ブログトップページはコチラ

デネス先生から見る富山・黒部

2014年2月8日

毎週土曜日 朝7:45~お送りしている『KUROBE~THE FUTURE~』。

今週は、黒部の学校でALTをしていらっしゃるローレンス・エドワード・デネス先生にお話を伺いました。

超エリート大学を卒業し、京都に留学経験をもつデネス先生。
生徒たちからは親しみを込めて「D先生」と呼ばれているそうです。
とっても日本語がお上手で、生徒とも日本語で交流することもあるのだとか。

上手なのは日本語だけではありません。富山の魅力探しもお上手!
「配属されたのが偶然ここ黒部だった」というD先生も、
今は富山が大好き。県内の様々なところをめぐり趣味で富山の紹介VTRを作っています。
  D先生のHP http://hellotoyama.com/
あっ!HP開いたら英語しかなかった・・・といって、すぐに閉じないでくださいね!!!
(先生が作っていらっしゃるHP・VTRには、日本語訳・日本語字幕がついています)

「子どもたちには、外国人に話しかけられても逃げない人になってほしい」と語ります。
世界各国から観光客が訪れる黒部峡谷、立山黒部アルペンルートを抱える黒部・富山だからこそ、
外国人の方を目にする機会は増えることが予想されます。
そうなったときに、「いんぐりっしゅ、のー!!!」と言って逃げないように、
ALTとして子どもたちと接している今、積極的に生徒に話しかけているそうですよ♪

ちょっと話はずれましたが、先生のつくった動画ご覧いただけましたか?
(動画サイトからも見ることができます。「Hello, TOYAMA」で検索してみてくださいね。)
他の土地から移り住んだD先生だからこその目線で描かれています。
私たちにとっての「普通」は、初めて訪れた方々にとっては普通ではなく、解説が必要なものも。
そして私たちが慣れてしまっていることも、外から見ると珍しくおもしろいものであることも!
富山が、黒部が魅力あふれる街であることを改めて教えていただいた気がします。

新幹線が通り、たくさんのお客様がいらっしゃることは、大きなチャンスであるように感じます。
黒部がさらに魅力的なまちになっていきますように。

『KUROBE~THE FUTURE~』
来週は「黒部と北方領土」についてのお話を伺ってきます。
2月15日(土)朝7:45~のOAです。
お楽しみに~♪

yoshimoto 8:00 AM