ブログトップページはコチラ

富士山に行ってきました!

2019年7月16日

コスモ アースコンシャス アクト クリーンキャンペーン in Mt.FUJIに参加してきました!
「より自分らしくあるために、楽しみながら、地球にも自分にもやさしい暮らしを選んでいこう」を目指して続けられているこの活動。
19年目の今年は、全国からリスナー・パーソナリティー165名が参加。 とっても濃い2日間でした。
富山からは、19歳の若い力! よく食べ、よく寝て、よく働く、男子大学生2人が参加してくれました!
この笑顔に、みんなが虜!みんなのアイドルでした~☆
(石積んで遊んでる2人を激写。かわいいわ~笑)
以下長くなりますが、私なりのご報告を。
*1日目 勉強会&富士山清掃活動*
まずは、世界遺産 富士山がもつ2つの側面(不法投棄の現実&富士山の魅力)をお勉強。
日本が世界に誇るMt.FUJIに、こんな現実があっただなんて…
衝撃を受けました。
それをしっかり理解した上で、いざ不法投棄との戦い!!!
…と思い案内された場所は「あれ?けっこうきれい?」というのが第1印象。
しかし点在しているゴミ、埋もれているゴミを集めていると出てくるわ出てくるわ。
最終的には、15,435リットルのゴミが集まりました。
サビサビすぎて真っ黒になった空き缶、劣化してポロポロに崩れてくるビニール、そして土の中に埋まっていたガラスの山…。こんなザクザク出てくるなら小判がよかったよ。(そんなわけはない)
驚いたのは
「誰だよこんなところにゴミ捨てるやつ!」
なんて声がまったく聞こえてこなかったこと。
拾い集めるときも、ゴミ袋がいっぱいになったときも、新たなゴミの固まりが発掘されたときも、みんなとっても和やかで明るいんです。
夜に行われたトークセッションで、野口健さんがおっしゃってました。
「少人数でやってたら”気”が重くなる。大人数でやるからこうして明るい”気”が保てる」と。
どんどん出てくるゴミに誰も嘆かなかったのは、頑張ればきれいになること、そしてその喜びを知っているからなのかもしれません。
*2日目 エコトレッキング*
5合目〜4合目付近をトレッキング。
私たちの班は、富士山クラブ”トロさん”のガイドで進んでいきました。優しくて、ちょっとおちゃめなトロさん。五感をフル回転させてくれる素敵な案内でした。トロさん大好き!ありがとうございました!
なかなか見られない植物もたくさん!
大きなスコリアに生える苔。そこに出てくる小さな命と、その上にさらに背を伸ばしていく木…。生命の縮図を見ているようでした。
富士山に生えるいろんな植物を包み込むカラマツ。母のようなぬくもりを感じます。
ここは、富士山を遠くから見たときに緑と茶色の境い目にあたる場所。
黒や赤茶色のスコリアの中に、小さな緑もみられます。
手前のこれが、将来的に左奥にあるような大きな木に育つんだそうです。
富士山が今の形になったと言われているのは、約1万年前。
それでも世界に数多ある山の中ではまだまだ若造で、人間でいうと中高生ぐらいなんだとか。
《世界遺産の富士山》って、憧れの存在に近いものを感じていたんですが、
決して完成型ではなく、今も進化の真っ最中でした。
その時代を共に生きていること、そしてその富士山にごくごくわずかながら貢献できたこと、すごく貴重な経験でした。
時折小雨が降る中でのトレッキング。青空が見えたときは歓声が上がりました。
「深呼吸してみて」とトロさん。
登山道の入口では、ちょっと甘い匂いがしました。
森林限界周辺では、みずみずしい空気を感じました。
これまで数えきれないくらい富士山をガイドしてきたトロさんいわく、
その日の天気や気温、季節によって、同じ場所でも全然違う表情を見せてくれるんだそうです。

今回のイベント参加で残念だったことが1つだけあって。
それは、富士山にいながら、富士山の頂上が見られなかったこと。
以前、遠く新幹線から拝んだときは「ここまでおいでっ!」と言わんばかりにきれいなお顔を見せてくれたのに、
いざ来てみたら見せてくれないだなんて!
「また来てね」ってことね。ツンデレやなぁ~♪
いつか、また。
ありがとう富士山!
yoshimoto 3:19 PM