現在の表示ページ Home > 音楽トップ > ミュージックパワープレイ(今月の推薦曲)
FMとやまが推薦するホットな楽曲を毎月ご紹介します。
ラジオで流れていたあの曲の情報はココでチェック!
 
  GREGORY PORTER(グレゴリー・ポーター)
  DON’T LOSE YOUR STEAM(ドント・ルーズ・ユア・スティーム)
  邦楽
  アルバム
  アルバム「TAKE ME TO THE ALLEY(希望へのアレイ)」
  2016.05.06
  http://www.universal-music.co.jp/gregory-porter
 
カリフォルニア生まれ、N.Y.ブルックリンを拠点に活動。ナット・キング・コール、ダニー・ハサウェイ、マーヴィン・ゲイ他、数々のシンガーから影響を受けて個性を確立。インディーズ・レーベルよりリリースされた2010年リリースのデビュー・アルバム『ウォーター』は2011 年グラミー賞ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバムにノミネート。続く2012年にリリースのセカンド・アルバム『ビー・グッド』収録曲「リアル・グッド・ハンズ」もグラミー賞ベスト・トラディショナルR&Bパフォーマンスにノミネートされた。ア
2013年にBlue Note移籍第一弾となるメジャー・デビュー・アルバム『リキッド・スピリット』は、リリース直後から世界的大ヒットとなり、ミリオン・セールスを達成。ストリーミングも2000万回を超え、世界で最もストリーミングされたジャズ・アルバムという記録を打ち立てた。ESQUIRE誌とNPR Music誌では「次にブレイクするアメリカの素晴らしいジャズシンガー」と紹介された。そして、2014年にはその『リキッド・スピリット』で初のグラミー賞ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバムを受賞。情熱的なバラード「ヘイ・ローラ」では、ベスト・トラディショナルR&Bパフォーマンス部門にノミネートされた。
その後も世界中をツアーで廻るなど勢力的にライヴ活動も行いつつ、ジャンルを超えた様々なアーティストとの共演も果たす。心に響く歌声と音楽は、時代や世代を超えて愛されており、これまでのソウル・ミュージックとジャズの素晴らしい遺産を次世代へと継承するアーティストとしてますますの活躍が期待されている。
 
 
▲ページトップへ
  KING(キング)
  THE GREATEST(ザ・グレイテスト)
  洋楽
  アルバム
  アルバム「WE ARE KING」(ウィー・アーキング)
  2016.03.02
  http://p-vine.jp/music/pcd-24490
 
アルバムのデビュー前にもかかわらずロバート・グラスパー・エクスペリメントの『ブラック・レディオ』にヴォーカリストとしてフィーチャーされてグラミー賞を受賞。あのプリンスでさえ大のお気に入りで自分のライヴの前座に抜擢する女性ヴォーカル3人組、キング。プリンス、ケンドリック・ラマー、ロバート・グラスパー、エリカ・バドゥ、クエストラヴ、ジャイルス・ピーターソンそしてアヴィーチーまでもが惜しみなく賛辞を送るソウル・グループ、キング。2016年のR&Bシーンの話題作となること間違いなしの大型新人のデビュー作。
 
▲ページトップへ
  ココロオークション
  「フライサイト」
  邦楽
  ミニAlbum
  『CANVAS』 TECB-1001
  2016.04.27
  http://cocoroauction.com/
 
2011年活動をスタート。群雄割拠盛り上がる関西イチゼロ世代バンドシーン代表。アグレッシブなロックナンバーからキャッチーなキラーチューンまで、幅広い音楽性やライブパフォーマンスが全国のライブフリークから支持を集める。一昨年発売の「七色のダイス」は初の全国流通盤ながら「タワレコメン」に選出される。またYouTube上に発表を続けている夏の短編小説的Music Videoシリーズが、口コミで話題を集め続け、累計150万回再生を超えている。この時代に歌と楽曲のチカラで戦いを挑む、正統派王道バンド。
 
 
▲ページトップへ
  HARUHI
  「ひずみ」
  邦楽
  Single
  『ひずみ』 AICL-3106
  2016.05.11
  http://www.haruhi99.jp/
 
1999年ロサンゼルス生まれ。12歳の時、学校のミュージカルの主役に抜擢され、数カ月間の練習と本番を経て歌手への志を持つ。13歳から楽曲制作を開始。ルーツ・ミュージックからオルタナティブ・ロックまで、膨大な幅の音楽を吸収し、即興性を含む柔軟で鋭敏な歌唱表現力や楽曲制作力は、次世代の真の女性アーティストの誕生を予感させる。その後、ライブやレコーディングで、ミュージシャン達とのコラボレーションを通して柔軟さを身につけ、楽曲によって英語と日本語のバランスを取りながら、「HARUHI」としてのスタイルを創りだし、新しいJ−ROCKの誕生をも確信させるに至る。2016年5月11日デビュー。
 
 
▲ページトップへ
 
クイックメニュー
番組音楽ライブ&イベント会員新着情報ブログプレゼントポッドキャストFMとやまカードモバイルCMについてオフィスdeラジオ