ブログトップページはコチラ

毛糸の温かみ。

2018年6月5日

RADIO JAMの中で、毎月第1火曜 午後6時10分頃~お送りしている「目指せ!プリティウーマン」。カーロッツとやま大町と、ティアラステージとやまのカルチャー教室の体験レポートをお送りしています。
6月5日の放送でご紹介したのは、ティアラステージとやまで行われた
yocomillの「ノッティングの小さな敷物」作り。
「ノッティング」ってご存知ですか?
束にした毛糸を、下糸に結び付けて編んでいくもので、
世界中でじゅうたんをつくるときに使われている編み方です。
この講座で使うのは、イギリス産の頑丈な毛糸。
染織工房に勤めた経験もある浅井先生。
ワークショップで使う毛糸も先生が染めたものです。ぜいたく~!
一からやるとかなりの時間を要してしまうため、
初心者向けの今回のワークショップでは、先生が半分まで作ってきてくださっていました。
木枠に張られた縦糸に、毛糸の束を結びデザインをつくっていきます。
結んでは切り、結んでは切り、の繰り返し。
が、この結び方に慣れるまでが大変で^^;
慣れてしまえば身体が覚えてくれるんですが、
その境地に至るまでは頭を使いました(笑)
1列結んだら、横紐を通して、次の列に取り掛かります。
単純作業だからこそ、無心になれるノッティング織り。
無心になりすぎると、毛糸の色を変えることも忘れて織り続け、
あれ…こんな柄つくるはずじゃなかったのに、、ということになります。笑
無事、十字になった!!
最後に、下糸を切って結んでできあがり☆
椅子敷きとして利用するほか、壁掛けにしたり、アクセサリー置き場にしてもかわいい(*^_^*)
今回は、先生の作品に惚れて、石川県から習いに来た!という方も。
毛糸のぬくもりとほんわかした雰囲気が素敵です。
yocomillさんのワークショップは、今後不定期開催となります。
ぜひ参加したい!という方は、ティアラステージとやまへお問い合わせください。
そのほかのカルチャー教室については、下記サイトでチェックしてくださいね!
カーロッツとやま大町 → http://www.carlots-o.com/
ティアラステージとやま → http://www.tiara-s.com/
yoshimoto 6:25 PM