PROGRAM

 
2011/12/07 (水)
  • 12月7日のキノコレ

12月7日のキノコレ[grace]

 12月7 日の 『キノコレ』     

「キノコレ」は、毎月・第1&第3水曜の13:45〜『grace』の中でお送りしています。


今週は、紀伊國屋書店富山店  橋本 裕司さん  オススメの本です。


今回は、スポーツの世界で活躍する方が書いた書籍をご紹介します。

まず初めに、残念ながら日本一にはなれませんでしたが、
『オレ流』采配で知られる落合前監督の書籍です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 采配』 落合博満 ダイヤモンド社
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

落合前監督が、監督としての思いの丈を余すところなく語っている作品。

タイトルは「采配」となっているが、別に試合に於ける采配術を語っているだけではなく、
監督としての選手達へのアドバイス、プロフェッショナルとはどういうことなのか、
練習とは?競争とは?成長とは?心構えとは?
・・・という思いを、トータルとして「采配」と言っています。

これを読むと「オレ流」と形容される「落合流」とは、決して自分勝手な言動なのではなく、
自分の経験に基づく、理屈に合ったシンプルな「落合思考」であることがよくわかります。

レベルアップのためにはこう考えるべき、試合に勝つにはこうあるべき・・・
という落合監督の考えが一つ一つ、真っ当な考えで語られ、
それがすべてプロ野球チームの監督として「勝つこと」に通ずる。
という信念というか、驚くほど明快で理路整然とされている考え方が手に取るように理解できます。

プロ野球ファンだけでなくビジネスマンにも通ずるものがあるのでぜひ多くの方に読んでいただきたい一冊です。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 夢をかなえる。』 澤穂希 徳間書店
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

澤穂希の人柄が大変よく分かる一冊です。

15歳から日本代表として活躍され、 トップアスリートであるからには、
競争心や忍耐力はそれなりに強いのだと思いますが、
澤選手は、それ以上にこつこつと地道に努力されるタイプだということが非常によく分かります。

サッカーを続けること、挫折を乗り越える、劣等感との向き合い方等、
サッカー選手の生き方が書かれていますが、

それだけでなく、恋愛、家族、友達付き合い、経済観念等、
女性としての視点で自らの気持ちを綴っています。

アスリートしての言葉と、 一人の女性としての言葉が、
無理なく繋がっていて、 澤穂希という人物のイメージが明確になってきます。

夢は夢として諦めず、目の前の課題に誠実に取り組み続けてきた、 澤選手の生き方を教えられます。

 -----------------------------------------------------------------
紀伊国屋書店富山店からのお知らせ
-----------------------------------------------------------------


◆紀伊国屋書店富山店 
  
 場所は、富山市総曲輪、総曲輪フェリオ7F   
 電話番号  076-491-7031   営業時間 10:00〜20:00  

※店休日 12月は休まず営業しております。


◎12月7日の放送は、ポッドキャストでもお聞きいただけます!



grace


radiko.jp 今すぐ聴く お得な特典満載のウェブメンバーズに登録しませんか?ご登録はこちら