こんにちは、ゲスト さま

Music Power Play 今月の推薦曲

FMとやまが推薦するホットな楽曲を毎月ご紹介します。
ラジオで流れていたあの曲の情報はココでチェック!
【曲名】
SATELLITE(サテライト)
【アーティスト名】
LAILA BIAL(ライア・ビアリ) 
【種別】
洋楽(アルバム)
【収録】
アルバム「LAILA BIAL」(ライラ・ビアリ)
【リリース日】
2018.01.10
ホームページを見る
カナダのジャズ・シンガー/ピアニスト、コンテンポラリー・ジャズ/
ジョニ・ミッチェル、ニール・ヤング、k.d.ラング、ブルース・コバーン他を輩出したカナダ生まれ(バンクーバー)のピアノ奏者/シンガー/コンポーザー/アレンジャー。2005年にデビュー作『Introducing The Laila Biali Trio』をリリース。同年のSOCAN最優秀作曲者賞、カナダのナショナル・ジャズ・アワードの最優秀キーボード奏者賞を受賞。2006年に第2作『Laila Live』をリリース。その噂はアメリカに広がり、ジャズ・トランペット奏者のクリス・ボッティのツアー、ダイアナ・クラールのフロントアクト、ポーラ・コールのバックを経て、遂にはスザンヌ・ヴェガやスティングのワールド・ツアー・メンバーに抜擢される。
現在はニューヨークを中心に活動中。
スナーキー・パピーのラーネル・ルイス(ds)とマイク・マーハー(tp)、さらにケンドリック・ラマー作にも参加した若手No.1トランペッターのアンブローズ・アキンムシーレ(tp)、ジョシュア・レッドマンやブライアン・ブレイドとの共演で名高いサム・ヤヘル(org)、ローリング・ストーンズ他のバック・コーラスや映画『バック・コーラスの歌姫』出演のリサ・フィッシャー(vo)、スティング作品に欠かせないブルックリン・ジャズ・シーンのジョー・ローリー(vo)といった豪華なミュージシャン達が全面参加。
コンテンポラリー・ジャズ/インディー・ロック、さらにはR&Bのエッセンスと、歌声からにじむポップ・センスがこれまでにない現代性と洗練さを生んだ、NYブルックリン活動期の集大成にして最高傑作。

 
【曲名】
HAVANA feat. YOUNG THUG(ハバナ feat. ヤング・サグ)
【アーティスト名】
CAMILA CABELLO(カミラ・カベロ)
【種別】
洋楽(アルバム)
【収録】
アルバム「CAMILA/カミラ」
【リリース日】
2017.01.24
ホームページを見る
キューバ(ハバナ)生まれ、メキシコ~マイアミ育ちのアメリカ人シンガー/ソングライター(現在20歳)。2012年にオーディション番組『Xファクター』(アメリカ版)に出演し、ガールズ・グループ<フィフス・ハーモニー>を結成。
2013年にデビューし、『リフレクション』(2015年)『7/27』(2016年)の2作に参加。米『タイムズ』誌による「2016年世界で最も影響力のあるティーン30人」にも選出されるなど、個人としても活躍。
2016年12月に<フィフス・ハーモニー>を脱退後、米Epic Recordsとソロ契約。翌2017年3月には米『ビルボード』誌の表紙を飾り、ブルーノ・マーズ北米ツアーのサポート・アクトに抜擢。
「ハバナ」は、US週間シングル・チャート<ビルボート HOT100>4週連続2位(11/18-12/9)、US iTunes総合シングル・チャート最高1位(11/3)、UK週間シングル・チャート5週連続1位(11/3-12/1)を記録し、YouTubeでのビデオ総再生が3億回、楽曲総再生は5億回を超える世界的大ヒットとなっている。
類まれな才能、独自の個性をもって音楽にかける情熱、ファンへの想い、愛らしさとセクシーさをあわせ持ったルックスとキャラクター、スレンダーな体型から想像を遥かに超えるパワフルなステージに世界中が恋するカミラ。次世代を担う世界的スーパースターへ、2018年1月にソロとして初のフル・アルバム『カミラ』をリリースする。


 
 
【曲名】
「ノイズ」
【アーティスト名】
須澤紀信
【種別】
邦楽(Single)
【収録】
『ノイズ』 YCCW-30069
【リリース日】
2018.01.24
ホームページを見る

長野県松本市出身。少年時代は野球に没頭し、進学した地元の高校でも野球を続けたかったが、理由あって夢半ばで断念。転校した全寮制の学校で、先輩から譲り受けたアコースティックギターで初めて曲を作る。誰もが不安や葛藤を抱えて生きていく中で、うまく歩いていけない人達の気持ちに寄り添い、不器用ながらも真摯に、力強い歌声で歌うシンガーソングライターの2ndシングル。

【曲名】
「Pegasus」
【アーティスト名】
THE LAKE MATTHEWS(ザ レイク マシューズ)
【種別】
邦楽(ミニAlbum)
【収録】
『Gimme Five!!』 HRBR-006
【リリース日】
2017.12.06
ホームページを見る
2017年8月に下北沢にて開催された「杉瀬陽子のゼロ・アワーrose.2」のために結成されたTHE LAKE MATTHEWS。”一夜限りのミステリーバンド”の予定だったが、最初で最後のミニアルバムをリリース。杉瀬陽子、堀込泰行、伊藤隆博、伊賀航、北山ゆう子の5人が昭和の名曲を絶妙なアレンジでカバーしている。そのアルバム中、唯一のオリジナル楽曲「Pegasus」は既に各方面から名曲との呼び声も高く、先行発売された7インチシングルは完売状態だった。