こんにちは、ゲスト さま

Music Power Play 今月の推薦曲

FMとやまが推薦するホットな楽曲を毎月ご紹介します。
ラジオで流れていたあの曲の情報はココでチェック!
【曲名】
RE-IMAGINE(リ・イマジン)
【アーティスト名】
BRENDA NICOLE MOORER(ブレンダ・ニコル・モーラー)
【種別】
洋楽(アルバム)
【収録】
「BRAND NEW HEART」(ブラン・ニュー・ハート)
【リリース日】
2017.08.02
ホームページを見る
シンガー・ソングライターだけでなく、女優、フォトグラファーとしての顔も持つニューヨークの才色兼備、ブレンダ・ニコル・モーラー。プロデュースはグレッチェン・パーラトとのコラボレーションをはじめ、現在のNYジャズ/R&Bシーンのキーパーソンとして多数のアーティストの作品に関与する鍵盤奏者、ジェシ・フィッシャー。
フェンダー・ローズやシンセを多用しつつ、フォーキーなそよ風も吹き抜けるオーガニック&メロウなサウンドと、その中を可憐に舞い飛ぶブレンダの歌声は相性完璧で、両者が織りなす浮遊感がリスナーをとろけるような別世界へと誘ってくれます。
 
【曲名】
NEWYORK(ニューヨーク)
【アーティスト名】
ST. VINCENT(セント・ヴィンセント)
【種別】
洋楽(配信シングル)
【収録】
NEWYORK(ニューヨーク)
【リリース日】
2017.09.01
ホームページを見る
2014年にリリースしたセルフタイトル・アルバムがNMEやガーディアンなどの音楽誌で軒並み年間ベストアルバムに選出。
第57回グラミー賞にて<最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム>を獲得したセイント・ヴィンセントことアニー・クラーク。ニュー・シングル「New York」はピアノとストリングスを大々的に取り入れたセイント・ヴィンセント史上最も抒情的で壮大な楽曲。「あなたの居ないニューヨークはニューヨークじゃない、愛する人よ」、「あなたはこの街で唯一私を扱う事ができるマザーファッカーよ」とニューヨークを舞台とした切ない恋愛模様を歌っている。
 
【曲名】
「My Heartbeat(Belongs To You)feat.山田なづ」
【アーティスト名】
Nabowa(ナボワ)
【種別】
邦楽(Album)
【収録】
『DRAWINGS』 DDCB-12098
【リリース日】
2017.08.23
ホームページを見る
川上優(drumspiano)、山本啓(violin)、堀川達(bass)、景山奏(guitar)からなる4人組インストゥルメンタル・バンド。これまでに4枚のオリジナル・アルバムをリリース。結成10周年を迎えた2014年、過去の楽曲を再構築した「Nabowa Meets Carlos Nino & Friends」には、LA周辺の実力派ミュージシャンが多数参加。また国内だけでなく海外にも精力的に活動の場を広げている。32か月ぶりのオリジナル・アルバムは、10曲のインストゥルメンタルとTOSHI-LOW、山田なづによるヴォーカル曲2曲を収録。
【曲名】
「革命前夜」
【アーティスト名】
Tempalay(テンパレイ)
【種別】
邦楽(Album)
【収録】
『from JAPAN 2』 PCD-83002
【リリース日】
2017.08.30
ホームページを見る

東京を中心に活動する、小原綾斗(Gt&Vo)、竹内祐也(Ba)、藤本夏樹(Dr)による3ピースロックバンド。結成から僅か1年にしてFUJI ROCK FESTIVAL ’15ROOKIE A GO-GO」に出演。西海岸やカナダの海外インディーシーンの影響を感じさせる極彩の脱力系サウンドに中毒者が続出。‘161月に1stアルバム「from JAPAN」をリリース、

同年3月にはSXSW2016を含む全米ツアーを行うなど、国内外に活動の場を広げる。注目が高まる中、より自由に、より洗練された2ndアルバムをリリース。