴり難しいからこそ、本当に集中できますし、楽しいんですよ!

私も今回2回目の体験でしたが、リピーターの方も多いそうです!

 

子供から大人まで楽しめますので、

ぜひ自分だけの土人形を作ってみてくださいね!

 

今回は、とやま土人形工房の絵付け体験をご紹介しました!

 

*********************

とやま土人形工房 絵付け体験

場所:富山市民俗民芸村内にあるとやま土人形工房

時間:午前10時から~午後16時まで。

*体験終了時刻が16時となります

*所要時間は1時間から2時間ほどのため、14時頃までに行くのがおすすめです。

休館日:年末年始

料金:3月まで 一体700円

4月以降 一体880円

*4月に材料費高騰のため値上げをされるそうです

干支の土人形について:夏ごろまでは辰

秋からは、来年の干支蛇

予約の電話番号:076-431-4464

*事前予約がおすすめです

とやま土人形工房のHPはコチラから。

*********************

 

mizunashi 12:00 PM

炊飯器で簡単スイーツ♪

2024年2月9日

もうすぐバレンタインがやってきますね!

バレンタインまで1週間を切っていますので、

準備を始めている人もおおいでしょうか。

 

富山大和でも、ショコラの祭典が行われていますし、

スーパーなどでもスイーツづくりキットなども販売されていますよね!

 

今日は、炊飯器で作る簡単スイーツをご紹介します!

ちょっと包装するのに向いていないので、

家族でバレンタインを楽しむときや、ホームパーティーにオススメです!

 

まず、最初にご紹介するのは、炊飯器で作るチョコブラウニーです。

 

≪材料≫

ホットケーキミックス 120g

ココアパウダー 40g

砂糖 50g

卵 2つ

牛乳 大さじ2

バター 30g

粉砂糖 適量

サラダ油 適量

チョコチップ 50g

 

まず、バターは、電子レンジで温め溶かしバターにしてください!

そのあと、ボールにホットケーキミックスとココアパウダー、砂糖を入れて、

混ぜ合わせます。

むらなく混ざったら、溶き卵、牛乳、溶かしバターの順番にいれてさらにまぜます。

最後にチョコチップを入れて、混ぜ合わせます。

これで、生地は完成です!

 

そのあと、炊飯器の釜の内側にサラダ油を塗りましょう!

サラダ油を塗ることで、くっつきにくくなります。

サラダ油を塗った釜に、生地をいれて、

後は炊飯ボタンを押すだけです!

通常の炊飯モードで炊いてください!

 

炊きあがったら、竹串をさして、

周りに生地が付いてこなければ完成です!

もう少し加熱が必要だなと感じたら、もう一度炊飯をしてみてください!

 

チョコレートケーキをお皿に取り出して、

冷めたら、粉糖を振りかけましょう!

 

混ぜるだけで、簡単チョコレートブラウニーの完成です!

 

もともと参考にしていたレシピには、チョコチップは入っていないんですが、

個人的にチョコチップがあるといいアクセントになるので、毎回入れています!

 

参考にしたレシピは、5.5号炊きの炊飯器使用でしたが、

私の3号炊き炊飯器でも作れました!

 

続いて、ご紹介するのは、炊飯器でつくる「ベイクドチーズケーキ」です。

 

≪材料≫

クリームチーズ 200g

生クリーム 200ml

砂糖 70g

ホットケーキミックス 50g

卵 2個

レモン汁 大さじ1

サラダ油 適量

 

はじめに、ボールにクリームチーズと砂糖をいれて混ぜ、さらに溶き卵を入れてよく混ぜます。

その後、生クリームを少しずつ入れながらまぜ、よく混ざったらレモン汁を入れます。

最後に、ホットケーキミックスを入れて混ぜ合わせましょう!

チョコレートブラウニーの時と同じように、

炊飯器にサラダ油をぬり、生地を流し込んでいきます!

 

普通炊飯で炊いていきましょう!

炊きあがったら、竹串をさして、

生地が付いてこなければOKです。

加熱がもう少し必要な場合は、もう一度炊飯をしてくださいね~!

 

炊飯器チーズケーキですが、暖かいまま食べてももちろん美味しいんですが、

冷蔵庫で冷やしてからいただくと、より甘さが引き立って美味しくなります!

 

チョコレートブラウニーもチーズケーキも、

お皿に取り出すときは炊飯器の内釜が厚くなっていますので、気を付けてくださいね!

 

本当は、写真をのせたいところなんですが、

いつも写真を撮る前に、味見をしてしまって写真が残ってないです(笑)

結構写真フォルダを探したんですけど、どこにもなくて、自分もびっくりしました(笑)

いい出来だと、写真より、食欲が買っちゃうんですよね(笑)

今度、作った時には忘れずに写真を撮ってXにアップしたいと思います!

2月から3月中に作ろうかな!

 

ぜひ、みなさんも炊飯器でスイーツ作ってみてくださいね!

 

 

mizunashi 8:00 PM

藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

2024年2月5日

みなさんは、普段どうやってお出かけする場所を決めていますか?

お子さんがいらっしゃる方は、子供が楽しめるところに行くとか、

友人同士でも、どこに行くか悩んだりもしますよね。

今回は、子供から大人まで、どの世代もワクワクできる場所に行ってきました!

 

高岡市の「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」をご紹介します!

藤子・F・不二雄先生の代表作「ドラえもん」は、だれしも一度は読んだり、アニメを観たり、キャラクターを見たことがあると思います!

image3

私自身も、小さいころはアニメも見ていましたし、映画にも連れて行ってもらいました!

 

ふるさとギャラリーの常設展では、

藤子・F・不二雄先生の高岡で過ごした学生時代や、

上京について、執筆に使っていた愛用の品の展示、原画の展示などを見ることができます。

そして、現在F先生の生誕90周年を記念した企画展『藤子・F・不二雄原画展「SFのエッセンス」』が開催中です。

 

はじめに、常設展からご紹介していきましょう!

まず、展示室の入り口は、

ドラえもんの秘密道具「どこでもドア」になっています!

 

ピンクのどこでもドアをくぐったら、

F先生の幼少期の写真や昭和初期の高岡の風景を、

スクリーンで見ることができます!

 

そして、先生が学生時代に書いていた作品も展示され、

読むことができます!

 

例えば、F先生が

14歳のころに書いたと思われる肉筆の漫画冊子「妖怪島」

手書きの漫画作品で116ページあります。

 

とっても貴重な作品で、ここでしか読むことができません!

 

また、高校時代に我孫子素雄さんと手作りした回覧誌「少太陽」も、

新年特大号とこどもの日お祝い号を月ごとに入れ替えて展示しています!

 

昭和初期の娯楽がほとんどない時代、

 

貴重な作品が展示されています。

 

本当に、どの作品もじっくり見たくなります!

 

さらに、F先生の愛用品の展示も行っています。

茶色の皮のカバンで、ちょっと色が変わっていたり、傷がついたりしているのも、

味があるというか、いろんなところで使ったんだろうなと思いました。

 

また、原画の展示や、高岡の風景が感じられる作品の展示もあります!

びっくりしたのが、ドラえもんの漫画の中で、

富山の方言が使われていること!

 

『7日前に作ったご飯だったので、こわくてこわくて』というセリフがあります!

ご飯が固くてというのを、こわいと書いています。

このセリフが書かれているページのファイルが、ふるさとギャラリー限定で販売されていました!

私も、つい購入しちゃいました(笑)

 

他にも、子供時代、家の近くにあった空き地は、いろんなシーンで出てきます!

 

 

続いて、今行っている企画展「生誕90周年 藤子・F・不二雄原画展『SFのエッセンス』」をご紹介しましょう!

image7

SFとかいて、すこしふしぎと読んでいるんですが、

F先生は、日常の中にすこしふしぎなことが起きるということをすごく大事に制作していらっしゃったそうです。

 

確かに、ドラえもんも、のび太の日常に、

22世紀からやってきたドラえもんというすこしふしぎな存在が加わっていますし、

パーマンも平凡な小学生みつ夫が、空き地で出会った宇宙人から任命され、

正義のヒーロー『パーマン1号』になりますよね。

 

このSFの意味を知って、『なるほどな~!』と納得してしまいました。

 

そして、今回の原画展は、去年12月1日から始まり、今年の11月27日まで行われています。

展示内容は、3期にわかれていて、

今は、第1期の『おじゃまします!ふしぎな居候たち』が開催中です!

 

『ドラえもん』をはじめ、『宙ポコ』『ウメ星デンカ』など。

漫画だと、手に取りやすい読みやすい大きさですが、

原画はかなり大きいので、細かい部分まで見ることができます!

 

個人的には、建物などがピシッと線がひかれ、

丸もコンパスを使って書いていたそうで、綺麗な円になっているところに、

F先生のこだわりを感じました!

 

また、ところどころにF先生のアシスタントさんに指示を出したメモなども残されていて、それを読むのも面白かったです!

 

第1期は、3月31日(日)まで

第2期の『僕がヒーロー!?』は、4月2日(火)から7月28日(日)まで、

第3期の『ふしぎな道具』は、7月30日(火)から11月27日(水)までです。

 

そして、90周年を記念した特別映像の上映も行っています!

F先生が長年住んでいた神奈川県川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアムが作成した特別フィルムで、

川崎のミュージアムと高岡のふるさとギャラリーでしかみることができない映像となっています!

F先生の漫画のキャラクターが大集合していて、見ごたえがありました!

 

また、90周年の記念フォトスポットや、

高岡銅器で作られたふるさとギャラリーにしかないドラえもん像などもありますので、

ぜひ一緒に写真を撮ってみてくださいね~!

image4

image2

さらに、生誕90周年記念事業として、期間中に訪れた方には「スタンプカード」をお渡ししています!

第1期、第2期、第3期、それぞれ違うオリジナルスタンプが押せますので、ぜひ3つ集めてみてくださいね~!

image1

今回、初めてふるさとギャラリーに行ってきましたが、

F先生の学生時代の作品から、原画まで、いろいろ見ることができて楽しかったです!

また、F先生の「良質の娯楽を提供したいとうこと。これに尽きる」という言葉が響きました。

学生の頃から、変わらぬ思いがあるからこそ、どの世代も楽しめる作品ばかりなんだろうなぁと感じました!

ぜひ、みなさんもじっくりご覧になってみてくださいね!

 

今日は、高岡市の藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーをご紹介しました!

 

*********************

藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

場所 高岡市美術館2階

開館時間 午前9時30分から午後5時まで

*最終入館は、午後4時30分まで

休館日 月曜日

*月曜祝日の場合は開館し、次の日が休館となります。

料金 大人 500円

高校生・中学生 300円

幼児 200円

3歳以下 無料

 

企画展『藤子・F・不二雄原画展 SFのエッセンス』

期間 11月27日(水)まで

*第1期は、3月31日(日)まで

*第2期は、4月2日(火)~7月28日(日)まで

*第3期は、7月30日(火)~11月27日(水)まで

 

藤子・F・ふるさとギャラリーのHPは、コチラ

*********************

mizunashi 11:13 AM

VRの日!

2024年2月2日

今日2月2日は、結構記念日が多いんですよ!

例えば、語呂合わせで夫婦の日やツインテールの日、

あとは、1920年の2月2日に初めて乗り合いバスにバスガールがのったことから、

バスガールの日でもあります。

 

いろいろな記念日があるんですが、

その中で個人的に気になったのが、「VRの日」です。

 

一般社団法人ロケーションベースVR協会が設定した記念日です。

両手でピースサインをつくり、左手の中指を少し曲げたポーズが、

数字の2にもみえるし、ローマ字のVとRにも見えることから、

2月2日がVRの日となっています。

 

VR=バーチャルリアリティー、仮想現実のことです!

ここ数年で、世間に浸透したなぁと感じています。

 

具体的にいうと、専用のゴーグルをつけると360度の映像が映り、

実際にその空間にいるような感覚を得られる技術です。

 

VRにも視聴型と参加型があります。

視聴型は、流れている3D映像を見るものです!

例えば、遠隔で授業を受けたり、医療分野で手術の様子を世界中の医師にシェアしたりできます。

 

そして、参加型は、映像の中を自由に歩き回ったり、映像内のものを触ったり、動かしたりできます!

観光事業や、住宅販売などで利用されています!

 

もともと、VRという技術は、1960年代から研究が始まっていました。

ただ、当時は、立体的に描いた2D映像だったそうです。

今のVRシステムが登場したのが、2014年のことで、

2014年は、VR元年ともいわれています!

 

今年2024年ですので、ちょうど10年ということですね!

 

そんなVRですが、

リスナーのみなさんは、体験したことはありますか?

 

私は、何度かVR体験したことがあります!

初めて体験したのは、大学生の時でした。

当時住んでいた宮城県仙台市でVRのエンターテインメント施設が期間限定でオープンしていたので、行ってきました!

いくつか体験できるゲームがあったんですが、

一番印象に残っているのが、ジェットコースターを体験できるゲームです。

 

ブランコにのって、ゴーグルをつけて遊びます!

image6

(大学生時代の水梨子です↑)

 

見えている映像は、ジェットコースターの車両とレール!

ゆっくりと上昇をしていき一番上まで登りきると、

今度は一気に下降!

 

ブランコという少し不安定なものに座っているということもあり、

本当にジェットコースターに乗ってるみたいで、

終わった後は、乗り終わった後のような程よい疲労感もありました(笑)

 

たぶんジェットコースターがリアルでも苦手な方は、

VRでもしんどいかもな~という感じでした(笑)

 

そして、富山県内でも1度VR体験しています!

どこで、体験したかというと、滑川市にある「ほたるいかミュージアム」です!

 

一度、STEP!でもご紹介したんですが、

去年の4月から「VRホタルイカ DIVE」が体験できます!

 

KAT―WALKという歩行デバイスを導入し、

仮想空間の中で自由に動くことができます!

このシステム中部地区初!博物館では全国初の導入です。

 

KAT―WALKにのって、ゴーグルをつけると、

360度の仮想空間が広がっています。

ホタルイカと一緒に泳いだりできます!

 

そして、このVRホタルイカが、

昨年行われたXRクリエイティブアワードにて、個人優秀賞を獲得したそうです!

本当におめでとうございます!

(XRクリエイティブアワードのHPはコチラ

 

身長などの制限がありますが、1回600円で体験できます!

ぜひみなさんも、ほたるいかミュージアムで、VRホタルイカ体験してみてくださいね~!

(ほたるいかミュージアムのHPはコチラ

 

初めて、VRを体験したときは、本当に不思議な感覚でしたね。

ちなみにVRは、お高いですがもうすでに個人でVRゴーグルを購入して、

楽しむこともできるそうです。

これから、VRがもっと身近なものになるのかなぁと思うと、

ワクワクします!

 

今回は、VRについてご紹介しました!

mizunashi 1:28 PM

梅かまミュージアム U-mei館

2024年1月29日

1月も残すところわずかとなりました。

今月もあっという間で、もう1か月終わるんだと驚いています。

2月は、もっと短いと思うと少し焦りますね(笑)

ぼーっとしてると、すぐ時間が過ぎてしまうので、

適度に休みつつ、来月も頑張っていきます。

皆さんも、無理せず一緒に頑張りましょうね!

 

さて、先週のSTEP!では、富山市にある「梅かまミュージアム U-mei館」をご紹介しました!

image2

image3

私は、富山に来てもうそろそろ丸3年になります。

富山に来て、びっくりしたこともいろいろありますが、

驚いたものの一つが、富山のかまぼこです!

 

私にとって、かまぼこというと、

板についているピンクと白のかまぼこでしたし、

大学時代住んでいた宮城県仙台市では、笹かまぼこが有名でした!

なので、富山に来て、スーパーで、

板についていない渦巻のかまぼこと昆布がまかれた「昆布巻」を見た時は、

これがかまぼこ!?と驚きましたが、

かまぼこに、昆布の旨味が染み込んで、美味しいですよね!

 

U―mei館では、商品の購入のほか、

かまぼこの歴史を学べるパネル展示、工場見学、

土曜日限定の不定期開催ですが細工かまぼこ作り体験ができる施設です!

 

今回は、富山のかまぼこについて、

梅かまの常務取締役 工場長の大門満さんに詳しく教えていただきました!

 

大門さんは、この道40年以上のかまぼこづくりのスペシャリストです!

 

まず、かまぼこの歴史についてなんですが、

日本の文献にかまぼこが初めて登場したのは、

平安時代1115年のことです!

 

そして、江戸時代の末期のころには、

かまぼこづくりの製法が確立されていました。

富山湾でも多種多様なお魚がとれたので、かまぼこづくりが行われていました。

江戸時代後期は、北前船の寄港地だった富山に、北海道から昆布が入ってきていました。

昆布を使ったかまぼこが何かできないかと、

昆布巻が作られるようになったそうです!

 

梅かまの昆布巻は、北海道の函館産の昆布を使っています!

昆布も産地によって、厚みや大きさが変わってきます!

函館の昆布は薄めで、幅広なので、昆布巻に最適です!

 

また、すり身にも昆布エキスや魚醬を加えているので、

よりコクのある味に仕上がっています。

 

昆布巻は、昆布にすり身をのせて巻いていきます。

長い昆布を縦方向ではなく、

横方向に巻いていきます。

縦に巻くと、巻いた後に昆布が伸びてしまうそうなんです。

 

何気なく食べていましたけど、

美味しい昆布巻には、いろいろな秘密があったんですね!

 

そして、通常の昆布巻は機械で作られていますが、

梅かまの300gもある別撰の昆布巻は、職人が一つ一つ手作業で巻いています。

 

綺麗に均等に巻くためには、10年ほどかかるそうです!

大門さんは、すり身をとっただけで、

300gより多いか少ないかの微妙な違いもわかるそうです!

 

また、別撰のかまぼこは、より上質なすり身が使い、

無添加で作っています!

贈り物などに喜ばれる商品です!

 

 

そして、もう一つ職人さんが手作業で作っているのは、細工かまぼこです。

 

細工かまぼこも、富山に来てびっくりしたんですよね。

結婚式の引き出物の定番ですが、

もともとは祝いの席に欠かせない鯛がとれない時期、

かまぼこで鯛を作り、代用したのが始まりだそうです!

 

結婚式が多く行われた時代は、

多い日は一日に1200枚の鯛の細工かまぼこを作っていたと知り、驚きました!

image1

鯛の細工かまぼこは、型を使って作る土台の上に、

へらのような包丁を使って、赤い生地をのせて、

さらに細かく模様を描いていきます。

赤の生地を、一定の厚さで塗るのがかなり難しいそうです。

 

U―mei館では、工場での作業をガラス越しに見学できます!

取材に行った日は、バレンタイン用のハートの細工かまぼこを作っていました。

ちょうど、土台にピンク色の生地をへらで載せていたんですが、

もう本当に手さばきが綺麗!

むらなく、均一に生地をのせていて、つい見入ってしまいました!

 

鯛の他にも、縁起のいい鶴や亀、宝船、富士山、

寿や祝と文字いれしたものもあります!

 

また、季節に合わせてた細工かまぼこもあります!

これからのシーズンは、バレンタインや桃の節句、

卒業式や入学式などをイメージした商品が並びます!

 

私は、雪だるまの細工かまぼこをかったんですが、

大きな細工かまぼこよりも、手ごろな値段で購入できるので、おすすめです!

 

そして、U―mei館では、細工かまぼこ作り体験も行っています。

鯛の土台に、7色の生地を使って、自由に絵付けができます!

カラフルな鯛にしてもいいですし、

好きなキャラクターをかいてもいいですし、

ぜひ、世界で一つだけの細工かまぼこを作ってみてくださいね!

 

土曜日限定で、不定期開催となっています。

体験は、一人1980円、

親子ペアチケットは2970円です。

WEB予約のみ受け付けています。

詳しくは、予約サイトをご覧になってみてくださいね。

 

私も、今度体験しに行こうと思っています!

 

今回、富山のかまぼこについて詳しく知ることができて、とっても楽しかったです。

いろいろ購入させていただいたんですが、昆布巻、赤巻はもちろんのこと、

白エビが入った焼きかまぼこも、美味しかったです!

image4

ぜひ、見学や細工かまぼこ作り体験、ショッピングも楽しんでくださいね!

今日は、富山市にある梅かまミュージアムU―mei館をご紹介しました!

 

************************

梅かまミュージアム U-mei館

営業時間 午前10時から午後4時まで

入場 無料

定休日 水曜日・日曜日・祝日

*不定休の日もありますので、詳しくはHPの営業カレンダーをご確認ください。

 

細工かまぼこ作り体験

日時 土曜日限定で不定期開催

料金 一人1980円

親子ペアチケット2970円(大人1名+小学生以下1名)

予約方法 WEB予約 (予約はコチラから。)

*予約は体験日の7日前まで

次回の開催日 2月10日

 

*梅かまミュージアム U-mei館のHPはコチラ

************************

 

 

mizunashi 12:15 PM

今夜は、鍋。-温かな食卓を囲む7つの物語-

2024年1月26日

寒い冬は鍋が食べたくなりますよね。

 

私も先週末は、チゲ鍋を楽しみました!

白菜をたっぷりいれて、キノコに豚肉、そしてメインのお豆腐。

ぐつぐつ煮込んで食べる鍋は、寒い冬も体が温まります。

 

今回は、鍋にまつわる短編小説をご紹介しましょう!

 

ご紹介するのは、新潮文庫からでている短編小説「今夜は、鍋。-温かな食卓を囲む7つの物語-」です。

image0

全部で7篇で、

角田光代さん、青木裕子さん、清水朔さん、友井羊さん、額賀澪さん、織守きょうやさん、6名の作家さんの作品が収録されています。

 

今回の短編集では、

家族や恋人、友人と鍋を囲むひと時がそれぞれ描かれています。

 

ほっこりなお話が続くのかと思いきや、

どのお話も読みごたえがあって、それぞれ全く異なるお話で面白かったですね!

 

例えば、最初に収録されている角田光代さんの短編小説「合作、冬の餃子鍋」は、

食に対してプライドが高く、食の好みが違う人とは絶対に付き合わないという持論をもつ女性のお話です。

かなり短いお話なので、

これ以上はネタバレになってしまうので話せないんですけれど・・・(笑)

 

少し妥協できるものから、絶対に譲れない!というものまで、人それぞれだと思いますが、

多くの人は、料理や掃除、趣味などで「こだわり」を持っていると思います。

 

このお話の主人公の場合は、食へのこだわりです。

自分の譲れないこだわりとどう付き合っていくのか、

短い小説の中でも、女性の心境などがぎゅっと詰まっていて、面白かったです!

 

また、角田光代さんのお話は2作収録されているんですが、

もう一つも母と娘のお話で、心がホッと温かくなりました。

 

あと、個人的に好きなお話は、清水朔さんの「初鍋ジンクス」です。

 

タイトルだけみると、

小さい子供が初めて鍋を食べる話とか、

結婚して、初めて食べる鍋の話とかかなぁと思っていたんですが、

「鍋」が主人公なんです(笑)

まさか、調理器具の鍋が主人公とは思ってもいませんでした(笑)

 

話は、百貨店にある売り場からスタートします。

主人公の鍋「花三島」は、同じ売り場にいる最古参の鍋「菊花」に、

「初鍋ジンクス」について教えてやるよ!と話しかけられます。

 

初鍋ジンクスというのは、最初に作られる料理で、鍋の寿命がかわるというものです。

先輩鍋の菊花いわく、最初の鍋の食材が少ないほど長持ちしない、具沢山だと長持ちするとのこと。

また、百年たった道具は付喪神になるらしいです。

 

6人用の大きな10号鍋の「花三島」は、

どんな人に購入され、そしてどんな初鍋を迎えるのでしょうか。

 

鍋目線のお話なんですが、

鍋からみた人間関係であったり、時には同じ家で過ごす別の道具と情報交換をしたり。

 

鍋の花三島は、どんな思いで初鍋をまつのか、

どんな夢をいだくのか。

 

ぜひ、実際に読んで確かめてみてくださいね!

 

他にも、昔ルームシェアをしていたメンバーが紡ぐ物語「4人いるから火鍋にしましょう」や、学校が舞台の「両想い鍋パーティー事件」などなど。

 

ほっこりなお話から、学園もの、ホラーまで。

複数の作家さんが参加しているからこそ、

1冊で様々なテイストのお話が楽しめます!

 

短編集ですし、短いお話だと10ページちょっとのものもあるので、

普段本を読まない方にもお勧めしたい1冊です!

 

この本を読むと、きっと親しい人と鍋を囲みたくなりますよ!

 

今日は、新潮文庫から販売されている短編小説「今夜は、鍋。-温かな食卓を囲む7つの物語-」をご紹介しました!

 

 

mizunashi 8:00 PM

富山県水墨美術館

2024年1月22日

寒い日が続いていますが、

お休みの日にゆっくりとアート鑑賞はいかがでしょうか。

全国でも人気の作品展が、富山で開催中なんです!

 

今回は、富山県水墨美術館で開催中の企画展「超絶技巧、未来へ!明治工芸とそのDNA」をご紹介します!

image1

超絶技巧展は、全国各地の美術館で行われていて、

水墨美術館ではおそそ5年ぶり、3回目の開催です!

前回よりパワーアップして、戻ってきました。

 

大人気の企画展で、

平日の午前中も、多くの方が見に来ていました!

 

まず、明治工芸についてご紹介します。

明治時代は、日本の政府が変わり、大きく時代が動いた年でした。

また、ヨーロッパなどとの貿易も盛んにおこなわれるようになり、

外貨が必要になりました。

江戸時代のころから、藩に仕え高い技術を誇っていた職人たちが、

外貨獲得のために、精巧な作品を作り輸出していたそうです。

明治工芸の多くは輸出していたので、日本国内に残っている作品は少ないそうです。

 

今回の企画展では、明治時代に作られた作品と、

伝統を引き継ぎつつも、新しい発想で作りだされた緻密で繊細な作品を作っている現代作家のみなさんの作品が展示されています。

 

どの作品も、緻密で驚かされました!

今回は、特に私がびっくりした作品をいくつかご紹介します!

 

まず、ご紹介するのは、現代作家 前原冬樹さんの「一刻 スルメに茶碗」です。

本当にイカを干して作った本物のスルメにしかみえないんですよ!

木製のクリップで挟まれているんですが、

質感といい、イカの10本ある腕の部分であったり、

本当にどこか海沿いの街で干されていそうなスルメなんですけど、木からできているんです!

それも、クリップについている金属に見える鎖の部分から、

スルメの足、腕の部分まで、一本の木からできているんです!

image2

足の部分の細かい隙間は、細い彫刻刀などを使って、

緻密に作業しているそうです。

 

そして、リアルな質感は、東京芸術大学在学時に先行していた油絵で色を付けています。

 

見れば見るほど、本物にしか見えずに驚かされる作品です。

ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

 

続いてご紹介するのは、現代作家の森田亜耶さんの作品「ヴィーナスの誕生Ⅱ」です。

作品名だけ聞くと、絵画作品もしくは造形作品かな?と感じると思うんですが、

切り絵の作品です。

 

切り絵は、一枚の紙をカッターなどを使って、人物や植物の形に切り抜くアートの手法です。

一度はやったこと、もしくは見たことがあると思います。

 

ただ、森田さんの切り絵は、私が思っている切り絵の何十倍も緻密で美しい作品でした。

 

まず、作品がすごく大きいんです。

縦横一メートルを超えるほどの切り絵です。

 

そして、今回はヴィーナスをテーマにしています!

真ん中に美しい女性が座っていて、

女性にツタのような木がまとわりついているような作品です。

木には、鳥が止まっていたり、ヘビが身を潜めていたり、

女性の足元にはウサギがいたり。

 

遠目くからみると、モノクロの絵画に見えるほど、細部まで切り絵で再現しています。

女性は、網目のような細かい描写になっていて、

いったいどのくらいの時間をかけて、制作したんだろうと思いました。

近くでじっくりと見てほしい作品です!

 

そして、次にご紹介するのは、明治工芸の作家安藤緑山の作品です。

明治末期から昭和の戦前期に活躍した牙彫師です。

牙彫師とは、動物の牙を用いた作品を作る方のことで、

安藤緑山は、主に象牙、ゾウの牙を使って作品を作っていました。

 

その作っていた作品というのが、リアルな野菜や果物動植物です。

今回は、果物の柿やイチジク、松竹梅と題して、松ぼっくりやタケノコ、梅を作った作品などを見ることができます。

枝付きの柿で、一部変色したり傷がついていたり、リアルを追求した作品です。

固い象の牙で、どうやってこんなにリアルな作品を作ったんだろうと、つい考えちゃいます。

 

そして、安藤緑山の作品と対をなすように、現代作家の岩崎努さんの作品が展示されています。

岩崎さんの作品も、リアルな果物や野菜の彫刻なんですが、

牙ではなく、木で作っています。

富山の伝統工芸・井波彫刻を生業とする家に生まれ、井波彫刻師の父のもとで修業をした作家さんです。

現在も富山で、作品作りを行っています。

作品は、すべて一木造りとなっていて、およそ240本にもなる鑿を使い分けているそうです!

特に、さくらんぼをかたどった作品に目をひかれました。

私の地元ではさくらんぼも有名で、よくさくらんぼ狩りもしていたんですが、

『さくらんぼの木に、このサクランボが付いていても、見分けがつかないだろうな』と感じました。

 

他にも、金工や漆、陶磁器、七宝、ガラス、紙、水墨画、刺繍などなど。

どの作品も、緻密で驚かされます。

ぜひ、一つ一つゆっくりとご覧になってみてくださいね。

 

また、今回の地震で、作品は損傷などなく、すべて無事だったそうです。

現在は、耐震対策を強化して作品を展示しています。

ただ、一部の作品は耐震対策の強化が難しく、展示を取りやめておりますので、

ご注意ください。

 

どの作品も、その道のハイレベルな技術が使われていて、

時間をかけてゆっくり楽しみたい作品展になっています!

ぜひ、お気に入りの作品を見つけてみてくださいね!

 

今回は、富山県水墨美術館で開催中の企画展「超絶技巧、未来へ!明治工芸とそのDNA」をご紹介しました!

 

**********************

富山県水墨美術館

開館時間 午前9時30分から、午後6時まで

*入室は午後5時30分まで

休館日 月曜日

 

現在開催の企画展「超絶技巧、未来へ!明治工芸とそのDNA」

期間 2月4日(日)まで

企画展の観覧料 一般900円、大学生450円です。

 

富山県水墨美術館のHPはコチラから。

**********************

mizunashi 12:00 PM

青森の郷土料理『かっけ』

2024年1月19日

今日のSTEP!では、私の地元青森の冬に食べたい名物をご紹介しました!

 

青森というと、やっぱり『りんご』のイメージが強いですよね。

あとは、先週の放送でも話題にあがった『せんべい汁』や、

B級グルメで行くと、『十和田のバラ焼き』だったりも有名ですかね!

 

最近、周りの方から、「お土産でもらったせんべい汁を食べたんだけど、

せんべいがしなっとして、汁が染み込んで、美味しかった!」と感想をいただきました。

 

私は、残念ながらいけなかったんですけど、

高岡なべ祭りでもせんべい汁の提供があったということで、

ラジオを聴いている方の中にも食べたよ~!という方もいらっしゃるかもしれませんね!

 

そして、今日ご紹介するのは、『かっけ』と呼ばれる郷土料理です。

せんべいと同様に、小麦粉を使ったものになります!

 

『かっけ』という名前を聞いても、

知らない人からすると、どんな料理かイメージが付かないですよね(笑)

 

かっけは、小麦粉と塩、そして水を混ぜてつくる料理です。

生地の厚さは、3㎜から5㎜ほどとかなり薄いです!

 

この薄めの生地を、二等辺三角形に切り、

昆布などで出汁をとったお鍋でサッとゆでます!

そして、ゆであがったら、

ニンニク味噌やねぎ味噌をつけていただく料理となっています。

 

私の実家では、出汁をとったお鍋に、

大根やお豆腐、ちくわなどをいれて、

そこにかっけをしゃぶしゃぶするような形でサッとゆでて食べていました。

 

表面はつるっと、噛むともちっとした食感が癖になります!

寒い時期に、にんにく味噌をつけて食べるので、

体も温まります~!

 

小さいころは、ニンニクがあまり得意ではなかったので、

ねぎ味噌も作ってもらていました!

すり鉢で、みじん切りにしたネギを軽くすりつぶし、

みそ、みりんをいれた特製味噌です!

 

この味噌が大好きでした!

今は、ニンニク味噌も好きです!

 

私の家では、小麦粉でつくるかっけ、通称『麦かっけ』が定番だったんですが、

そば粉で作る『そばかっけ』もあります。

そばかっけのほうが少しだけ生地が固めで、

食べ応えがありました。

 

かっけは、青森県の南部地方、また岩手県北部で食べられている郷土料理です。

もともと南部地方、冬はかなり冷え込み、江戸時代は何度も飢饉に見舞われていたそうです。

そのため、麦などの雑穀を工夫して食べる郷土料理が生まれたと言われています。

かっけに限らず、せんべいもそうですし、

『ひっつみ』というすいとんのような料理もあります。

 

また、『かっけ』の起源ですが、

昔、南部藩のお殿様が『そば』を食べたところ、大変気に入って、

『このような美味しいものは、庶民は食べてはいけない』とご法度にしました。

そのため、街の人たちは、蕎麦を作るときに出る切れ端を練り、

三角に切ってゆでて、味噌をつけて食べたと言われています。

これが、『かっけ』の始まりです。

 

また、『かっけ』と呼ばれるようになったのは、2つの説があります。

一つは、方言でかっけというのは、『端っこ』のいみなので、

『かっけ』という名前になったという説。

もう一つは、『これ、食べろ!』という意味の方言、『かぁ、け!』から、名前が付けられたという説です。

 

また、一部の地域では、『かっけ』のことを、『つつけ』と言います!

 

私の家は、市販の『かっけ』を買って食べていましたが、

自分のお家で作っている方もいましたね~!

 

調べてみたら、インターネットでも販売しているお店もありました!

インターネットでは、『青森 かっけ』もしくは、『つつけ』で調べると、

いろいろ出てくると思います!

 

私も、かっけの話をしていたら、

久しぶりに食べたくなってきました~!

気になった方は、ぜひ、青森の郷土料理『かっけ』食べてみてくださいね~!

 

今回は、青森県南部地方の郷土料理『かっけ』をご紹介しました!

 

*かっけについて紹介している青森県のサイトはコチラ

mizunashi 8:00 PM