PROGRAM

 
2016/09/21 (水)
  • 9月21日のキノコレ

  • 9月21日のキノコレ

9月21日のキノコレ[grace]



★☆★★☆★ 9月21日の 『キノコレ』  ★☆★★☆★   


「キノコレ」は、毎月・第1&第3水曜の13:45〜『grace』の中でお送りしています。


今週は、紀伊國屋書店富山店  奥野晃英 さん  からオススメの本&イベントをご紹介頂きます。


***
 

 『九十三歳の関ヶ原 弓大将 大島光義』 


本日ご紹介する本は 近衛龍春さんの 『九十三歳の関ヶ原 弓大将 大島光義』 です。

信長、秀吉、家康の時代を駆け抜け、
九十三歳で天下分け目の合戦、関ヶ原の戦いに挑んだ実在の武士
大島光義を題材にした歴史小説です。

この大島光義という武士、
弓大将と銘打たれた表題通り「弓の名人」として一部では有名な方らしいですが、
それ以上に九十三歳って!と叫びたくなります。

当時は「人間50年」と言われた時代ですから、もう神がかった長生きです。

そして、この光義、それだけではなく現役として関ヶ原の戦いに出陣したというのですから
生涯現役とは言いますが、ため息しか出てきません。

ですが、その驚くべきバイタリティの裏には光義の弓への真摯な態度と信念がありました。
より高みを目指すために、あえて全く異なるものを学ぶこと、
また寄る年波に負けぬため肉体を鍛えなおすこと。

私などは彼の半分も生きていないヒヨッコですが、
いつかは必ず通る道「老いる」ということへの
一つの生き方の道しるべになるのではないかと、感じました。

ちなみにこの作品で描かれる大島光義は、世に言う頑固爺さん。
しかし、女性が絡むとちょっと可愛い魅力的なおじいちゃん、として描かれています。

弟子に教え諭すシーンは、技術だけでなくそれを扱う心も教え込みます。

こういう人生の先達に教えて貰いたいと感じました。

光義と同世代の方は勿論、是非、若い方にも読んで欲しい一冊です。


***


<イベント情報>


テキストデザイナー「鈴木マサル×富山もよう」


中央Aカウンター横にてフェアを展開しています。

世界的なブランド、フィンランドのマリメッコで
日本人では3人目となるデザイナーとして活躍している鈴木マサルさん。

彼が富山をイメージしたデザインの作品を取り扱っております。
是非そのカラフルなデザインをお楽しみ下さい。
10月10日(月・祝)まで開催しています。


おはなしかい


恒例となりました「おはなしかい」を
明日、9月22日(木)秋分の日に開催します。

今回のおはなしは絵本『妖怪温泉』を予定しています。

ちょっと変わった妖怪たちとのお風呂を体験してみませんか?
参加費無料で14時と15時からの2回行います。

また、合わせて「飛び出すカードのワークショップ」も開催します。
こちらも参加費は無料です。
ぜひご家族での参加ください。

皆様のご来店をスタッフ一同こころよりお待ちしています。


***


紀伊国屋書店富山店  

住所: 富山市総曲輪、総曲輪フェリオ7F   
電話番号: 076-491-7031  
営業時間: 10:00〜20:00  

HP http://www.kinokuniya.co.jp/store/Toyama-Store/

※今月の店休日 9月はもうありません

◎ 9月21日の放送は、ポッドキャストでもお聞きいただけます。
 
 

grace


radiko.jp 今すぐ聴く お得な特典満載のウェブメンバーズに登録しませんか?ご登録はこちら