こんにちは、ゲスト さま

Music Power Play 今月の推薦曲

FMとやまが推薦するホットな楽曲を毎月ご紹介します。
ラジオで流れていたあの曲の情報はココでチェック!
【曲名】
「Balmy Life」
【アーティスト名】
Kroi(クロイ)
【種別】
邦楽(Album)
【収録】
『LENS』 PCCA-06045
【リリース日】
2021.06.23
ホームページを見る
Kroiは、内田怜央(Vo.)、長谷部悠生(Gt.)、関将典(Ba.)、益田英知(Dr.)、千葉大樹(Key.)による5人組バンド。2018年2月に結成。R&B/ファンク/ソウル/ロック/ヒップホップなど、あらゆる音楽ジャンルからの影響を昇華したミクスチャーな音楽性を提示。バンド名の由来はあらゆる音楽ジャンルの色を取り入れて新しい音楽性を創造したいという考えで、全ての色を混ぜると黒になることからくる「黒い」と、メンバー全員ブラックミュージックを好み、そこから受けた影響や衝撃を日本人である自分たちなりに昇華するという意味を込め、Blackを日本語にした「黒い」からKroiと命名。
 2018年10月に1st Single「Suck a Lemmon」をリリース。翌年夏『SUMMER SONIC 2019』へ出演。今年1月にリリースしたEP「STRUCTURE DECK」では、タワーレコード「未知ノ和モノ」「タワレコメン」、HMV「エイチオシ」に選出。また、各種音楽サブスクリプションサービスでのPUSH展開や、各種メディアのネクストブレイク候補に続々選出されるなど、高い注目を集めている。
また音楽活動だけでなく、ファッションモデルやデザイン、楽曲プロデュースなど、メンバーそれぞれが多様な活動を展開し、カルチャーシーンへの発信を行っている。
 
【曲名】
「豆電球」
【アーティスト名】
千田亜佑翔(ちだ あゆか)
【種別】
邦楽(配信Single)
【収録】
『豆電球』
【リリース日】
2021.06.02
ホームページを見る
北海道札幌市出身。音楽を始めたきっかけは幼少期、合唱での練習を祖母に聞かせて一言「うまいね」と言われた事だった。
小6でドラムを始め、意味がわからなさ過ぎてすぐに挫折。
中2でギターを始めるも、練習が嫌いですぐに挫折。
ベースは弦が少ないのでと始めるが、よくわからず挫折。
何も出来ないので、バンドで歌を始めることになった。
そこから、勉強も練習も嫌いだった為に作曲だけ始めるという、本末転倒な方法で作曲に没頭する。コードが1つもわからないので、押さえ易い自分で考えたコードで曲を作るスタイルを確立する。
作詞に関しては、日々過ごしている時に感じているものを書く、体験型の作詞がメイン。すべて現実味のない作詞が時おり存在する。大事にしているものは、少しだけ温かいこと、誰かに頼ること、真っ直ぐでいること。
2017年より本格的に音楽活動をスタート、先入観なく、それぞれの価値観で観て頂きたいという想いから、素顔や年齢は公にしておらず、その正体は謎に包まれている。
現在流行っている音楽は、完成度は高いが感情面が欠落していることが多く、無機質だと感じた小笠原拓海(山下達郎、竹内まりや他のライブサポート、レコーディングに参加)が、流行りの音楽に寄り添いつつも、本質的なグルーヴや感情を表現している千田亜佑翔の音楽に共感し、自身初のプロデュースを担当した。
【曲名】
Mobile(モバイル)
【アーティスト名】
THE MOUNTAIN GOATS(ザ・マウンテン・ゴーツ)
【種別】
洋楽(アルバム)
【収録】
DARK IN HERE(ダーク・イン・ヒア)
【リリース日】
2021.06.30
ホームページを見る
The Mountain Goatsはシンガーソングライター、John Darnielle(ジョン・ダーニエル)によって1991年にカリフォルニアで結成された3ピースのインディー・フォーク・バンド。

アバマ州マッスル・ショールズの機関でもあるFAMEスタジオでレコーディングされた20枚目のアルバム『ダーク・イン・ヒア』。パワー・プレイ曲「MOBILE」そしてアルバム「ダーク・イン・ヒア」ともの70年代の風とともにFAMEスタジオの匂いもする1枚。

なお、ジョン・ダーニエルは米ローリング・ストーン誌に「2000年代のアメリカが誇る最も優れた作詞家の一人」と評され、2014年には処女小説『Wolf In White Van』を発表。全米図書賞にもノミネートされている。
 
 
【曲名】
Get Sun (feat. Arthur Verocai) (ゲット・サン・フィーチャリング・アルトゥール・ヴェロカイ)
【アーティスト名】
Hiatus Kaiyote (ハイエイタス・カイヨーテ)
【種別】
洋楽(アルバム)
【収録】
Mood Valiant (ムード・ヴァリアント)
【リリース日】
2021.06.25
ホームページを見る
ハイエイタス・カイヨーテは、2011年メルボルンで結成したバンド。

2013年米ソニーミュージック傘下のレーベルからデビューを果たす。R&B、ジャズ、ソウル、エレクトロ、ファンクなど幅広い音楽性を内包したユニークでオーガニック・サウンドを、テイラー・マクファーリン、エリカ・バドゥ、クエストラヴらが絶賛。
ロンドン、パリやLAのラジオ局でも火がつき、シーン大注目のバンドに成長していく。
 
現在のメンバーはナオミ “ネイ・パーム” ザールフェルト(g、vo)、ポール・ベンダー(b)、サイモン・マーヴィン(key)、そしてペリン・モス(ds)。
 
ニューアルバムのタイトルは『Mood Variant』(ムード・ヴァリアント)は2019 年の終わりにリオデジャネイロで、ブラジルの伝説的アーティストでアレンジャーのアルトゥール・ヴェロカイと手を組んで作った1枚。

これまでに2度のグラミー賞ノミネートや世界最大のフェス、グラストンベリー他、数々のフェスティバルへの出演、ここ日本でもフジロックのグリーンステージでの出演、サマーソニック、グリーンルームへの出演を果たすなど世界的に確固たる評価を築き上げてきた。
フライング・ロータス主宰のレーベル「BRAINFEEDER」からのリリース