ブログトップページはコチラ

トットちゃんの世界。

2018年10月29日

高志の国文学館でのイベント「朗読と音楽の夕べ」に参加してきました。
毎年秋に行われているイベントで、
県内の放送局のアナウンサーと、プロの演奏家によるステージです。
私がこれに参加するのは2回目。
お越しいただいたみなさん、ありがとうございました。
ご一緒したヴァイオリニスト堀江加奈恵さん、ピアニスト竹内佳代さんです。
(合わせた”青の服”と、偶然そろったハーフアップヘア。笑)
ほしいところに、イメージとぴったりの曲を用意して、演奏くださったお2人。
一緒に作り上げていく過程が楽しくて、終わってしまったのがすごく寂しい(;_;)
今回朗読した本は、黒柳徹子さんの『窓ぎわのトットちゃん』です。
無邪気なトットちゃんがかわいくて。
本の中に出てくる「校長先生」小林宗作氏のお人柄が大好きで。
大きな気付きを与えてくれたこの本の世界を、みなさんと共有したくて、
この本に決めました。
小林先生が、学校をつくる上で、日々子どもたちと接する中で考えていたこと
「子どもたちが生まれながらに持ってる”いい性質”を、どう大人が邪魔せず伸ばしていけるか-」
『子供を先生の計画に、はめるな。自然の中に放り出しておけ。先生の計画より子供の夢のほうが、ずっと大きい。』
子育て真っ只中の私に、大きく響きました。
つい飛び出す「何やってるの!」「そんなことしない!」。
勝手に作った私の枠にこどもを閉じ込めて、無意識に成長の幅を狭めていたのかもしれません。
きっとそれは対・こどもだけではなく。
人と違う → 変 → だからイヤ になっていないだろうか。
自分の特徴も、他人の特徴も、「個性」と捉えられるようになったら
どんなにのびのび、おおらかになれるでしょうか。
目指す大人像が、またひとつ増えました。
yoshimoto 3:34 PM

大北海道展!

2018年10月24日

今日のgraceで、富山大和で開催中の「大北海道展」についてレポートしました♪
おいしそうなものがいーっぱい。
あちこちから漂うおいしそうな匂い…
あちこちから響く「ご試食どうぞー」の声…
なんて幸せな空間なんでしょう!
北海道といえばおいしいものの宝庫。
富山大和では、春と秋の年に2回、この大北海道展を開催しています。
今日から始まった秋の大北海道展は
第1弾が今月30日(火)まで。
第2弾が11月1日(木)~7日(水)までです。
<札幌>肴や一蓮 蔵 道産えび三種食べ比べ弁当
頭つきの、道産の赤しま海老、甘えび、
そして通常の1.5倍はあるという大きな紋別産ボタン海老がセンターに鎮座。
うにやいくらも入る豪華なお弁当です♪
<函館>ミートハウス 道産牛カツサンド
このお店なんと富山初登場!
サンドイッチなんだけど、なんと容器の4分の3を牛カツが占めてます。笑
とっても柔らかいレアの牛カツ…
肉を欲しているそこのアナタ!今すぐ富山大和行くべきです。きっぱり。
<札幌>スイーツセルクル シューセルクルの白いカスタード
北海道の厳選素材で手作りされたリッチなシュークリーム。
取材中、
1巡目で行ったときには「売り切れ。今クリームつくってます!もう間もなく!」
レポート中再度伺うと「今つくってます!」と、うにゅうにゅしてる最中。
レポート終わってお客さんとして行くと「売り切れちゃいました~」。
作っては売れ、作っては売れ、の大人気商品です!
ひっくり返しても落ちないほどのしっかりした食べごたえあるクリームが絶品です。
すんごく大きく肉厚なホッケに、大量に入った大ぶりなホタテ、
もちろんいくらや昆布、いかめし、
六花亭にルタオにロイズなどもありますよ~。
目移り間違いなし!
さぁおなかをすかせて、富山大和へGoooooooooooo!
さんざん回ったあげく、個人的には
チョコモンブラン、サッポロクラシック、そしてたこわさびを購入。
たこわさびのたこの大きいことよ!こんなたこわさ、ある!?
おうちに帰ってチビチビいただきたいと思います♪むふふっ
yoshimoto 4:42 PM