PROGRAM

 
2011/01/24 (月)
  • 1月24日のキノコレ

  • 紀伊國屋書店富山店 朝加さん

1月24日のキノコレ[grace]

 1月24日の 『キノコレ』     

「キノコレ」は、毎月・第1&第3月曜の13:45〜『grace』の中でお送りしています。

今週は、紀伊國屋書店富山店 係長 朝加昌良さんのオススメ本です!


144回直木賞・芥川賞決定


<直木賞受賞作>
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 木内昇(のぼり)『漂砂のうたう』(集英社)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・明治10年頃、維新の激動が残りつつも、人々が新しい生活に歩みだす頃。
 主人公も御家人の次男という身分を失い、流れ着いた遊郭にて職を得る。
 その町の華やかさと侘しさを、そしてそこに住む人たちを生き生きと描きながら、この物語の向かう先は。

・主人公を含め堕ちていった人々が多く登場しますが、
 その苦しみ、またかすかに持つ希望、捨てられない思いなどが行間から立ち上ってくるよう。
 しかし読後感は暗くはなく、どこか温か。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 道尾秀介『月と蟹』(文藝春秋) 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・こどもたちの秘密の儀式、それはヤドカリを捧げること。
 「ヤドカミ様」は自分たちの願いを叶えてくれる……願いがあるということは当然それに先立つ苦しい出来事があるわけで、
 そういった子どもたちが持つ焦燥感や暗い影の部分にも眼を向けるのが著者らしい。

・道尾さんといえばテクニカルな構成と最後に驚愕を与えるミステリ作家、という印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、
 今回は心情描写や場面描写に力点を置き、ミステリは封印気味、
 とはいえストーリーテラーぶりは健在で物語の運びの巧さはさすがです。


<芥川賞受賞作>
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 朝吹真理子『きことわ』
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・貴子と永遠子、二人の物語。
 小さい頃に過ごした別荘がなくなることになり、貴子はそこでの思い出を同じくする永遠子に連絡を取る。
 25年ぶりの再会、過去の思い出と現実の交差。
 
・やはり文章表現に注目が集まっているようで、どんな物語が紡がれていくのか楽しみです。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 西村賢太『苦役列車』
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・友も恋人もなく、一杯のコップ酒を慰めに日々を生きる労働者である主人公。
 この生活、いや生きているだけのような暮らしには限りがあるのか−−。

・こちらは著者のキャラクターと、それを痛烈に反映した私小説であることが注目されています。


共に新潮社より1/25日頃発売予定です。


キノベス発表

2010年度の紀伊國屋書店ベスト、「キノベス」が今年も発表になりました。フェア開催中。

小説だけでなく写真集や評論などもランクインし、他のベストとはまた違う面白さが出たと思います。

詳しくはHPの特設サイト http://booklog.kinokuniya.co.jp/kinobest2010/ にも掲載。

ベスト10はこんな感じです。


10位『桐島、部活やめるってよ』朝井リョウ 集英社

9位『ふがいない僕は空を見た』窪美澄(くぼ みすみ) 新潮社

7位『絶叫委員会』穂村弘 筑摩書房

7位『煙滅』ジョルジュ・ペレック 水声社

6位『ツリーハウス』角田光代 文藝春秋

5位『シェイクスピア&カンパニー 書店の優しき日々』 ジェレミー・マーサー 河出書房新社

4位『流跡』朝吹真理子 新潮社

3位『シューマンの指』奥泉光 講談社

2位『切りとれ、あの祈る手を』佐々木中 河出書房新社


1位『いちばんここに似合う人』ミランダ・ジュライ 新潮社

・著者は女優、映画監督としても活躍しています。そのためかとても視覚表現に優れた作品と思いました。

・16の短編集を収めた物語集。奔放なようにみえて何かに縛られている、そんな人物が多いように思えました。
 どこかちょっとボタンを掛け違えたかのような。瑞々しい感性を感じる中で、冷やりとした哀しみもまた感じられます。


<キノベスのコメントは2点採用、以下の通り>

「さみしい」という孤独な四文字のことばに、
  嘘ややましさ、なにかごちゃごちゃとしたどぎつくカラフルなもの、
  たくさんの不純物を混ぜてこねると、この小説が生まれる気がします。
  もちろんその「さみしい」はとてもヘンな形をしているのですが、
  だからこそ愛おしく、大切だと思えるのです。


洗面器で水泳を教える女性、玄関から27歩以上歩けない女性、
  この本に登場する人々は少し滑稽だけど、愛すべき人々。
  彼らは人を愛して孤独になる。でも、さめざめと嘆いたりはしない。
  それぞれの、新たなひとりぼっちの場所を見つけてゆく。
  それは、間違いなく希望の場所なのだ。


-----------------------------------------------------------------
紀伊国屋書店富山店からのお知らせ
-----------------------------------------------------------------

◆紀伊国屋書店富山店   場所は、富山市総曲輪、総曲輪フェリオ7F   
  電話番号  076-491-7031   営業時間 10:00〜20:00  

・定休日 : 1月は26日(水)、2月は2日(水)が定休日

◎1月24日の放送は、ポッドキャストでもお聞きいただけます!


grace


radiko.jp 今すぐ聴く お得な特典満載のウェブメンバーズに登録しませんか?ご登録はこちら