ブログトップページはコチラ

YKK吉田会長が語る・2

2014年3月29日

毎週土曜日 朝7:45~お送りしている『KUROBE~THE FUTURE~』。
先週今週はYKKの吉田忠裕会長にお話を伺いました。
企業経営にとどまらず、産業経済界でも重責を担っている吉田会長。
今回は、新幹線戦略とやま県民会議 新川地域会議 会長という立場からもお話いただきました。
新幹線戦略とやま県民会議 新川地域会議では、5つの柱を立てました。
1、体験型観光
2、観光ルートと二次交通
3、6次産業化
4、エコタウン
5、プロモーション
産業振興と観光振興の発展を目指します。
・開発する人々が安心して落ち着いて生活できる町
・住む人が喜びを感じられる町
とは、どんな町なのか。
新幹線が通れば、東京まで約2時間、軽井沢までも1時間ちょっと。
買い物はぐっと便利になります。
黒部が黒部らしく、富山が富山らしく発展し、
首都圏などの方に興味を持ってもらうためには、ここならではの魅力を発信していく必要があります。
これまで目をつけていなかったもの(ex.黒部川でのキャニオニング・ラフティング)も検討材料に。
1次産業&2次産業&3次産業のコラボレーションで、これまで以上のものが生まれるかもしれない。
「失うものは何もない」と語る吉田会長。
黒部が本来持っているものをブラッシュアップ!
その先には、どんな黒部が待っているのでしょうか。
『KUROBE~THE FUTURE~』
来年度からも、様々な角度から黒部の魅力をリサーチし、その未来を考えていきます。
新年度からパーソナリティが変わります。
4月からは、フリーアナウンサーの岩木幸子さんが担当。
放送時間は変わらず、毎週土曜日の朝7:45~です。
私は番組から離れますが、黒部への想いは変わりません。
さらに魅力的なまちになる日を楽しみにしています!!
yoshimoto 8:00 AM

YKK吉田会長が語る・1

2014年3月22日

毎週土曜日 朝7:45~お送りしている『KUROBE~THE FUTURE~』。
今週来週はYKKの吉田忠裕会長にお話伺います。
今週はYKKが進める、本社機能一部移転『パッシブタウン黒部モデル』について。
北陸新幹線開通を目前に控え、YKKはすでに部長級の多くを黒部に配属。
今後、営業本部も黒部に移してはどうか、との声もあるそう。
YKKの社員だけでなく、YKKと取り引きのある企業の関係者も黒部を訪れることになると
さらに多くの来県が期待できますね!
社員の家族も一緒に富山に住むとなると「町の魅力がないと」と吉田会長。
黒部らしさを残したさらなる発展がみられるといいですね。
YKKが、ここ黒部でもう1つ進めているプロジェクトが『パッシブタウン黒部モデル』。
新聞等でご覧になった方も多いことでしょう。
黒部に、環境にやさしい最先端のまちがうまれようとしています。
エアコンのスイッチをできるだけ入れなくて良いようにするにはどうしたら良いか
北海道に次いで豊富だといわれる「地熱」を活用する手はないか
開閉が楽しくなる窓ができないか・・・等
できるだけ エネルギーを使わないで or 自然エネルギーを使って 住める家づくりを進めています。
「エネルギーの挑戦」、その結果とは?完成が楽しみです!!!
本来黒部が持っている魅力を残していくことはもちろん大事。
ただ、この田舎町から全国に発信できる魅力が増えていくことも誇らしいことではありませんか!
黒部の未来に幸あれ!!!
『KUROBE~THE FUTURE~』は、来週も吉田会長にお話を伺います。
3月29日(土)朝7:45~のOAです。
ぜひお聴きください。
yoshimoto 8:00 AM

黒部の昆布やさん

2014年3月15日

毎週土曜日 朝7:45~お送りしている『KUROBE~THE FUTURE~』。
先週に引き続き、今週も「生地散歩」♪生地の観光スポットをご紹介しています。
2週目の今回は『四十物昆布』の江田明見さんにお話を伺いました。
「四十物」と書いて、「あいもの」と読みます。
現在の会長・四十物直二さんが、1949年に創業。
かつて、多くの人々が北海道へ移住・出稼ぎに出ていた生地。
会長のお父様も、北海道に渡った1人で、利尻を拠点に、昆布・棒だらなどを商売にしていました。
その次男である直二さんが、生地に帰り創業したのが、今の四十物昆布。
だし昆布のほか、おつまみ昆布、とろろ昆布、煮昆布、昆布茶など様々な商品を取りそろえ、
今お店に並んでいるのは、なんと150アイテム!より取り見取りです!!
お味噌汁のだし昆布、どれにしようかな~と店内をぶらぶらしていると・・・
羅臼、利尻、日高、樺太・・・どう違うの!??
昆布は、だしをとったり、煮たり、鮮魚を挟んで昆布〆にしたりと様々な味わい方がありますが、
利尻はだし向け、
羅臼は「昆布の王様」といわれ、だしはもちろんそのまま食べてもおいしい柔らかい昆布
とのこと。
もちろんお好みもありますし、お味噌との相性もあるでしょう。
いろいろ試してみたら?とのご提案で、ミニサイズのものを4種類購入♪
今の昆布を使い終わったら、それぞれ試してみるつもりです。
直売所の大きな窓からは、とろろ昆布をかく工程も見られます。
事前に予約していただければ、
倉庫・工場の見学や、とろろ昆布おにぎり、昆布のお煮しめ等の試食も可能だとのこと。
ご家族で、町内のみなさんと、ぜひお立ち寄りください。
去年12月、「和食」が無形文化遺産に登録され、「うまみ」に再び注目が集まっています。
あなたのご家庭のだしもいま一度見直してみませんか?
実は私、中学2年生のときの『14歳の挑戦』では、ここ四十物昆布を選び、実習させていただきました。
今回インタビューさせてもらった江田さんもそうでしたが、
ここで働くみなさん、とても明るくフレンドリー♪
衛生管理、商品を手にするお客様の気持ちを考えた丁寧な包装なども学ばせてもらい、
とっても楽しく、充実した5日間でした。
久しぶりにお店に立ち寄って、10数年前のことを思い出し懐かしくなりました。
また寄らせてもらいますね☆
『KUROBE~THE FUTURE~』
来週・再来週は、YKKの吉田忠裕会長にお話を伺います。
次回は、3月22日(土)朝7:45~のOAです。ぜひお聴きください。
yoshimoto 8:00 AM

日本初の旋回橋☆

2014年3月8日

毎週土曜日 朝7:45~お送りしている『KUROBE~THE FUTURE~』。
今週・来週は、「生地散歩」をテーマにお送りしていきます。
今日は、日本初の旋回橋『生地中橋』について、浅野もりやすさんにお話を伺いました。
生地を訪れたことのある方ならご存知かと思いますが、
生地の魚市場は「海沿い」にはありません。
『生地まち歩きマップ』より
魚市場周辺には船の停留所も設けられており、そこに入るためには生地中橋の下を通過する必要があります。
小型の船は橋の下をスルリと通っていくのですが、大きな船は頭をぶつけてしまう・・・
そこで登場したのが旋回橋。動く橋です。
かつては、昇降式、観音開き式の橋だったこともあるとか。
今かかっている橋は西側を支点に、90度まで動く旋回橋。
レオナルド・ダヴィンチが原型を考案したといわれる、日本で初めての旋回橋です。
踏切のように遮断機があり、橋が動くときには人や車は進入できないようになります。
今回お話を伺った浅野さんは、その橋・遮断機等を動かすお仕事をしていらっしゃる方。
生地の人、生地を訪れた人の安全を守るため、橋を動かすときは油断できません。
ちょっと変わったこの漁師町の形を維持していくために欠かせないお仕事です。
この動く橋を見るために訪れる方も多くいらっしゃるとか。
「動いているところが見たいので、ちょっと動かして」
そんなご要望にはお応えできませんので悪しからず。
ねらい目は、船が多く出入りする朝6~7時頃。
それ以外の時間でも、船が来るたびに動きますので、
ぜひ見たい!という方、お時間に余裕を持ってお越しくださいね。
『KUROBE~THE FUTURE~』
来週は「生地散歩」2週目。「四十物昆布」を取り上げます。
「四十物」これはなんと読むんでしょうか。来週の放送もぜひお聴きください。
次回は3月15日(土)朝7:45~のOAです。
yoshimoto 8:00 AM

せいだ・庭安祭にて気ままプリンパン復活☆

2014年3月5日

せいだ・庭安祭いってきましたーっ☆
精田建鉄と庭安が毎年開催しているこのイベント。
午前中からたくさんの人で賑わっていましたよ!
LED製品、太陽光発電、ガーデンルーム・ガーデン小物など、様々な商品を展示・販売。
中でも盛り上がったのは、やはり本マグロの解体ショー
この日、70kgもある本マグロが、あっという間に解体されていきました・・・!
大トロ、中トロ、赤身、カマ、頭、血合い・・・
中トロ寿司になったものと合わせて、余すところなく、それも特価で、来場者へ販売されました。
こちらも大盛況でした!
『気ままプリンパン』プレゼント☆
気ままプランの放送回数1000回を記念して、リブランさんに作っていただいた「気ままプリンパン」。
今回のイベントのために、再び作っていただきました!!
それも今回は、購入ではなく、プレゼント☆
配布開始1時間前から並んでくださる方もいらして、
50枚の整理券は、配布開始時間を待たずしてなくなってしまいました。
お並びいただいたみなさん、ありがとうございました。
そして、惜しくも手にできなかったみなさん、ごめんなさい>_<
「みなさん、早くからありがとうございます~・・・ってあれ?」
なんだか見覚えのある後姿が。。
そう、気ままプランナー・廣川奈美子も会場に!
なんで列に並んでるんですか。笑
並んでてもあげませんよ?これは、会場にお越しいただいたみなさんのためのプリンパン♪
さささっ!こっち来て、一緒にお渡ししましょ!!
(
(写真は、元・気ままプランナー&せいだ庭安祭総合司会の田島先輩のブログより拝借しましたっ♪)
こんな調子で(?)、気ままプランはまもなく20周年を迎えます!
今後ともよろしくお願いします♪
yoshimoto 5:13 PM