MUSIC

FMとやまが推薦するホットな楽曲を毎月ご紹介します。
ラジオで流れていたあの曲の情報はココでチェック!
 
RECOMMEND
  Sofi Tukker(ソフィー・タッカー)
  THAT’S IT(I’M CRAZY)(ザッツ・イット、アイム・クレイジー)
  洋楽
  アルバム
  アルバム「TREEHOUSE/ツリーハウス」尚、歌詞の表現上の問題でアルバムにはバージョン違いの「BADSHIT」
  2018.06.06
  http://www.sonymusic.co.jp/artist/sofitukker/
 
世界最高峰のダンス・レーベル<Ultra>に所属する、ソフィー・ホーリー・ウェルドとタッカー・ハルペルンの二人からなるニューヨークを拠点に活動中の新人デュオ、ソフィー・タッカー。米国のブラウン大学在学中にアートギャラリーで出会い、すぐさま一緒に音楽作り始め結成。2016年7月にリリースしたデビューEP『ソフト・アニマルズ』に収録されている「ドリンキー」が、2017年<第59回グラミー賞>で「ベストダンス・レコーディング賞」にノミネートされたことで一躍世界中から注目を集める。2017年10月には26カ国のiTunesダンス・チャートで1位を獲得したシングル「ベスト・フレンド feat. ナーヴォ、ザ・ノックス&アリサ・ウエノ」が<iPhone X>のテレビCMに起用。また、4月にリリースした最新シングル「バットシット」が新たに現在オンエア中の<iPhone 8 (PRODUCT) RED™>TVCMに起用され、早くも<Shazam>チャートでは2度目の1位を獲得している。現在国内外で人気急上昇中のダンス・デュオである。
 
 
RECOMMEND
  DIANE SHAW(ダイアン・ショウ)
  SECOND CHANCE (セカンド・チャンス)
  洋楽
  アルバム
  アルバム 「SECOND CHANCE」(セカンド・チャンス)
  2018.06.06
  http://www.dianeshaw.co.uk/
 
20年にわたり、スタイリスティックスやマーサ・リーヴズ、アレクサンダー・オニールといった大物アーティストのバックを務めてきたUKの女性シンガー、ダイアン・ショウ。1960年代後半~70年代初頭の黄金時代のソウルの香りを濃厚に漂わせたデビュー・アルバム『ラヴ、ライフ&ストリングズ』が日本でも好セールスを記録。 このアルバムは2015年、イギリスでもっとも売れたソウル・アルバムとなった。今回のセカンド・アルバムは"これぞフューチャー・クラシック・ソウル!”
今作も前作に負けず劣らずの傑作である。パワー・プレイ曲「セカンド・チャンス」は心地よいソウル・グルーブ溢れる名曲!!groovin‘ groovin‘
 
 
RECOMMEND
  関取花
  「蛍」
  邦楽
  Album
  『ただの思い出にならないように』 DSKI-1003
  2018.06.13
  https://www.sekitorihana.com/
 
寝ること食べること飲むことが大好きな27歳。幼少期をドイツでのびのびと過ごし、積み木崩しのような思春期の後、音楽活動を始める。2012年「むすめ」が神戸女子大学のTVCMに起用され話題を集め、以降3年間同校のTVCMソングを担当。その後も独自の視点で描かれる歌詞が共感を呼びファンを増やし、最近は”ひがみソングの女王”としてバラエティ番組にも出演。さらに注目度が上がる中、待望のニュー・アルバムをリリース。LUCKY TAPES、おかもとえみ、田中佑司、神谷洵平などが参加。
 
RECOMMEND
  大橋ちっぽけ
  「君と春」
  邦楽
  EP
  『僕と青』 RPDCD-001
  2018.06.06
  https://chippoke.themedia.jp/
 

1998年生まれ。愛媛県松山市出身。UKロック、オルタナなどに影響を受け、ネットの動画サイトに歌唱投稿を開始。高校3年生のときに「未確認フェスティバル2016」に応募、セミファイナリストに。高校生離れしたメロディーセンス、エバーグリーンで、心にすっと溶け込む歌声が大きな話題を呼ぶ。2017年4月より上京。テレビのオーディション番組ではインディーシーンで活躍するライブバンドたちと対戦、5連勝で見事完全優勝を達成。初の全国流通盤となる今作は、瑞々しい感性で描かれた全5曲を収録。

 
radiko.jp 今すぐ聴く お得な特典満載のウェブメンバーズに登録しませんか?ご登録はこちら