こんにちは、ゲスト さま

Music Power Play 今月の推薦曲

FMとやまが推薦するホットな楽曲を毎月ご紹介します。
ラジオで流れていたあの曲の情報はココでチェック!
【曲名】
FIRE ESCAPE(ファイヤー・エスケイプ 君がいる世界)
【アーティスト名】
ANDREW MCMAHON(アンドリュー・マクマホン)
【種別】
洋楽(アルバム)
【収録】
アルバム「ファイヤー・エスケイプ」
【リリース日】
2017.06.07
ホームページを見る
マサチューセッツ州コンコード生まれ、カリフォルニア州オレンジ・カウンティ育ちのシンガー・ソングライター。2000年に結成し、2002年にピアノ・ロック、ピアノ・エモというスタイルで鮮烈なメジャー・デビューを果たしたバンドのサムシング・コーポレイト、2004年に自身の新たな可能性を求めて結成したプロジェクトのジャックス・マネキンのフロントマンとして知られている。
2015年からは自身の名前を冠したソロ・プロジェクト、アンドリュー・マクマホン・イン・ザ・ウィルダネスを始動する。最新作に収録されるリードトラック「ファイヤー・エスケイプ ~きみがいる世界」もジャンルを超えたヒットを記録している。2017年は、各国の音楽フェスティバルへの出演に加え、ビリー・ジョエルのスタジアム・コンサートでオープニング・アクトを務めることも決定するなど、キャリア史上最高の輝きをみせている。
 
 
【曲名】
NAIRIAN ODESSY(ナイリアン・オデッセイ)
【アーティスト名】
TIGRAN HAMASIAN(ティグラン・ハマシアン)
【種別】
洋楽(アルバム)
【収録】
アルバム「AN ANCIENT OBSERVER 太古の観察者」
【リリース日】
2017.04.05
ホームページを見る
1987年アルメニア生まれの30歳。11歳の時からフェスやコンクールに出演するようになり、10代で「セロニアス・モンク・ジャズ・コンペテション」で優勝を果たした。ジャズとクラシック・ミュージシャン両方の教育を受けたが、それ以外にもアルメニアのフォークやロック、エレクトロや詩など、実に多種多様な音楽的影響を受けている。そして、そこから生まれたジャズの範疇を超えた独特のサウンドと音世界は、日本のみならずアメリカやヨーロッパ、世界各国のファンを熱狂させている。
英ガーディアン紙も「ティグランは、インプロヴィゼーションを常に新鮮でリリカルなものにする方法を見つけた。他のジャズ・ミュージシャンも見習うべきだ」と絶賛し、デイリー・テレグラフ紙が「輝かしいほど素晴らしく、完成された若きミュージシャンは数多くいるが、ハマシアンがその中で抜きんでているのは、重要なことを今すぐ言わなければならないことがあるからだ」と褒めたたえている。
 
【曲名】
「fallin‘」
【アーティスト名】
Ghost like girlfriend
【種別】
邦楽(ミニAlbum)
【収録】
『WEAKNESS』 BNCD-0002
【リリース日】
2017.05.24
ホームページを見る
1994年生まれ、淡路島出身。岡林健勝によるソロ・プロジェクト。作詞作曲トラックメイクすべてを自身で手掛ける。シティ・ポップ、ソウル、R&Bといったサウンドの系譜を持ちながら、あらゆる時代や国、ジャンルを横断したトラックメイクと、人の温もりを感じさせる歌声。Spotifyで先行配信されたこの曲は、早耳リスナーの間で話題となり、瞬く間に2万再生を超える。現在のところアーティスト写真はイラストを使ったロゴのみで、本人のパーソナリティは不明だが、今後の活動に期待が高まっている。
【曲名】
「World is Mine」
【アーティスト名】
Yogee New Waves
【種別】
邦楽(Album)
【収録】
『WAVES』 ROMAN-013
【リリース日】
2017.05.17
ホームページを見る
東京を中心に活動する音楽集団。20136月に活動開始。翌年春にデビューepCLIMAX NIGHT e.p.』をリリース。同年9月にリリースされた1stアルバム『PARAISO』は各媒体から年間ベストディスクとして取り上げられる等、シティ・ポップ・サウンドの新たなシーンを切り開く存在として注目を集める。また多くの野外フェスにも登場し、その熱量の高いライブも話題に。約2年半ぶりのフルアルバムとなる今作は、4人編成でリスタートして完成させた待望の作品。